ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

2/3(金)~2/7(火)釧網本線「SL冬の湿原号」撮影(^.^) 2017.2.12 

え~前回に引き続き、今回も、
「釧網本線『SL冬の湿原号』撮影」
につきまして、記事をお送りさせていただきたいと思います!(^^)

さて「SL冬の湿原号(釧路⇔標茶間で運行)」は、今年2月の第1週目につきましては・・・
2月2日(木)が、運行初日でありましたがo(・∀・)o
――ちなみに2月2日(木)につきましては・・・
私はこの日は午後遅めの航空便で、釧路入りしましたため!( ̄◇ ̄;)エッ
残念ながらこの日にSL撮影をすることは、全く不可能だったわけですが('・_・`)――

このSL列車は2月2日カら2月9日までは・・・
なんと8日間連続で、毎日運行されていたんですね!(^^)!

そして私は2月2日(木)から、7日(火)にかけて・・・
釧路には6日間にわたって、ずっと滞在しておりましたから!!(☆Д☆)キラリーン

その間は私も当然の如く、釧網本線に出撃し続けて!!( ̄ー+ ̄)キラリ

この5日間は釧網本線にて、特別運行されていたSL列車を追いかけつつ! (`・ω・´)ゝ
この列車を、毎日撮影していた次第です( ̄∇+ ̄)vキラーン

それでは2月3日(金)~7日(火)の・・・
私の5日間にわたる、SL撮影の成果をご覧ください!!(*゚∀゚)=3ハァハァ↓
19381レ0203
2月3日 9381レ 中の沢踏切 釧路湿原-細岡

29380レ0204
2月4日 9380レ ルルラン踏切 五十石-標茶

39381レ0204
2月4日 9381レ 標茶駅発車 五十石-標茶

49380レ0205
2月5日 9380レ サルルン展望台 塘路-茅沼

59381レ0205
2月5日 9381レ サルボ展望台 塘路-茅沼

69381レ0205
2月5日 9381レ サルボ展望台 塘路-茅沼

79380レ0206
2月6日 9380レ 植田踏切 茅沼-五十石

89381レ0206
2月6日 9381レ 茅沼駅発車 塘路-茅沼

99380レ0207
2月7日 9380レ 釧路湿原駅発車 釧路湿原-細岡

いやぁ前回の記事の“追伸”でも、お伝えしました通り!(゚Ω゚;)ハッ!!

今年の「SL冬の湿原号」につきましては、もともと・・・
1月28日(土)から2月26日(日)までの、木曜日~日曜日を中心に!!(」゚ロ゚)」オォ
合計21日間運行されることになっていたんですね!(ノ゜ο゜)ノオォ

ところが先週10日(金)に
「蒸気機関車の車輪に、大きな傷が見つかった」
という理由で!!!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

2月11日以降の運行では、もはや!(゚∇゚ ;)エッ!?
「SLは使用不可能」
となりまして!(; ̄д ̄)エェェー!?

代わりに・・・
「ディーゼル機関車牽引」
ということになってしまったわけですよ!!(≧◇≦)エーーー!

もし仮に、私が大枚はたいて釧路くんだりまで・・・
SLを撮りに、遠路はるばる出かけたにもかかわらず!!( ̄  ̄;)!!

その場で突然!(; ̄  ̄)ナヌッ?
「SL運行中止」
といったアクシデントに、遭遇したとするならば!Σ(゚д゚|||)

私はさしずめ、兵庫県の某元議員の如く( ̄ロ ̄lll)エッ!!

猛烈に取り乱しつつ、号泣してわめき散らし!!(≧∇≦)キャー
絶望に打ちのめされてしまったでありましょうが!!!(≧≦*)キャー

ただ今回私が釧路に滞在していた期間中に限っては(^^ゞ

私の日頃の行いが、良かったせいかは分かりませんが(*^-^*)ゞ
私がSL撮影に臨んだ5日間は、天候は概ね良好で!(* '∀'人) オォ

SLは一本たりとも、運休することは無く!ε= (*^o^*)ホッ
毎日問題無く、無事に走行してくれたわけでして!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪

ついでに昨年度(2016年)、自分が初めて「SL冬の湿原号」を撮影すべく、釧路に赴いた・・・
「2016年2月25日~28日」
の、4日間の分も、合算してみますと!(^_-)

私は釧網本線(釧路⇔標茶間)においては、なんと(@_@)
「9日間連続で、SL撮影が成功した」
ことになるわけでありまして!ヾ(・Д・´ )ノワオ!

おぉぉぉおおこの事実だけをもってしても!! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!
「自分は『鉄道写真の神様』からは、とくに愛されている」
ということは! (* ̄ Д  ̄*) ポッ

明確にはっきりと、分かるようではありませんか!!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*
――その反面自分は、
「音楽の女神(ミューズ)」&「縁談の神様」
からは、とっくにソッポを向かれて!( ̄へ ̄|||) ウーム
嫌われてしまったようでありますが!(★・´Д`・)σソンナー――

ただ今回ひとつだけ、残念だった事がありまして( ̄△ ̄;)エッ・・?

それは一体、何なのかと申しますと(・・?

私は昨年冬は、釧網本線沿線にて・・・
たくさんの“タンチョウ(丹頂鶴)”に、出会えまして!!( ・∀・)ノ

そして端正で美しい、タンチョウの姿を、たびたび見るにつけて(*´∀`*)
惚れ惚れとしてしまい!ヽ(*´∀`)ノ オォ
ついには私はタンチョウの、大ファンになってしまっていたんですよ!!(* ̄。 ̄*)ウットリ

それで私は今回も、
「再びSL&タンチョウの『コラボ写真』を撮る」
チャンスが巡ってくるのではと、ワクワクしていたのですが!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ところが今年は、
“鳥インフルエンザ”
の影響があったかどうかは、定かではありませんが!(*・∧・*)?

茅沼駅にもタンチョウは、一切飛来しませんでしたし!!ヽ(゚_゚;)ノ
私が釧路に滞在していた、6日間を通してみても(゜o゜)
自分は一羽たりとも、タンチョウに出会うことは無かったんですよ!(´ω`*)

・・・もっとも釧路市の隣の「鶴居村」にある(゜-゜)
「タンチョウ繁殖地」
にさえ向かえば(・。・)
そこには大勢の鶴が、居たのかも知れませんが!(ノ`・Д・)ノ・・・

ところで私の釧路滞在最終日の、2月7日(火)の出来事ですが・・・

私は釧路湿原駅近くのポイントにて、
「往路SL撮影(9380レ)」
を行っておりましたところ( ´ー`)

なんとそこで偶然・・・
昔5~6年前に、真岡鉄道沿線にて、SL撮影をしていた際に知り合った(@_@。

千葉県松戸市在住の、撮り鉄同業者・・・
Uさんと、ばったり再会したわけですよ!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

いやぁこの奇跡のような再会を、目の当たりにした私は!!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ
大いに驚いたと同時に!\(◎o◎)/!

「これこそまさに、『カムイ(アイヌの神)』のお導きのようだなぁ」
と!(*^▽^*)

“目頭が熱くなる”思いが致しましたが!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

それで私はもともとこの日は、往路SL撮影を終えた後は・・・
後続の列車で、釧路駅まで戻りまして!∑(`∀゚´*)オォ!!

釧路駅近くのポイントで、「復路SL(9381レ)」を撮影した後(*´∀`)b
すぐさま釧路駅からバスで、釧路空港に向かって・・・
そこから航空便で帰京しよう、と計画を立てておりましたが!(ノ)'∀`(ヾ) オォ

Uさんは親切にも・・・
彼が借りておられたレンタカーに、私を同乗させて下さいまして!!( ̄ー ̄*)ニヤリッ

私は釧路湿原駅近くのポイントから・・・
釧路市内まで、彼の車で送ってもらえることになったんですね!!!( ̄∇ ̄)ニヤッ

さらにUさんは、なんとこの日の午後は・・・
「返しの復路SLは撮らずに、その代わり『釧路臨港鉄道の貨物列車』を撮りに行かれる」
とのことでしたので!!(*・0・*)ワォ

それで私も、この際・・・
Uさんのプランに、便乗させてもらうことにしまして!( ̄ー ̄)ニヤリッ

「釧路臨海鉄道」のポイントを目指して・・・
Uさんと共に、車で向かって行った次第でありました!!!ε = ((((o^ー^)o

・・・次回へつづく・・・

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 鉄道

[edit]

Posted on 2017/02/13 Mon. 07:26    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

お礼

奥村先生
素晴らしい写真を有難うございます。私が今から45年前に読んでいた鉄道ファンや鉄道ジャーナルで見た写真お同じ風景を、現在、再び拝見でき、感動しております。

URL | 内田 #-

2017/02/14 08:50 * 編集 *

Re: お礼

内田様

この度はコメントをいただき、有難うございました。
私の写真は、拙いものばかりであることにつきましては、十分自覚しておりますが・・・
内田様に喜んでいただきまして、とても嬉しく思います。

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2017/02/16 04:53 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード