ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

西武国分寺線、西武園線&多摩湖線 2015.11.12 

え~またまた今回も同じく・・・
私が先月から居住している、
「東村山市」
についての話題でありますが(^^ゞ

この市は面積が、僅か17平方キロメートルという・・・
非常に狭い地域であるにもかかわらず(・_・;)

その市のなかを、網の目のように・・・

西武池袋線
西武新宿線
西武拝島線
西武国分寺線
西武西武園線
西武多摩湖線
西武山口線
JR武蔵野線

と、様々な鉄道路線が交錯しておりまして!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

鉄道については、東村山市は・・・
非常に充実していると言えるんですね!\(^o^)/

これは私のような「鉄道ファン」&「エコロジー志向な人間」にとりましては・・・
「非常に恵まれた環境」
とも言えるのではないでしょうか!(*´∀`)b

もっとも私の自宅最寄り駅は、西武新宿線の久米川駅になりますから・・・
私にとって圧倒的に利用頻度が高いのは、西武新宿線なんですね。

西武新宿線は、池袋線に次いで・・・
西武鉄道が最も力を入れている、“幹線路線”でありまして(^^ゞ

私は西武新宿線につきましては、正直それ程面白みは無いと思っていますし・・・
西武新宿線自体、私はそこまで好感を持ってはいないのですがヽ(゚_゚;)ノ

その反面私の自宅から、それ程離れていない場所に、

西武国分寺線、西武園線、多摩湖線

という、未だに単線の・・・
複線化されいていない3つの路線が、存在していることにつきましては!!!
( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ↓
1東村山の鉄道1112
東村山市内の鉄道路線図

これにつきましては↑、私は・・・
非常に素晴らしいことだと思っているんですね!( ´∀`)

私の自宅最寄りに、未だにのどかな武蔵野の風景が残る・・・
ローカル色溢れる単線の鉄道路線が、3つも存在しているなんて('∀`)

これは
「萌え~~~」
と言わずして・・・
他に何と表現すれば良いでしょうか!(*´∀`*)

というわけで、今回は私が大好きな・・・
西武鉄道のローカル線3路線(国分寺線、西武園線&多摩湖線)を、
――路線が開通した順番で――
紹介していきたいと思います!(*^-^*)ゞ

まずは東村山⇔国分寺間7.8キロを結ぶ、「国分寺線」ですが↓
2国分寺線1031
西武国分寺線 東村山-小川 10月31日撮影

この路線↑の前身は、「川越鉄道」でして(^v^)
「川越鉄道全線」(川越⇔国分寺間)が開通したのは、明治28年ですが・・・

東村山⇔国分寺間は、なんとその前年・・・
明治27年(1894年)に、既に開通していたんですね!(@_@。

おぉ東村山には、既に明治27年に鉄道が通っていたとは!(@_@)
これはなんと、凄い事ではないでしょうか!!\(◎o◎)/!

少なくとも私が先月まで居住していた練馬区につきましては・・・
大正時代に入るまでは、鉄道は一本たりとも敷かれていなかったわけですからヾ(・Д・´ )ノ

おまけにその後、東村山市内には次々と電化鉄道路線が敷かれていったのに反して・・・

東村山⇔国分寺間の、
「旧川越鉄道区間」
は、開発から取り残されてしまったせいか(^^ゞ

昭和23年までは、この区間は全く電化されず・・・
のどかに蒸気機関車が客車を引いて走行していた、というのも( ゚д゚)
たいそう凄い事ではないでしょうか!(゚_゚;)

じつは私は東村山に引っ越してからは、週一度の職場への出勤の際には・・・
この「西武国分寺線」東村山⇔国分寺間全線を乗り通して(*^_^*)

職場へと通勤しているんですね!(*^。^*)

実際「西武国分寺線」は全線乗り通しても、僅か12分しかかかりませんし(^^♪

日中でも10分ヘッドで、電車が次々とやって来るというダイヤでo(・∀・)o
フリークエンシーも、他の2路線と比較すると・・・
抜群に優れておりますから!!(^^)!

この路線は、利用価値が非常に高いんですねぇ(#^.^#)

ただひとつ不満は、ここの路線では全て、電車は6両編成で運行されていて(・。・;
編成が短いせいか、いつ乗っても非常に混雑していることなんですね(-_-;)

単線にもかかわらず、10分ヘッドで電車を走らせている、今の状況を鑑みますと・・・
「輸送力増強」の要望を出したとしても、もはや限界なのかも知れませんが(^_^;)

さて次は東村山⇔西武園間2.4キロを結ぶ、「西武園線」ですが↓
3西武園線1112
西武西武園線 東村山-西武園 11月12日撮影

この路線↑は、「多摩湖観光」への足として・・・
昭和5年に開業したんですね(^.^)

またこの「西武園線」は、途中駅が一つも存在しない、
「盲腸線」
ですから(@_@;)

平日昼間などは、それ程乗客もいないのではと、私は推測するのですが(^^ゞ

ここの区間は平日日中でも、常に・・・
20分間隔で、電車は走っているんですね!(^。^)

これはたいそう、“良心的なダイヤ”と言えるのではないでしょうか!

――もし今後「TPP」が実施され、「サーベラス」の如きd(`・ω・´)b
“悪徳アメリカンファンド”に、西武鉄道が乗っ取られてしまった暁には・・・
「西武園線」などは、真っ先に廃止されてしまうか《(;´Д`)》
もしくは二時間に一本しか電車を走らせないといったダイヤに・・・
強引に変更されてしまうでしょうが(ーдー;)――

私自身は「西武園線」に乗るような機会は・・・
今後もほとんど無いとは思うのですが(^_^;)

西武園駅の東側に広がる「八国山緑地」などは・・・
武蔵野の自然が昔のまま残っている、素晴らしい場所のようですしヽ(^。^)ノ

私が大好きな、西武鉄道最古参の、
「新101系電車」
が、未だにこの区間では、元気に走行していますからヽ(´▽`)ノ

いつか乗りに行ってみたいと思います!

さて最後に、西武遊園地⇔国分寺間9.2キロを結ぶ、「多摩湖線」ですが↓
4多摩湖線1112
西武多摩湖線 青梅街道駅南

この路線の前身は、「多摩湖鉄道」だったんですね!(@_@)

「多摩湖鉄道」が開通した昭和初期には、なんと、

武蔵野鉄道
旧西武鉄道
多摩湖鉄道

の異なる3つの私鉄が、こぞって・・・
多摩湖まで鉄道路線を敷設していたわけでして!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

ちなみに「多摩湖鉄道」は、明らかに多摩湖に向けて(多摩湖観光の乗客を狙って)・・・
路線を敷設していたにも拘らず(+_+)

多摩湖手前の西武遊園地駅周辺まで、路線を延伸出来たのは昭和11年でして・・・
これは他の2路線と比較すると、非常に遅かったわけですね(*_*)

じつは私の自宅からは、西武多摩湖線の八坂駅も・・・
徒歩12分ほどと、非常に至近距離でして(^。^)↓
5八坂駅1031
西武多摩湖線 八坂駅

おまけに八坂⇔国分寺間は、僅か5.6キロと・・・
距離的には国分寺線を利用するよりも、大分短いんですね(@_@。

そのようなわけで、
「通勤にも『国分寺線』より『多摩湖線』を利用したら良いのではないか」
と思われる方も、おられるかも知れませんが・・・

多摩湖線は
萩山⇔国分寺間 日中15分ヘッド
西武遊園地⇔萩山 日中20分ヘッド

と、電車の本数もあまり多くありませんし('・_・`)
萩山駅での電車乗り換えで、時間をロスするケースも多々あるため(-_-;)

急いでいるときなどは、多摩湖線は・・・
なかなか選択しずらいんですねぇ(*´A`*)

とは言えこの路線も、西武園線と同じく・・・
私が大好きな、西武鉄道最古参の、
「新101系電車」
が、未だにこの区間では、元気に走行していますしヽ(´▽`)ノ

沿線風景や雰囲気は、最高に素晴らしいので(*´∀`*)
――とくに「青梅街道駅」は、開業当時の、
「昭和初期の」
雰囲気が、未だにそのまま残っていて、最高なんですねヽ(*´∀`*)ノ.+゚↓――
6青梅街道駅1112
青梅街道駅に停車する西武鉄道新101系電車

時間があるときなどは、ついつい・・・
国分寺線の代わりに、多摩湖線に乗りたくなってしまいますね!((^∀^*))

そうそう、八坂駅すぐそばに、その多摩湖線と・・・
国分寺線が、交差する場所があるのですが\(◎o◎)/!↓
7立体交差1031
多摩湖線(上)と国分寺線(下)の立体交差

おぉ多摩湖線と国分寺線の2つの路線は、起点の国分寺駅を出て、別々の道を歩んだ後・・・
遂にこの場所↑にて、再び交わるわけですが!ヾ(・∀・)ノ

なんとまぁこれは、「織姫」と「彦星」の七夕における・・・
「奇跡的な邂逅」
と同じようなものでして!o(*'▽'*)/☆゚’

これは
「萌え~~~」
と言わずして・・・
他に何と表現すれば良いでしょうか!(*´∀`*)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/11/12 Thu. 23:50    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード