ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

6/18(木)茨城県内の大手ビール工場見学ツアーハシゴ旅 再び 2015.6.21 

私は今年3月26日に、茨城県内にある2つの、大手ビール工場にて実施されている・・・
無料の工場見学&試飲ツアーを、同じ日に両方とも体験してしまうという(^.^)

ビール好きにとっては、まさに夢のような企画・・・
「茨城県内の大手ビール工場見学ツアーハシゴ旅」
を、決行したんですねo(・∀・)o

そのときの模様は、こちらをご参照いただければと思いますが(^。^)↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-443.html(2015年3月27日付記事)
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-444.html(2015年3月29日付記事)

その際私は、

キリンビール取手工場(取手市)

アサヒビール茨城工場(守谷市)

という順番で、工場めぐりをしたわけですが(^^ゞ

「この順番を逆にして、もう一度工場見学&試飲ツアーを実施して、造りたての美味しいビールを思う存分味わってみたいなぁ」
と、私は思い立ちまして( ̄ー+ ̄)キラーン

先週木曜日(6月18日)に私は、

アサヒビール茨城工場

キリンビール取手工場

と、廻る順番を逆にしつつ ( ̄ + ̄*)キラン

再び「茨城県内大手ビール工場見学ツアーハシゴ旅」
を、決行した次第です!v(・∀・*)

この日まず私は、朝6時半頃自宅を出発し、東京メトロ小竹向原駅に歩いて向かいまして・・・
小竹向原駅にて、「東京メトロ一日乗車券」を購入しました(^^)v↓
1東京メトロ一日乗車券0618
東京メトロ一日乗車券 600円

私は数ヶ月振りに、この一日乗車券↑を購入しましたが・・・
なんと私が知らない間に (」゚ロ゚)」オォ

「東京メトロ一日乗車券」の価格が、これまでの710円から600円へと(+_+)
なんと110円も、値下げされていたではありませんか!\(◎o◎)/!

昨今消費税増税をはじめとして、何でもかんでも値上げが横行していて(>_<)
貧乏人にとっては、すこぶる世知辛い世の中にあって(ノД`)

一日乗車券の価格が、一気に110円も値下がりされるなんて!!(*_*)

これはたいそう、稀少な出来事と言えるのではないでしょうか!('∀`)

「おぉ『東京地下鉄』とはなんと太っ腹で、立派な鉄道会社であろうか」
と、私は東京メトロに対して、深く感謝の念を抱いた次第です (*´∀`)b

さて私のこの日の最初の目的地は、先ほど述べた通り・・・
茨城県守谷市にある、
「アサヒビール茨城工場」
でした。

そして「アサヒビール茨城工場」へのアクセスですが、つくばエクスプレス&関東鉄道の接続駅・・・
守谷駅からビール工場までは、無料のシャトルバスが運行されているんですね( ´∀`)

ですので私はこの日はまず、守谷駅を目指したわけですが・・・

守谷駅に向かうためには、通常北千住駅にて、東京メトロから・・・
「つくばエクスプレス」の電車に乗り換えるのが、一般的な方法なんですね(^^ゞ

ですが私はこの日は、東京メトロ線で北綾瀬駅まで乗り通しまして( ゚∀゚)↓
2北綾瀬駅0618
東京メトロ 北綾瀬駅

ここ北綾瀬駅から2キロ弱ほどの道のりを・・・
つくばエクスプレス線の六町駅まで、歩いて向かったんですね(・∀・)↓
3六町駅0618
つくばエクスプレス線(首都圏新都市鉄道) 六町駅

そして六町駅から、つくばエクスプレス線の電車に乗車して・・・
守谷駅まで向かった次第です(*^。^*)

こうすることにより、私はつくばエクスプレス線の運賃を・・・

北千住から守谷まで 720円

六町から守谷まで 617円(IC運賃)

と、103円も節約することに、成功しました!v(^∀^*)

103円も節約出来たことは、貧乏人の私にとりましては・・・
非常に大きかったわけですね!(*^-^*)ゞ

さて「アサヒビール茨城工場」の見学ツアーですが・・・
私は10時からのツアーに、参加しました(^o^)↓
4アサヒビール茨城工場0618
アサヒビール茨城工場 工場見学受付ロビー

この見学ツアーにつきましては、以前詳細を記述しましたので・・・
詳しくはそちらをご覧いただければと思いますが(^_^;)

この日もここでの工場生産ラインは、まさに“元気いっぱい”で(*^_^*)
全てのレーンが高速でフル稼働していたのは、壮観でしたね!(#^.^#)

そして地上60メートルの「AIMタワー」での試飲ですが↓
5AIMタワーから0618
地上60メートルAIMタワーからの景色

残念ながらこの日は曇り空で、時々ゲリラ豪雨も降ったりしまして('・_・`)
「スカイツリー」
「筑波山」
は、薄ぼんやりとしか見えなかったのは、残念ではありました(*´A`*)

ここで私は前回と同じく、
スーパードライ→ドライプレミアム→ドライブラック(エクストラコールド)
の順番で、無料試飲ビールを堪能しました(* ̄0 ̄*)ノ↓
6スーパードライ0618
アサヒスーパードライ

7ドライプレミアム0618
アサヒドライプレミアム

8ドライブラック0618
アサヒドライブラック エクストラコールド

今回いただいたビールは、どれをとっても全て新鮮で美味しかったのですが・・・
(前回と同じく)ドライブラックだけは、マイナス2度のエクストラコールドではなくて(^^ゞ
通常の温度で呑んでみたかったとは、正直思いました(^_^;)

それからビールを3杯呑み終わった後には、この日の“第2戦目”に備えて( ゚∀゚)
また酔い覚まし&眠気覚ましも兼ねて(^^♪
「ワンダ モーニングショット」
も、ついでに試飲させてもらいました!(^-^)V↓
9ワンダモーニングショット0618
缶コーヒー アサヒ「ワンダ モーニングショット」

さて「アサヒビール茨城工場」での工場見学&試飲を終えた私は、次の・・・
「ダブルヘッダー第2試合」
の会場に向かうべく!(^^)!

アサヒビール茨城工場→シャトルバス→守谷駅→関東鉄道常総線→西取手駅→徒歩

という順番で、「キリンビール取手工場」へと移動しましたヾ(・∀・)ノ↓
10キリンビール取手工場0618
キリンビール取手工場 工場見学受付ロビー

そして私はここ↑では・・・
14時からの工場見学ツアーに、参加しました(^o^)↓
11ガイドさん0618
今回のガイドNさん

この見学ツアーにつきましても、以前詳細を記述しましたので・・・
詳しくはそちらをご覧いただければと思いますが(^_^;)

この日もここでの工場生産ラインは、まさに“元気ハツラツ”で(*^_^*)
――こちらでは全てのレーンが、フル稼働していたわけではありませんでしたが(^^ゞ――
沢山の瓶ビールが製造されていた光景は、壮観でしたね!(#^.^#)↓
12パッケージング工場0618
パッケージング工場にて

そして試飲ルームでの試飲ですが・・・
この日はなんと、
「通常の一番搾りVS一番搾り“取手造り” 飲みくらべ」
という催しが、実施されておりまして(@_@。↓
13飲み比べ0618

試飲一杯目&二杯目は、
「キリン一番搾り」&「キリン一番搾り『取手づくり』」
が手渡されたんですね!(@_@;)↓
14一番搾り0618
キリン一番搾り アルコール度数5%

15取手づくり0618
キリン一番搾り「取手づくり」(取手工場限定醸造) 缶350ml アルコール度数5.5%

いやぁ私はこれまで「取手づくり」というのは・・・
「どうせこれは『取手工場で造られた通常の一番搾り』に過ぎないだろう」
と思っておりましたが(^_^;)

実際「取手づくり」は、通常の「一番搾り」とは・・・

酵母の種類
レシピ
アルコール度数

の全てにおいて、異なっていたんですね\(◎o◎)/!

実際今回初めて呑んだ「取手づくり」は、
――この缶の製造年月日が5月上旬と、若干古目だったことは・・・
若干残念ではありましたが(^^ゞ――

「一番搾り」と比較すると、ずっと濃厚で('∀`)
柑橘系の味わいが特徴的で(*´∀`)b

予想していたよりも、遥かに美味しかったですし((^∀^*))

「取手工場醸造長」がこのビールにかけた、強いこだわりや思い入れが・・・
強くひしひしと伝わって来ましたね!o(*'▽'*)/☆゚’

そして試飲3杯目は、「ハートランドビール」を所望して呑みましたが(* ̄0 ̄*)ノ↓
16ハートランド0618
ハートランドビール 瓶330ml アルコール度数5%

この日の「ハートランドビール」は、何故かタップではなく(・・;)
「瓶」での提供だったんですね(・。・;

今回は“樽生で”新鮮な「ハートランドビール」を味わえなかったことは・・・
若干残念ではありましたが(^^ゞ

「瓶」で美味しい「ハートランドビール」を、タンブラーでの提供と比較すると・・・
倍近くの量を味わうことが出来て、とても満足しました!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/06/21 Sun. 23:18    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード