ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

2/25(木)~2/28(日)JR釧網本線「SL冬の湿原号」撮影 前編(^o^) 2016.3.1 

え~JR北海道では、1月中旬~3月中旬にかけて(^^)
釧網本線釧路⇔標茶間において・・・
「SL冬の湿原号」
という列車を、10年以上も連続して運行していたんですね!(^^)!

勿論私は、この雪景色の釧路湿原を走行するSL列車には・・・
以前から大いに惹かれておりましたし(^^ゞ

「あぁこの雪原を走る夢のようなSL列車は、なんとしてでもいつか撮りに行きたいなぁ」
と、長年恋焦がれてきていたのは、事実ではありました(^o^)

ですが釧路は、東京から鉄道で向かうとなると・・・
丸1日費やさねばならないほど、非常に遠い場所でありますし(^_^;)

そもそも私は東京⇔釧路間の莫大な旅費を、ポンと気軽に支払えるほど・・・
裕福な暮らしをしているわけでは、全くありませんし(;一_一)

そのうえ
「釧路湿原で撮影に臨んでいる最中に、冬眠中のヒグマが目を覚まして、自分に襲いかかってきたらどうしよう」
とか(#゚Д゚)
「釧路湿原の猛烈な寒さによって、自分は凍死してしまうのではないか」
などと、恐怖心も抱いておりましたためΣ(゚д゚|||)ヒィィ!!

これまで私は、「SL冬の湿原号」撮影に出かけることにつきましては・・・
長らく躊躇し続けてきていたわけですね('・_・`)

ところがそのような私の心境を、一変させる出来事がありまして・・・

昨今、JR北海道の経営状況は、悪化の一途を辿っておりまして( ̄ロ ̄lll)エッ!!

2年前には、釧網本線「冬の湿原号」を除いて・・・
JR北海道は、SL列車を一本残らず廃止してしまいましたし(ノ゜ο゜)ノオォ

最後にのこされた「SL冬の湿原号」の運行自体も、今年度は1月末~2月末までと・・・
従来と比べると、運行日数は大幅に縮小されてしまいましたし(゚∇゚ ;)エッ!?

さらに最近に至っては、
「今年限り、もしくは来年限りで『SL冬の湿原号』は、全て運行取り止めになってしまうのではないか」
という噂も、ちらほら聞えてきているんですよねΣ(゚ロ゚」)」オォ

それで私は、
「『SL冬の湿原号』が廃止される前に、なんとしても一度はこの列車を撮りに行かねば」
と一念発起を致しまして( ̄^ ̄)エッヘン

「エイヤ!!!」
とばかりに、飛行機代にかかる大金も・・・
今回ばかりは、惜しげも無く投入しまして(」゚ロ゚)」オォ

先週2月24日(水)午後、羽田空港から釧路に直行する・・・
「エアドゥ73便」
に乗車してヾ(・∀・)ノ↓
0エアドゥ飛行機0224
羽田空港に停泊中のエアドゥ航空機

遠路はるばる、釧路まで向かって行った次第です!o(・∀・)o

さて私が釧路に到着した頃・・・
現地では猛烈な寒波が、上空に達しておりまして!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

そのため私は、「ユニクロヒートテック」で・・・
全身をくまなく武装していたにもかかわらず(^^ゞ

そのような“小細工”は、木端微塵に吹き飛ばしてしまうほどの(ノ`・Д・)ノ
猛烈な寒さが、私に襲いかかってきたんですね(((p´д`q)))ガクガクブルブル

ちなみに私はこれまで、ニューヨークに在住していた折には・・・
氷点下10℃くらいの寒さでしたら、しばしば経験していたわけですが(;´▽`)y-~~

私が釧路に到着した翌朝、25日の早朝の気温は・・・
なんとマイナス18℃でして\(◎o◎)/!

これはもう、いまだかつて私が経験したことが一度も無かったほどの・・・
想像を絶する寒さだったわけですね!(((((´゚ω゚`寒)))))カタカタカタカタ

「参ったなぁこれから4日間も、この尋常では無い寒さのなか撮影を続けていけるだろうか」
と私は大いに、怯えてしまった次第でしたが( ゚Д゚)y─┛~~

ですがその反面、釧路駅から釧網本線始発列車に乗車して、目の当たりにした釧路湿原の情景は・・・
想像を遥かに超えて、雄大で素晴らしかったですし('∀`)↓
1細岡展望台0225
細岡展望台からの風景 2月25日撮影

2達古武湖0228
達古武湖 2月28日撮影

3樹氷0228
達古武湖の樹氷 2月28日撮影

また釧路湿原に生息する動物たちも・・・
想像を遥かに超えて美しく(*´∀`)b

生命力にも、満ち溢れていましたね!( ´∀`)↓
4エゾ鹿0228
エゾ鹿 2月28日撮影

5タンチョウ0227
タンチョウ 2月27日撮影

とりわけタンチョウは、立ち姿も飛行する姿も端正で美しく( ´ー`)
あたかもグリュミオーの演奏を彷彿させるように、気品に満ちていて・・・
私は大好きになりましたし(*^-^*)ゞ

またタンチョウは人間が苦手なようでして(^^ゞ
人が近づくと、避けるように飛んで行ってしまうようなところも・・・

人間嫌いの私に、類似していると思いましたし(* '∀'人) オォ
大いに親近感も抱いてしまいましたね!(*´∀`*)

さて初日25日の、標茶行き往路SL列車の撮影につきましては・・・
まずは釧路湿原駅発車のポイントを、選択しました!ヽ(^ω^)ノ↓
69380レ0225
2月25日 SL冬の湿原号往路 9380レ 釧路湿原駅発車

私が生まれてはじめて、撮影に臨んだ「SL冬の湿原号」↑は・・・
駅発車直後で、急な上り勾配に差し掛かっていることも相まって(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪

ものすごい盛大な煙を吐きつつ・・・
ゆっくりと走行してくれましたし!(ノ)'∀`(ヾ) オォ

まさにアイヌの神「カムイ」を連想させるが如き・・・
“荘厳さ”も垣間見せてくれましたね!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

その後「返しのSL」の撮影場所としましては・・・
「茅沼駅発車」のポイントを選びまして(^。^)

釧路湿原駅から、茅沼駅へと移動しましたヽ(^o^)丿

ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが・・・

茅沼駅はその昔国鉄時代、有人駅だった頃・・・
当時の駅長さんが、タンチョウに餌付けをはじめたのをきっかけとして、
「全国でも唯一、タンチョウが飛来する駅」
となりました(^.^)

それで私も当然、
「SLとタンチョウとのコラボ写真」
を撮影することを目的として、茅沼駅へと向かった次第でしたが・・・

この日は大勢の見物人が来ていたことを・・・
タンチョウが嫌がったせいかは分かりませんが(・。・;

SLがここを通過した時間帯には・・・
全てのタンチョウは、どこか別の場所へ飛び去ってしまいましてorz

その結果、なんとも単調な写真となってしまいました(・Å・;) ↓
79381レ0225
2月25日 SL冬の湿原号復路 9381レ 茅沼駅発車

皮肉にもSL通過後、見物人&撮り鉄同業者たちが立ち去ると・・・
とたんに多くのタンチョウが、茅沼駅の餌付け場に戻ってきましたが(^^ゞ↓
8茅沼駅のタンチョウ0225
茅沼駅に戻ってきたタンチョウ4羽

いやぁ今回はタンチョウに、
「初めてこの場所に降り立って、やすやすとSLと我らのコラボ写真なんて撮れっこないよ、出直してきなさい!」
と、諭された気分になりましたねぇ!(-_-;)トホホ

・・・2/25(木)~2/28(日)JR釧網本線「SL冬の湿原号」撮影 後編 へと続く・・・

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 鉄道

[edit]

Posted on 2016/03/01 Tue. 23:18    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード