ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

12/6(月)「会津藩校 日新館」見学ヽ(^o^)丿 2016.12.21 

え~日本史に精通している方に対しましては・・・
ここで改めて、申し上げるまでもありませんが(^^ゞ

江戸時代には・・・
「武士の子息の教育を行う」
といった目的で( ̄◇ ̄;)エッ

全国には各々の藩に、約300もの・・・
「藩校」
なるものが、存在していたんですね!(゜o゜)

その数ある藩校のなかでも、過去会津若松に実在していた・・・
「会津藩校 日新館」
は、規模内容ともに!(゚Ω゚;)ハッ!!

全国屈指のレベルと、謳われていたほどの・・・
たいそう優秀な学校で、ありまして!!(ノ)'∀`(ヾ) オォ

同時にここでは・・・
「什の掟」
なる、道徳的な掟も制定されていて!( ̄∇+ ̄)vキラーン

全国でももっとも厳しい教育が、施されていたわけです!!!( ̄ー+ ̄)キラリ↓
1什の掟1205
会津の教育の基礎となっていた、什の掟

それで後に“宿敵”となった、長州藩の吉田松陰なども!(ノ゜ο゜)ノオォ
「日新館」を見学するべく・・・
わざわざ会津を、訪れていたほどでして!ヾ(・Д・´ )ノワオ!

もっとも「会津藩」というのは、江戸時代には・・・
幕府から絶大な信頼を、寄せられていたほどの(@_@。

軍事力&政治力ともに、全国のなかでも傑出した実力を保持していた、
「雄藩」
でありましたから!( ・∀・)ノ

この地に全国随一の規模を持つ“藩校”が、存在していたとしても・・・
なんら不思議ではありませんが!(ノ`・Д・)ノ

ただ残念ながら、明治維新以後の会津は!!ヽ(゚_゚;)ノ
薩長新政府に逆らった、なぞといった(#゚Д゚)
極めて不当で、言われなき理由のため(ーдー;)

言わば見せしめのために!(; ̄д ̄)エェェー!?
「福島県の一部のマイナーな地域」
といった低い地位にまで、陥められてしまったわけでして!(★・´Д`・)σソンナー

ちなみに「日新館」は、江戸時代には・・・
会津若松城(鶴ヶ城)の、すぐ傍にあったわけですがヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

不運なことに、戊辰戦争において(~o~)
この地は長州兵との、過酷な戦場となってしまったせいでΣ(゚д゚|||)
ここの学校も、焼失してしまいました(-∀-)

ですが
「会津の精神文化を、後世に伝える」
という目的で!(; ̄  ̄)ナヌッ?

この藩校は、戊辰戦争から120年が経った・・・
1987年に、会津若松市の郊外に場所を移して!!!∑(`∀゚´*)オォ!!

なんと、なんと・・・
完全復元されて、現代に蘇ったんですよ!!(*・0・*)ワォ↓
2日新館全景1205
会津藩校 日新館 全景

いやぁ私自身は、
「江戸時代が日本にとっては、まさに『最高に良い時代』であった」
とは、信じて疑わない人間でありますしヾ(・∀・)ノ

それとともに、こう見えても自分は一応(^_^;)
「現役の中学・高校教師」
でもありますから! (`・ω・´)ゝ

「教育に関わる者として、一度は『江戸時代屈指の藩校』は見学しておかないといけないな」
と、一大決心をしまして!( ̄ー ̄*)ニヤリッ

先日12月2~5日に、会津旅行をした折・・・
最終日5日(月)の午前中に!( ̄ー ̄)ニヤリッ

「会津藩校 日新館」
を生まれて初めて、訪れた次第でありました!!( ̄∇ ̄)ニヤッ

さて私は12月5日(月)朝7時半過ぎに、自分が宿泊していた・・・
「会津つるやホテル」
を出発して、近くのバス停まで歩いて行きまして!!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪

郊外にある「会津藩校 日新館」まで、直行する・・・
「みなづる号」
なる名前の、小型のコミュニティバスに乗車しまして((^∀^*))↓
3みなづる号1205
みなづる号

こちらのバス↑で、約40分ほどかけて・・・
「日新館」まで辿り着いたんですね!ε = ((((o^ー^)o↓
4南門から1205
日新館 南門からの風景

ちなみに私が「日新館」に到着したのは、午前8時半頃でして!( ̄△ ̄;)エッ・・?
こちらの開館時間(午前9時)よりも、大分前だったのですが( ̄へ ̄|||) ウーム

「私の人柄の良さ」
が、係員に伝わったせいかは分かりませんが(゚∇゚ ;)エッ!?

日新館の職員さんたちは、8時45分くらいには・・・
私をこころよく、館内に入れて下さいまして!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

私は早い時間帯から、中を見学させてもらえたんですね!!(*゚∀゚)=3ハァハァ↓
5戟門1205
日新館入口すぐそばの、「戟門(げきもん)」からの風景

こちらは東西226メートル、南北116メートル、面積8千坪、建物1500坪という・・・
すこぶる広大な学校であったわけですが\(◎o◎)/!

どうです、入口から一歩、中に入っただけでも!!(」゚ロ゚)」オォ
空気が一変して、ピーンと張りつめていて!(≧ ≦*)キャー

まるで江戸時代の息吹が、ここには厳然と根付いていて!(* '∀'人) オォ
部外者を一切、寄せ付けないようではありませんか!(≧∇≦)キャー

さて私はまず、「東塾」なる建物に入館しまして(*^-^*)ゞ
「素読所」
「書学寮」
「天文学の学習」
「礼式の学習」
の部屋を、順番に見学しましたが!(☆Д☆)キラリーン↓
7素読所1205
素読所

8書学寮1205
書学寮

9天文学の学習1205
天文学の学習

10礼式の学習1205
礼式の学習

おぉぉぉこちらの部屋の数々は、極めて精巧且つ・・・
リアルに復元されていて!! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!

あたかも
「飯盛山で自刃した白虎隊の少年たち」
が、ここで再び命を与えられて! (* ̄ Д  ̄*) ポッ

この場で勉学に、勤しんでいるようではありませんか!!(* ̄。 ̄*)ウットリ

その後「大学」と「大成殿」と呼ばれていた建物を経て( ´∀`)↓
11大学1205
大学

12大成殿1205
大成殿

「資料館」を見学しましたがヽ(*´∀`)ノ オォ

貴重な江戸時代の書物や文書が、大量に展示されていた・・・
「資料館の内部」
におきましては!(*・∧・*)?

“写真撮影不可”
となっておりまして( ̄ロ ̄lll)エッ!!

それにつきましては、若干残念ではありましたねぇ('・_・`)ショボン

その後「水練水馬池」なる水練場を、見学しましたが(@_@;)↓
13水練場1205
水練場(水練水馬池)

じつは「水練場」というのは、横文字に直してみますと!(^_-)
「プール」
のことでありまして!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

おぉぉぉ江戸時代に、「プール」が備わっていた藩校というのは(@_@;)
全国でもここと・・・
長州藩校の、2校しか無かったそうですが!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

私の職場の学校には、一切設備が存在しない(;´▽`)y-~~
「プール」なぞというものが(;^ω^A

200年前のこちらの藩校には、しっかりと存在していたなんて!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
なんとまぁ、素敵なことではありませんか!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*

ただこちらの藩校の子供たちは(・・?
なんと(・。・)

“武具を着込んで”
水泳の訓練をしていたそうでして!w(゚0゚*)w オォー

そのようなハードで過酷な事は、到底(;´Д`)=3 フゥ
私なぞには、出来そうもありませんが(*´д`*)ハァハァ

続いて私は、「幕末明治記念館」に入りまして・・・
“戊辰戦争”

“白虎隊”
について、学びましたが!!( ̄  ̄;)!!↓
14幕末明治記念室1205
幕末明治記念館の展示物

いやぁ私は正直、
“長州兵という名の野蛮人”
たちによって、不当にも《(;´Д`)》
“賊軍”呼ばわりをされd(゚Д゚*)

言われなき悲惨な目に、遭わざるを得なくなってしまった(-ω-`*)
会津の人々には、深く同情をしましたし!(*´A`*)

同時に涙しましたねぇ(ノД`)

その後「武講」「木馬場」「天文台」「砲術場」を見学しましてから('∀`)↓
15武講1205
武講

16木馬場1205
木馬場

17天文台1205
天文台

18砲術場1205
砲術場

私は「日新館」を、後にしましたが!ヽ(´▽`)ノ

私は今回日新館を、初めて見学出来たことによって(*´∀`*)

「教育者の端くれ」

として、ようやく責務を果たせたようにも感じましたしσ( ̄^ ̄) エッヘン

それと同時に今回は、“タイムマシーン”に乗らずとも( ´ー`)
「江戸時代の空気感」
を、存分に堪能することが叶いまして!(*^▽^*)

貴重な経験が出来て、良かったです!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2016/12/21 Wed. 02:07    TB: --    CM: 1

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2016/12/25 21:08 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード