ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

4/15(金)荻窪「クラリネット五重奏曲」リハ→高円寺「ビアエンジン」(^o^) 2016.4.19 

え~前々回私は、自分が来月「ソリストとして」出演することになりました・・・

「5/22(日)藤沢市民交響楽団 定期演奏会」

につきまして、記事を書きましたが!ヽ(^。^)ノ↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-532.html(4月8日付記事)

じつは私が来月出演するコンサートは、上記↑の他に・・・
もうひとつあるんですね(*^^)v

その「もうひとつのコンサート」とは・・・
こちらでありまして!o(・∀・)o↓
1コンサートチラシ0415
5月28日(土)「チェンバーアンサンブル“ミュー”コンサートチクルス」のチラシ

いやぁ齢を重ねて、もう既に老人の如く・・・
ヨボヨボとなってしまった、いまの私にとりましては('・_・`)

「一週間足らずの間に、2つも違う演目のコンサートに出演する」

というのは、あたかも( ゚д゚)
「『そのまま倒れて死んでしまうのではないか』と危惧する位、困難極まる仕事」
というのが、正直なところではありますが(-_-;)

それはさて置き、この「アンサンブルミューコンサート」の初練習が・・・
先週15日(金)夕方にありましてv(・∀・*)

私はその“初練習”に、参加をするべく( ̄∇ ̄)ニヤッ
リハ会場の「杉並公会堂」まで・・・
東村山から遠路はるばる、出かけた次第です!ε = ((((o^ー^)o

その「杉並公会堂」ですが、最寄駅は・・・
JR中央線&東京メトロ丸の内線の、荻窪駅なんですね。

もし私の自宅最寄り駅「西武新宿線久米川駅」から、普通に荻窪駅まで向かおうとすると・・・

久米川駅→国分寺駅(西武新宿線&国分寺線 180円)
国分寺駅→荻窪駅(JR中央線 220円)

と、片道合計400円もの、高額な運賃がかかってしまうところでしたがΣ(゚Д゚)

私は、一計を案じることにしまして!(☆Д☆)キラリーン

私はこの日、久米川駅から西武新宿線電車に乗って・・・
井荻駅まで行くことにしまして(゚∇゚ ;)エッ!?↓
2井荻駅0415
西武新宿線 井荻駅

その井荻駅からは30分弱、南に進路を取って・・・
「杉並公会堂」まで、歩き通すことにしたんですね!(」゚ロ゚)」オォ

このルートを選択することによって(^^)v
私が支払うべき、鉄道運賃は・・・

久米川駅→井荻駅 西武線片道運賃=240円

のみ、ということになりましてw(゚0゚*)w オォー

国分寺経由で荻窪駅まで向かうのと比較すると・・・
なんと160円も節約することに、成功したわけですね!v(・∀・*)

ただ問題がひとつありまして(; ̄  ̄)ナヌッ?

じつは井荻駅から杉並公会堂までは・・・
「環状8号線」
を南に真っすぐ下ってゆけば、簡単に辿り着けるのですが(ノ゜ο゜)ノオォ

――ご存じの方も多いかも知れませんが(^_^;)――

「環状8号線」というのは・・・
常時非常に多くの車で溢れ返っていて、慢性的に渋滞している(~_~;)
すこぶる交通量が多い、「幹線道路」なんですよ!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ↓
3環状8号線0415
環状8号線

いやぁ私は普段、自然が豊かで空気が綺麗な・・・
「東村山」という田舎で、生活しておりますからヽ(´▽`)ノ

今回久し振りに、交通量が多くて・・・
「人体に、非常に害を及ぼす」
有毒な排気ガスで充満している(≧∇≦)キャー

「環八通り」

を目の当たりにして、悶絶してしまいましたしヽ(゚_゚;)ノ

嘔吐しそうにもなりましたねぇ《(;´Д`)》オェッ

「おぉこれほどまでに『猛毒な排気ガス』を発生し続けて、生態系や国土を滅茶苦茶にし、現代人の健康に甚大なる被害を与えてまで『資本主義経済活動』を維持していくことに、一体どのような意味があるのだろうか???」

と私は「環八」を前にして、怒り心頭に発してしまいましたが(#゚Д゚)

仕方が無いので、私は「環八」から一本横の小道に移動して↓(´ω`*)
4環八横小道0415
環八から一本東寄りの小道

この道↑を南下することによって・・・
「自家用車から排出される有毒な排気ガス」
によるダメージを、極力軽減することに努めた次第でした( ̄ー ̄)ニヤリ

さてこの日のリハーサルは、「杉並公会堂」地下にある・・・
ご覧のスタジオにて、とり行われましたが( ̄∇+ ̄)vキラーン↓
5杉並公会堂スタジオ0415
杉並公会堂B1Fにあるスタジオ

この日はプログラム全部の曲では無くて(・。・;
19級世紀末~20世紀初頭のドイツの作曲家、マックス・レーガー(1873‐1916)の・・・

「クラリネット5重奏曲イ長調 作品146(1915年)」

ただ一曲のみ、練習が行われたんですね!( ̄ー+ ̄)キラリ↓6レーガー譜面0415
レーガー:クラリネット5重奏曲 作品146 
第一ヴァイオリンパート(私が担当)冒頭の譜面

この作品は、レーガーの円熟期・最晩年に作曲されたわけですが(@_@)

同時にこの作品が書かれた時期は、

「後期ロマン主義の最期」=「無調音楽&十二音技法が台頭する直前」

といった時代にも、ちょうど当てはまりまして(@_@。

それでこの作品は、
「一つの大きな時代(ロマン派)の落日」
「人生の黄昏」
といった色彩を、色濃く帯びているんですねΣ(゚ロ゚」)」オォ

じつは私はこの作品につきましては、20余年前アメリカにて・・・
一度ステージで、全曲演奏した経験が一度ありましたが!(^^)!

当時まだ「若造」だった私は( ̄ヘ ̄)ウーン
「この『長大で複雑極まりない曲』の一体どこに、魅力があるのだろうか?!」
といったような按配でして(-ω-`*)

この曲の良さには全く気付かぬまま・・・
時が過ぎてしまった次第でしたが(;ω;*)ゴメンネゴメンネ

もはや今の私は、当時とは違って( ̄  ̄;)!!
「棺桶に片足を突っ込むところまで」
齢を重ねて、ヨボヨボにもなりましたから( ̄ロ ̄lll)エッ!!

その影響もありまして・・・
このあたかも、
「もはや死に絶えようとしている“老木”が、最期に『若さ』を取り戻して、大輪の美しい花を咲かせた」
ような Σヾ(・Д・´ )ノワオ!

この「究極のロマンティシズム」とも言える、レーガーの作品に対しても・・・

非常に共感するようになりましたし((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ
大いに魅力を感ずるようにもなりましたね!!∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

ということで、来月28日(土)の、私が出演する「東京オペラシティ小ホール」のコンサートに・・・
皆様には少しでも興味を持っていただきヽ(*´∀`*)ノ.+゚

会場にお越しいただけるようでしたら(*^▽^*)

私はとても嬉しく思います!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

さてこの日のリハーサルは、午後4時から8時までという・・・
まるまる4時間にもわたる、長大なものだったんですね(;´Д`)=3 フゥ

「4時間もの長時間の練習中、室内楽奏者として座って弾き続ける」
のも、非常に難儀ではありましたが(+_+)

この日のリハーサル終了後、私は、
「今日は4時間も身を挺して仕事に励んだのだから、『自分への御褒美として』クラフトビールを呑んで行くことにするか」
ということを、思いつきまして∑(`∀゚´*)オォ!!!

荻窪から中央線電車に乗って、2駅移動しまして(*^-^*)ゞ

高円寺駅北口にほど近い、
「ビアエンジン」
という店に、入店することにしました!(* '∀'人) オォ↓
7ビアエンジン0415
ビアエンジン

この「ビアエンジン」という店は、今から2ヶ月ほど前・・・
今年2月に、オープンしたばかりでしたが(*´∀`*)

この店の特色は、まずはなんと言っても・・・
「提供される“リアルエール”の種類の多さ」
でしょう!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪↓
8ビールラインナップ0415
4月15日私が行った際の、ビールラインナップ

この店では、なんと「リアルエール用ハンドポンプ』を・・・
5本も取り揃えておりまして(ノ)'∀`(ヾ) オォ↓
9ハンドポンプ5本0415
「ビアエンジン」カウンターのハンドポンプ5本

毎日5種類もの「リアルエール」を・・・
味わい続けることが、可能なんですねo(*'▽'*)/☆゚’

いやぁこれ程までに多種多様な「リアルエール」を呑める店、というのは・・・
全国を探してみても、いまのところ他に一軒も無いでしょうね!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

当然私は、この日は・・・
2種類の「酒のアテ」を食しつつo(*´~`*)o モグモグ↓
10自家製ピクルス0415
自家製ピクルス 350円(税抜)

11特製フライドチキン0415
特製フライドチキン ポテト付 800円(税抜)

3種類の「リアルエール」を、順番に呑むことにしました(* ̄0 ̄*)ノ↓
12木曽路ビール0415
木曽路ビール シトラペールエール アルコール分5% 1パイント1,200円(税抜)

13サンクトガーデン0415
サンクトガーデン ヨコハマXPA アルコール分6% 1パイント1,200円(税抜)

14箕面WIPA0415
箕面ビール W‐IPA アルコール分9% ハーフパイント750円(税抜)

いやぁ「リアルエール」というのは、日本ではまだポピュラーではありませんが(・。・)
これは通常のクラフトビールと比較しても、ずっと自然且つ優しい味わいでして('∀`)

まさに「ロマンティシズムを突き詰めた、究極の味わい」でして・・・
本当にめっちゃ美味しいんですよ!(*´∀`)b

私は今回久し振りに・・・
美味しい「リアルエール」に、3種類もありつくことが叶いまして( ´∀`)

あたかも極楽浄土に舞い降りた如く・・・
幸せな気持ちになりました!(人*´∀`)ウットリ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 演奏会のこと

[edit]

Posted on 2016/04/19 Tue. 23:08    TB: --    CM: 1

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2016/08/26 11:29 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード