ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

11/14(土)&15(日)「SL青い12系客車号」撮影+笹屋旅館 2015.11.17 

え~鉄道ファンの方々や、当ブログの熱心な読者の方々に対しては・・・
今更説明するまでも無いこととは思いますが(^^ゞ

JR磐越西線(新潟⇔会津若松間)では、通常・・・
「SLばんえつ物語号」
という名称のSL列車が、4~11月の週末を中心に運行されているんですね(^o^)

ですが先週末11月14日(土)と15日(日)の、2日間に限っては・・・
通常運行されている「SLばん物」にとって代わって(・・;)

「快速SL青い12系客車号」
という名称の列車が(・_・;)
――通常の「SLばんえつ物語号」とは、全く同一のスジでしたが――
新潟⇔会津若松間にて、特別に運行されたんですね!\(◎o◎)/!

この「快速SL青い12系客車号」において、特筆すべきは・・・
この列車では通常「ばん物」で使用されている客車7両の代わりに(・。・;

12系が登場した当初の(*´∀`)b
オリジナルの塗装(=国鉄色のブルトレ塗装)の客車5両が、使用されていたことでした!

これは私のように、「国鉄」をこよなく愛していて('∀`)
「国鉄時代」のノスタルジーに、思う存分浸りたい人間にとりましては・・・
まさにドンピシャな企画でして( ´∀`)

私は
「萌え~~」
と叫ぶより無かったわけですね!!(#^.^#)

私は磐越西線においては、滅多に実現することがない(^.^)
「SL+国鉄色客車」
という組み合わせの列車を、是が非でも撮影せねばとの思いから(*^_^*)

先週末は会津まで、はるばる出かけることにしまして(*^-^*)ゞ
「SL青い12系客車号」を2日間に渡って、撮影してきた次第です!(*^^)v

それでは今回の成果を、ご覧くださいo(・∀・)o↓
1青い客車往路1114
11月14日 往路(8226レ) 細田新田踏切

2青い客車復路1114
11月14日 復路(8233レ) 第一舞台田踏切

3青い客車往路1115
11月15日 往路(8226レ) 一ノ戸川橋梁

4青い客車復路1115
11月15日 復路(8233レ) 第一舞台田踏切

いやぁじつは今回の撮影前、事前に公表されていた天気予報によりますと・・・
会津地方の天気は、14日&15日両日ともに、“雨予報”だったんですね(>_<)

なので
「今回は“まともな写真”は一枚も撮れないまま、終わってしまうかもしれないな」
などと危惧を抱いていた次第でした( ゚д゚)

それで実際も、14日&15日の両日とも、事前の予報通り・・・
一日の大半が「雨天」という、最悪の天候だったわけですね(゚_゚;)

ですが私の“日頃の行い”が、良かったせいかは分かりませんが( ̄ー ̄)ニヤ
不思議なことに・・・

2日間の合計4回の撮影機会のうち、3回は・・・
SLがやってくる時間帯に限って、雨も止んで( ゚∀゚)
風も穏やかになりヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

“平穏無事に”SL撮影することがが出来たのは、何よりではありました!
ε= (*^o^*) ホッ

ただし一日目(14日)の復路の撮影のときのみは・・・
大雨&暴風雨が吹き荒れていた最中に、SLが来てしまいましてΣ(゚д゚|||)

そのためカメラのレンズも、「水浸し」になってしまいましたしd(゚Д゚*)
写真の出来も、もうどうしようもありませんでしたがヾ(・Д・´ )ノ

それから今回私は13日(金)~15日(日)の間、喜多方市にある、
「笹屋旅館」
という宿に、2泊しておりました(^.^)↓
5笹屋旅館1115
笹屋旅館

いやぁここはもう、写真↑をご覧いただければ分かる通り・・・
歴史の重み&情緒が感じられる、素敵な宿でしたが(^^♪

ここ「笹屋旅館」に宿泊していた“余禄”として(^^)v
旅館に併設されていた「蔵座敷美術館」のなかに、なんと・・・
「無料で」入場することが出来たんですね!v(・∀・*)↓
6竹久夢二肉筆画1115
「蔵座敷美術館」のチケット半券 竹久夢二の肉筆画が描かれている

ここ「蔵座敷美術館」の目玉は、何と言っても・・・
上のチケット↑にも写っている、
「竹久夢二の肉筆画(本物)」
が、展示されていたことでした!(@_@)

なんでも竹久夢二は、大正10年&昭和5年の2度に渡って会津に赴いた際・・・
「笹屋旅館」に、長期逗留していたようでして(@_@。

それで上の肉筆画↑は、彼が笹屋旅館に滞在していた間に・・・
描かれたものなのだそうです!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

「蔵座敷美術館」には、竹久夢二の「本物の肉筆画&掛け軸」の他にも・・・
素晴らしい美術品&骨董品が、多数展示されておりまして(*◎v◎*)

なかでも歌川広重の版画で・・・
大正時代に刷られた、高品質且つ保存状態が良好な(*´∀`*)
「京都名所6点」
には、私はたいそう感銘を受けた次第です!(*´~`*)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 鉄道

[edit]

Posted on 2015/11/17 Tue. 23:44    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

まさに後期国鉄時代!

こんばんは。
12系客車+蒸機のお写真、羨ましく拝見いたしました。
おっしゃる通り、まさに国鉄時代そのものですね。
後期国鉄時代には20系+蒸機もあったのを思い出しました。
どれも素晴らしいのですが、一ノ戸川橋梁のお写真がとても素敵だと思います。河原の木の色と奥の山の紅葉のコントラスト、そして蒸機の牽く12系。ため息モノですね。雨の撮影も趣が出ていいのですが、撮影が大変。蒸機が来る時に雨が上がるなんて、奥村様の行いがいい証拠でしょう。蒸機と青い列車。こちら北海道では蒸機は冬の湿原号だけ、ブルートレインは廃止になってしまいました。悲しいかなまだこの現実を受け止められない自分がいます。奥村様のお写真を楽しみにしています。

URL | Mori #eU7nCQJI

2015/11/23 21:36 * 編集 *

Re: まさに後期国鉄時代!

Mori様

この度は丁重なコメントをいただき、どうも有難うございました。
一ノ戸川橋梁の写真をお褒めいただき、とても嬉しく思います。
ご指摘いただきました通り、私も今回は、
「山陽本線を走る蒸機+20系ブルトレ」
を想い起こしつつ撮影しておりました(笑)
北海道も昨年までは、あちこちでSL運転が実施されていましたが、
――JR北海道の経営状況を考えると、仕方無いことではありましょうが――
今年から「冬の湿原」以外は全て取り止めになってしまったのは、悲しいですね。
今となっては一昨年に函館本線に出向いて、
「C11二つ目」
を撮影出来たのは、私にとりましては良い思い出です。

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/11/25 00:36 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード