ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

7/19(日)「名曲喫茶ヴィオロン」→「ワシントウキョウ」 2015.7.22 

先日7月19日(日)夕方、私は2ヶ月振りに、阿佐ヶ谷の名曲喫茶「ヴィオロン」にて開催された・・・
「SPレコードコンサート」に行ってきました(^o^)↓

1ヴィオロン0719
名曲喫茶「ヴィオロン」

先日の「SPレコードコンサート」のプログラムは、「ローベルト・シューマン特集」ということで・・・
シューマン中期~後期の名作3曲が、取り上げられておりましたが↓
2シューマン特集0719_edited
2015年7月19日(日)プログラム 【シューマン特集その6】
「交響曲第4番 ニ短調 Op.120」
 ヨーゼフ・カイルベルト指揮
 プラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団
  独Telefunken E3255~7
   1941年3月7日録音

歌曲集「女の愛と生涯 Op.42」
 ロッテ・レーマン(ソプラノ)
 フリーダー・ワイスマン指揮
 管弦楽団
  英Parlophone RO20090~3
   1928年11月10日 ベルリンでの録音

「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 WoO.23」
 ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)
 ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  独Telefunken E2395~98A
   1937年12月20日 ベルリンでの録音

正直に告白しますと、私はローベルト・シューマンの作品は、これまでは・・・
全般的にあまり好きな方では無く(・_・;)

と言いますか、自分にとってはシューマンは、むしろ・・・
嫌いな部類に入る作曲家であったため(・。・;

私は今回のSPレコードコンサートには、もともとは・・・
それ程大きな期待を、抱いていなかったんですね(^_^;)

そのため今回は、早めに現地に行って・・・
「かぶりつき席」を確保するというような努力は、全くせず(^^ゞ

開演時間直前ギリギリに店に入って、店内の入り口付近の一番後ろの席から・・・
SPレコードの演奏を、ずっと鑑賞していた次第です↓
3自分の席から0719
私の席(今回は一番後ろ)から見た蓄音器「クレデンザ」

ところが予想に反して、今回のSPレコードは、3曲とも・・・
演奏&録音が、驚くほどたいそう素晴らしかったためヽ(^o^)丿

シューマンの作品が持つ、欠点・・・
――バランスが悪いとか、無駄な刻みやユニゾンが多いとか、オーケストレーションが稚拙とか――
は、今回に限っては全く気にはならずヽ(^ω^)ノ

ただただシューマンの音楽が本来持っている、抒情性、ヒロイズム&高潔なメッセージが・・・
私に向かって、溢れ出るように迫ってきましたためヽ(^。^)ノ

このコンサートが終わるころには、私はすっかり・・・
シューマンの音楽の大ファンに、変貌してしまったんですね!ヽ(´▽`)ノ

とくに私が期待していた、ゲオルグ・クーレンカンプ独奏による「ヴァイオリン協奏曲ニ短調」は・・・
今はびこっているような(-_-;)
表面的にテクニックを見せびらかしたような演奏とは、全くかけ離れていて('∀`)

彼の演奏は内面的で温かみがあり、且つ格調高くて・・・
私はたいそう感動してしまいましたね!(*´∀`)b↓
4クーレンカンプ0719
クーレンカンプ独奏、シュミット=イッセルシュテット指揮ベルリンフィル演奏の
「シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 遺作」

またロッテ・レーマン独唱の「女の愛と生涯作品42」は、オリジナルのピアノ伴奏では無かったことは残念でしたし・・・
編曲されたオーケストラ伴奏は、かなり出来が悪かったものの(^^ゞ

レーマンの歌声は、私がこれまで一度も体験したことが無いくらい( ´ー`)
この世のものとは思えないほどの、神々しい美しさでしたね!( ´∀`)↓
5ロッテレーマン0719
ロッテ・レーマン独唱の
「シューマン:女の愛と生涯 作品42」

それにしても今回は、今まで自分は嫌いだったシューマンの音楽が・・・
一晩2時間ほど聴いただけで、一遍に好きになってしまったわけですから\(◎o◎)/!

SP時代に活躍していた音楽家の実力が、如何に凄かったのかは・・・
今回改めて再確認出来ましたし(@_@)

それを忠実に再現出来るSPレコード&蓄音器のポテンシャルが、もの凄いものであるということも・・・
今回改めて再認識しましたね(@_@。

ところで今回のSPレコードコンサートには、当ブログの熱心な読者でおられる・・・
パオロロッシ様も、偶然聴きにいらしておられていたんですね(@_@)

それでパオロロッシ様と私は、コンサート終演後阿佐ヶ谷駅南口から徒歩3分ほどの場所にある・・・
「ワシントウキョウ」という名前の、クラフトビールの店に向かいましたo(・∀・)o↓
6ワシントウキョウ0719
ワシントウキョウ

そしてここ↑「ワシントウキョウ」にて、私はパオロロッシ様に・・・
2日前に自分が演奏していた、渋谷「白寿ホールコンサート」の慰労も兼ねて(^^ゞ
ビール&食事を、ご馳走いただいた次第です!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

さて「ワシントウキョウ」には、私は以前一度だけ行ったことがありましたが(^^ゞ↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-426.html(2015年1月19日付記事)

その際は、ビールの泡の量があまりにも多かったり(#゚Д゚)
ガッカリすることが多々あったため; ̄ロ ̄)!!

この店には、それ程良い印象は抱いていなかったわけですね(ーдー;)

ですが今回は、ビールのラインナップを見てみると・・・
私がこれまで呑んだことのないものが、沢山揃っていたのも嬉しかったですしヾ(・∀・)ノ↓
7本日のクラフトビール0719

今回は――私の苦情が効いたせいかは分かりませんが(^^ゞ――
全般的に泡も少なめで(^o^)

ビールがグラスの上の方まで、なみなみと・・・
多めに注がれていたのも、嬉しかったですo(・∀・)o↓
8さぬきスーパーアルト0719
さぬきビール(香川) スーパーアルト アルコール度数6.5% 473ml 850円(税抜)

9湘南IPAフュルメロン0719
湘南ビール(神奈川) IPAフュルメロン アルコール度数6% 473ml 850円(税抜)

10やくらいデュンケル0719
やくらいビール(宮城) デュンケル アルコール度数5% 473ml 850円(税抜)

11シエラネバダIPA0719
シエラネバダ(アメリカ) IPAトルピード アルコール度数7.2% 270ml 650円(税抜)

12ロコビア佐倉香りの生0719
ロコビア(千葉) 佐倉香る生 アルコール度数5% 270ml 500円(税抜)

今回はとくに、ドイツスタイルで醸造された「さぬきビール」の・・・
「ス―パーアルト」が、予想していたより遥かにレベルが高くて(^^♪

たいへん感銘を受けましたねo(*'▽'*)/☆゚’

私は四国の香川県に、これほどまでにハイレベルなビールを醸造する・・・
ブルワリーが存在していたこと自体、全く知りませんでした!(@_@;)

それから今回食した料理の方も、どれも美味しかったですし(^v^)↓
13ラム肉のソーセージ0719
ラム肉のソーセージ 680円(税抜)

14砂肝の温野菜サラダ0719
砂肝の温野菜サラダ 750円(税抜)

15焼き餃子チリポヨ0719
焼き餃子 チリポヨ 4個 500円(税抜)

16揚げ餃子チリポヨ納豆0719
揚げ餃子 チリポヨ納豆 4個 580円(税抜)

とくにここの店の餃子は、流石に「元餃子屋」だけあって・・・
どれをとっても、絶品と思いました!(*^-^*)ゞ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2015/07/22 Wed. 23:03    TB: --    CM: 1

この記事に対するコメント

これは朗報です

シューマンの音楽好きとしましては…
奥村さんがシューマンを演奏されるといったいどのような
解釈で弾かれるのであろうかと、妄想しておりましたので…。
これは朗報ですね。

いつかコンサートで、奥村さんだけのシューマンも聞かせて
ください。
そんな日がくることを期待しています。

URL | SWAN #-

2015/07/23 02:45 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード