ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

嗚呼在りし日のブルートレイン(ノД`)2015.3.19 

え~先週末3月14日(土)には、JRグループ各社において・・・
大規模なダイヤ改正が行われましたね。

今回のJRダイヤ改正において、もっとも“重大な”出来事といえば、何をさて置き・・・
「北陸新幹線(長野⇔金沢間)開業」
であろうということは、私も異論の余地は全くありません。

実際今後は新幹線「かがやき」に乗車すれば、東京から金沢まで・・・
最速わずか2時間28分で行けるわけですから(@_@)

これは大変画期的なことと言っても、過言ではないでしょう\(◎o◎)/!

とは言うものの最近では、どの地上波テレビ局のチャンネルを回してみても・・・

「北陸新幹線はすばらしい!」
「小京都・金沢とは、何て魅力的な観光地でしょうか!」
「北陸観光には、北陸新幹線を是非利用しましょう!」

などと、ヤンヤヤンヤと大騒ぎをしながらΣ(゚Д゚)
便乗的に「宣伝番組」のようなものを、垂れ流しているといった現状で( ゚д゚)

私はこれにはもう相当、ウンザリしてしまっております(-∀-)

これではまるで昨年の、「ブラジルサッカーW杯」の際の「狂騒曲」と・・・
何ら変わらないのではないでしょうか( ゚Д゚)y─┛~~

しかしながら現実に立ち帰ってみますと、東京から金沢まで新幹線に乗って行こうとした場合・・・
片道だけで、
「運賃+新幹線特急券=14.120円」
もかかってしまうわけですねぇ(*´A`*)

私にとりましては、この超高額な新幹線料金は、もしシラフの状態であれば(^_^;)
とても払えるような金額では無いことは、確かですし《(;´Д`)》

その上今後は、長野~金沢間の在来線は、JRの運営では無くなってしまって(T_T)
各県ごとに、

「しなの鉄道(長野⇔妙高高原間)」
「えちごトキめき鉄道(妙高高原⇔市振間)」
「あいの風とやま鉄道(市振⇔倶梨伽羅間)」
「IRいしかわ鉄道(倶梨伽羅⇔金沢間)」

と、別々の会社の第三セクターになってしまったんですね(>_<)

その結果、ここの区間の鉄道運賃は、相当値上がりしてしまいましたし(~o~)
JRの「青春18きっぷ」を利用すること自体、不可能になってしまいましたから(~_~)

私のような「青春18きっぷ」を愛好している、貧乏人にとっては・・・
今回のダイヤ改正は、まさに“大打撃”と言えるでしょうねぇ('・_・`)ショボン

実際のところ私にとりましては、今年3月14日のJRダイヤ改正については・・・
他にも残念なニュースが、いくつもありました( ≧Д≦ )

まず一つは、東京~館山間の内房線特急「さざなみ」が・・・
「早朝上り(君津→東京)平日のみ3本、夕方下り(東京→君津)平日のみ5本」
を除いて全廃されてしまったのは、大変ショックを受けましたし(;≧Д≦)y─┛

それからもう一つは、今回のダイヤ改正をもって、寝台特急・・・
「北斗星(上野⇔札幌)」&「トワイライトエクスプレス(大阪⇔札幌)」
が廃止されてしまったのには、ガッカリしましたねぇ(´・д・`)ソンナー

――実際は「北斗星」については、今年8月22日までの期間限定で・・・
「臨時列車として」時々運行される模様ですが(^^ゞ――

今回「北斗星」「トワイライトエクスプレス」の定期運行が、終了してしまったということは・・・
それは端的に言えば、
「かつては“花形として”輝いていたブルートレインの時代が、完全に終わりを迎えてしまった」
ということを、意味しておりますし(T_T)

そのような観点において、今回のダイヤ改正は・・・
自分にとっては、本当に悲しい出来事でしたねぇ(ノД`)

とくに大阪~札幌間の「トワイライトエクスプレス」については、私はずっと憧れを抱いておりましたし、
「いつか全行程乗り通してみたい」
と長らく思い続けてきたにも拘らず(~_~;)

一度も乗らずじまいで、列車は廃止されてしまいましたから(-_-;)

「あぁいつか新婚旅行で、自分の新妻とともに『トワイライトの最後尾個室ロイヤル』に乗るのが、自分にとっては念願だったのにぃぃぃぃ~~~~」
と、世界の中心で叫びたい気分ですよヾ( >д<)ノ

――もっとも私が結婚をして、ハネムーンで「トワイライトロイヤル」に乗るためには・・・
相手の女性は、
「外国かぶれ&外国行きたがりの茶髪のオネーチャン」
では、絶対に拒否されるでしょうしΣ(゚Д゚)
日本の歴史や文化&自然の良さを、真っ当に評価出来る、
「大和撫子」
でない限りは、新婚旅行で国内を選ぶことに同意してもらえないでしょうから・・・
どっちみちハードルは高すぎたわけですが(ーдー;)――

ところで私自身は、同時代の世間一般の日本人と比べれば・・・
「ブルトレ」には結構、たくさん乗ってきたほうだと思いますね。

実際私はこれまでに、

「北斗星(上野⇔札幌)」下り&上り
「北陸(上野⇔金沢)」下り&上り
「富士(東京⇔大分)」下り&上り
「寝台急行銀河(大阪→東京)」上り

につきましては、全行程乗り通した経験がありますし(^.^)

他にも一部区間だけですが(^^ゞ

「あけぼの(上野→東能代)」下り
「はやぶさ(東京→下関)」下り
「あさかぜ(東京→小郡)」下り
「出雲(宍道→松江)」上り
「あかつき(黒崎→姫路)」上り

などにも乗車した経験があります(^o^)

とくに私が生まれて初めて乗車した「ブルトレ」は、
「あさかぜ1号(東京→小郡)」
で、それは自分が中学3年のときだった、ということもありましてヾ(・∀・)ノ

私は「東京駅発九州ブルトレ」につきましては、特別な愛着もありましたし(^.^)
強い思い入れがあったんですね!(*^_^*)

それで6年前2009年3月14日のダイヤ改正で、最後の「東京駅発九州ブルトレ」である、

「富士・はやぶさ」
が廃止されたわけですが・・・

この列車が廃止される前のおよそ2ヶ月間は、私も強い思い入れを持ちつつ・・・
様々な場所に出かけて、この「ブルトレ」を撮影しておりました(@_@)

今回は先週末に、「ブルトレ時代」が終焉を迎えたことの区切りと致しまして・・・
私が2009年に撮影していた「富士・はやぶさ」の写真を、ここに公開したいと思います!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

当時はカメラも、現在使っているものほど性能は良くありませんでしたし(^^ゞ
腕のほうも今ほどでは無くて(・・?
駄作ばかりではありますが(^_^;)

皆様には少しでも、「国鉄時代のノスタルジー」を感じ取っていただければ、幸いでございます。
12月12日米神のSカーブ
2月12日 上り2レ 米神のSカーブ 早川-根府川

22月12日富士駅
2月12日 下り1レ 富士駅にて

32月13日薩錘峠ふもと
2月13日 上り2レ 薩錘峠のふもと 由比-興津

42月14日二軒家
2月14日 上り2レ 二軒家 島田-金谷

52月15日鍛冶屋アウトカーブ
2月15日 上り2レ 鍛冶屋アウトカーブ 真鶴-湯河原

63月1日米神のカーブ
3月1日 上り2レ 米神のカーブ 早川-根府川

73月2日竹倉踏切
3月2日 上り2レ 竹倉踏切 函南-三島

83月7日石橋
3月7日 上り2レ 石橋 早川-根府川

93月8日東戸塚
3月8日 上り2レ 東戸塚駅横 横浜-戸塚

103月10日天竜川堤防
3月10日 上り2レ 天竜川堤防 豊田町-天竜川

113月11日浜名湖橋梁
3月11日 上り2レ 浜名湖橋梁 弁天島-新居町

123月13日京急六郷土手駅
3月13日 上り2レ 京急六郷土手駅ホームから 品川-川崎(最終日の前日)

※今回の写真12枚は、全て6年前、2009年2月&3月に撮影したものです。

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 鉄道

[edit]

Posted on 2015/03/19 Thu. 23:55    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

ええーーっ!「さざなみ」、そんなに少なくなっちゃうんですか!
平日の朝と夕方だけだと、ほとんど乗る機会が無くなってしまいますね。
千葉県内を走る特急は「わかしお」は何回か乗ったことがありますが、「さざなみ」はまだ乗ったことがなかったので、残念です。

私の両親の郷里は山口県ですが、小学生の頃に夏休みに祖父母の家に行くために山陽本線に乗っている時に「あさかぜ」は見たことがあったような気がします。「あさかぜ」という名前をとてもかっこよく思ったことを思い出しました。
母方の祖父母の家の近くを山陽本線が通っていて、蒸気機関車が貨物車を引いて走るのを見るのが楽しかった記憶も。

広島在住でカープファン&鉄道ファンの知人も「北斗星」の廃止は淋しいと、mixi日記に書いていました。彼が小学生の頃はクラスの男の子達はみんなブルトレのファンだったのだそうです。

ブルートレインの写真、どれもいいですね。

URL | パオロロッシ #-

2015/03/21 01:18 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。
内房線特急「さざなみ」ですが、取りあえず6月末までは土休日のみとはいえ(平日運休とはいえ)・・・
新宿⇔館山間で「新宿さざなみ号」が2往復設定されているんですね。
まぁ夏休み&海水浴のシーズンになれば、多少なりとも臨時特急の増発はあるのではないでしょうか。

「あさかぜ」は昭和33年10月に誕生した、初の冷暖房完備の「ブルトレ」だったんですね。!
それで当時は“冷暖房完備”ということ自体が、一般家庭においても夢のような話だったため・・・
ブルトレは「走るホテル」などと言われて、もてはやされたわけです。
それにしても昔山陽本線で現役の蒸汽をご覧になっておられたのは、羨ましいです!

それから今回掲載した写真は、全て「東京寄り」で撮ったものですが・・・
ブルトレ存命中に一度くらいは、山口方面に遠征して、下り列車を撮ってみたかったですねぇ。

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/03/21 10:35 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード