ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

花菖蒲を観賞しに水郷地方へ 後編(^.^) 2017.6.20 

え~前回の記事中におきまして、私は(・。・;

「あやめ=アヤメ科」
「ハナショウブ=サトイモ科」

と記述してしまっておりましたが(@_@。

その後再調査してみましたところ、正しくは(・・?

「ハナショウブ=アヤメ科」
「ショウブ=サトイモ科」

でありまして!(゚Ω゚;)ハッ!!

「ハナショウブ」は実際には、「アヤメ」や「カキツバタ」と同じく!( ̄△ ̄;)エッ・・?

「アヤメ科の一種」

だったわけですよ!!(*・0・*)ワォ

そのような事実を踏まえて、考察してみますと!!( ̄  ̄;)!!

「ハナショウブを主体とした植物園」
を指して、
「あやめ園」
と呼ぶこと自体は、あながち間違ってはいない・・・

ということにも、なるのでしょうが!!(☆Д☆)キラリーン

――とは言うものの、「アヤメ」と「ハナショウブ」には、数多くの点において・・・
れっきとした違いが、存在するわけでありますから(^_^;)
「ハナショウブを主体とした植物園」は“アヤメ園”と呼ぶ代わりに、
「ハナショウブ園」
とした方が、よりスッキリして分かりやすいのではないか(;´▽`)y-~~
と個人的には、思っている次第でありますが(;^ω^A――

というわけで前回記事の記述につきましては、この場を借りて心より・・・
「訂正&お詫び」
をさせていただきたく存じます<(_ _)>

さて“禊ぎ”も済んだところで・・・
「本題」に戻りたいと思いますが(*^-^*)ゞ

茨城県潮来市のアヤメ園を観賞し終わった後・・・
多少物足りなさ&不満を、抱いていた私は(@_@)

潮来からは、
「上利根川」
を隔てて、約4キロほど離れた場所にある( ̄◇ ̄;)エッ

「千葉県香取市」
の植物園まで向かうことを、決断した次第でありました!w(゚0゚*)w オォー

その「植物園」とは(*・∧・*)?
「水郷佐原あやめ園」
なるものでありまして!!(ノ`・Д・)ノ

そちらの植物園では、全国屈指の規模で・・・
「花菖蒲」
が栽培されているそうでして!(ノ゜ο゜)ノオォ

同時にそちらでは、6月3日(土)~25日(日)までの期間中は(*_*)
「水郷佐原あやめ祭り」
なるイベントも、開催されていたんですね!ヾ(・Д・´ )ノワオ!↓
1あやめ祭り0614
水郷佐原あやめ祭りのポスター

それで私は、“千葉県と茨城県の架け橋”となっている・・・
「潮来大橋」
を横断しつつ!(^_-)↓
2潮来大橋0614
上利根川に架かる「潮来大橋」 左は千葉県香取市 右は茨城県潮来市

その後約一時間ほどかけて、
「水郷佐原アヤメ園」
を目指して、歩いて向かった次第でありました!!!ε = ((((o^ー^)o

そして千葉県側に入ってみましても(゜o゜)
ここは“水郷地方”の名に相応しく!!\(◎o◎)/!

“小川”や“水路”が、辺り一面に渡って・・・
縦横無尽に、張り巡らされておりまして!!!Σ(*゚◇゚*)ウッソー↓
3水郷の風景0614
水郷(千葉県側)の光景

おおおぉぉおおこの光景↑こそ、まさに!( ・∀・)ノ
今風のコンクリート&アスファルトなどとは、全く無縁の!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

得も言われぬほど、美しい('∀`)
「日本の原風景」
ではないでしょうか!!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

さてこの日(6月14日水)私は・・・
頑張って歩き続けた甲斐がありまして! (`・ω・´)ゝ

午後1時前には、無事に・・・
「水郷佐原あやめパーク」に、到着しましたが!!ε= (*^o^*)ホッ↓
4水郷佐原あやめパーク0614
水郷佐原あやめパーク

ちなみにこちら↑のあやめ園は・・・
千葉県香取市が運営している、市営の植物園でして!(」゚ロ゚)」オォ

昨年までは・・・
「水郷佐原水生植物園」
なる名称だったのですが(?_?)

今年4月29日に、突然! !(; ̄  ̄)ナヌッ?

「水郷佐原水生植物園」→「水郷佐原あやめパーク」 と!!(゚∇゚ ;)エッ!?

現東京都知事が大喜びしそうな!(; ̄д ̄)エェェー!?
今風な横文字のネーミングに、変更されてしまったんですね!!!(≧◇≦)エーーー!

加えてこちらのあやめ園では・・・
今回の“ネーミング変更”を機に!!ヽ(゚_゚;)ノ

入園料も(゜-゜)
大人1人700円→800円(あやめ祭り開催期間中)
と、大幅に値上げされてしまっていたのですが!!(★・´Д`・)σソンナー

幸い私は、事前にインターネットのHPから・・・
「割引クーポン券」
を、ダウンロード&印刷して、持参しておりましたので!!( ̄∇+ ̄)vキラーン

「100円引きの団体料金」にて、入園出来たことにつきましては・・・
有難い限りでありました!!!( ̄ー+ ̄)キラリ↓
5入園整理券0614
私が今回窓口で手渡された、入園整理券
割引クーポン券利用 700円(団体料金)

そして園内に入って、辺りを見回してみましたところ( ´ー`)
ここは高い入園料を、取っているだけあって!!∑(`∀゚´*)オォ!!

どの花菖蒲を見ても、適度に間隔を置いて・・・
種類ごとに的確に分類されつつ、栽培がされていて( ´∀`)

見事なまでに、綺麗に咲き誇っておりましたし!(* '∀'人) オォ

水郷特有の、水路を絡めたあやめ園の風景は!!(ノ)'∀`(ヾ) オォ
ただただ、素晴らしいとしか言いようがありませんでした!!!(* ̄。 ̄*)ウットリ↓
6園内0614
水郷佐原あやめパーク 園内 水路&青空を絡めて

加えてこちらの園内では、私が滞在していた間中、至るところで(*´∀`*)
大勢の作業員たちが、一生懸命・・・
“草むしり”
に励んでおられたのですが!ヽ(*´∀`)ノ オォ↓
7草むしり0614
草むしりをしていた作業員

こうしたたゆまぬ、地道な努力↑が実を結んで!o(* ̄  ̄)ゝ
こちらの花菖蒲たちは、最高に美しい!(#^.^#)
大輪の花を、咲かせていたのでしょうねぇ!!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

私はあたかも、“江戸時代の将軍様”が!(≧∇≦)キャー
大奥の女性達を、一人ひとり愛でるが如く!!(≧≦*)キャー

「花菖蒲」を種類ごとに、慈しみつつ(^^♪
順番に、観ていくことにしました!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪↓
8肥後系扶桑司0614
肥後系 扶桑司

9佐原絆0614
佐原(江戸系) 絆

10肥後系一朝0614
肥後系 一朝

11江戸系山紅葉0614
江戸系 山紅葉

12長井古種出羽娘0614
長井古種 出羽娘

13江戸系潮来0614
江戸系 潮来

14伊勢系藤袴0614
伊勢系 藤袴

15伊勢系水巴0614
伊勢系 水巴

16肥後系涼夕0614
肥後系 涼夕

17春の紅0614
春の紅

18江戸系青葉川0614
江戸系 青葉川

19江戸系湖水の色0614
江戸系 湖水の色

20長井古種紬娘0614
長井古種 紬娘

いやぁどの花を見ていても、まさしく!! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!
「いずれアヤメかカキツバタ(美女ばかり大勢いて見極めがつかない状態を表したことわざ)」
の如しでしたねぇ!!!! (* ̄ Д  ̄*)ポッ

ところでこちらのあやめ園でも、「水郷潮来あやめ園」と同じく!( ̄ロ ̄lll)エッ!!
あやめ祭り期間中には、
「嫁入り舟」
が運行される日
(6/11土、6/17土、6/25日の3日間のみ)
はあったのですが!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

残念ながら、ここでは平日には!!( ̄へ ̄|||)ウーム
「嫁入り舟」の運行は、一切行われていなかったんですね!!(;´Д`)=3 フゥ


その代わりこちらでは、「園内遊覧舟」として!( ̄∇ ̄)ニヤッ
昔ながらの、情緒あふれる!!( ̄ー ̄)ニヤリッ

「手漕ぎろ舟」
が運行されていたのは、何よりでしたね!!!( ̄ー ̄*)ニヤリッ↓
21園内遊覧舟0614
園内遊覧舟(手漕ぎろ舟)

ちなみにこちらの「ろ舟」↑に乗船するには(゜-゜)
別途500円を、支払う必要がありましたため(#゚Д゚)

貧乏症&金欠の私は(*´A`*)
舟に乗るのは、諦めるよりありませんでしたが!(*≧∪≦)


満開に咲き競う、花菖蒲と!o(*'▽'*)/☆゚’
その向こう側に幻想的に浮かび上がる、ろ舟のコラボレーションにはヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
いたく心を寄せられましたねぇ!!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*↓
22舟と花菖蒲0614

おおおおぉぉぉおおおこの光景↑は、思わず!(*^▽^*)
ここは
「極楽浄土」
ではないかと、見紛ってしまうような!!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

得も言われぬほど、美しい((^∀^*))
「日本の原風景」
ではないでしょうか!!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2017/06/21 Wed. 05:51    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード