ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

3/9(月)&3/10(火)「京の冬の旅」寺院めぐり(^.^) 2015.3.12 

また前回記事からの続きです(^.^)

3月8日(日)に大井川鉄道にて、「SL重連」を撮影し終わった私は、その後・・・
金谷駅からJR東海道本線の普通電車に乗車して、浜松方面に向かいました。

そしてその日の晩は、JR浜松駅から更に豊橋方面に3駅行った、弁天島駅にて一旦下車をしまして・・・
その弁天島駅そばにある高層温泉ホテルに、一泊した次第です(^o^)↓
1弁天島0309
私が宿泊していた温泉ホテルロビーから見た、浜名湖に忽然と浮かぶ鳥居

「このような『超高級温泉ホテル』に宿泊出来るとは、奥村さんはどれほどリッチで大富豪なんだろう」
などと誤解される方も、おられるかも知れませんが(^_^;)

実際に私が泊まっていたのは、浜名湖は一切望むことが出来ず・・・
新幹線が高速で通過する騒音も、非常にうるさくて(>_<)
おまけに狭いスペースという「わけあり部屋」でして(ノД`)

大体このホテルの正規宿泊料の、半値以下・・・
3,200円ほどで一泊していたわけですね(^_^;)

それで私は翌朝(3月9日月)7時過ぎにホテルを出発し、「青春18きっぷ」を利用しつつ(^^♪

弁天島駅から東海道本線の普通電車に再び乗車して、更に西へ向かって行きました。

そして豊橋、大垣、米原駅で電車を乗り継いで、進んで行きましたところ・・・
ちょうどお昼前くらいに、京都駅に到着しまして(*^_^*)
今年2度目の“上洛”を、達成することが出来た次第ですヽ(´▽`)ノ

ところで今回の“上洛”の目的は、一体何だったのかと申しますと・・・
それはもちろん、「京の冬の旅」寺院めぐりでして( ゚∀゚)

「『京の冬の旅』が開催されている3月18日までの間、『非公開文化財特別公開』として観賞出来る寺宝や庭園などに、なるべく沢山触れてみたい」
と思ったのが、今回私が京都へ行くことに決めた主な動機でしたv(・∀・*)

――加えて今の時期には「青春18きっぷ」が利用可能で、それを使用すれば安値で関西まで行けたことも・・・
今回私が京都への遠征を決めた一因でしたが(^^ゞ――

さて3月9日はまず、京都駅から山陰本線電車に乗って4駅目の・・・
花園駅に向かったんですね。
――京都→花園駅間も、「青春18きっぷ」をそのまま使用して移動したことは・・・
今更言うまでもありませんが(^^ゞ――

そして花園駅から徒歩15分ほどと、至近距離に存在する・・・
「妙心寺 衡梅院(こうばいいん)」に最初に行って、そこで拝観することにしました(^o^)↓
2妙心寺衡梅院0309
妙心寺 衡梅院

「衡梅院」は妙心寺山内にある、46もの塔頭のひとつでして・・・
ここは「京の冬の旅」では、6年ぶりの公開なのだそうですね。

この「衡梅院」の「四河一源の庭」は、たいそう見事でしたしヾ(・∀・)ノ↓

3四河一源の庭0309
方丈前庭 四河一源の庭

江戸時代の狩野派の絵師・・・
大岡春トによって描かれた襖絵も、たいそう素晴らしかったしo(・∀・)o
――襖絵の写真撮影がNGだったのは残念でしたが(T_T)――

ガイドさんの説明も面白く分かりやすくて('∀`)
「今回ここを拝観出来てよかったなぁ」
と私は心から思いました(*´∀`)b

その後「妙心寺 衡梅院」を拝観し終わった私は、続いて・・・
妙心寺から北へ向かって、30分ほど雨の中を歩いて上って行きまして(^.^)
「竜安寺」に辿り着いたんですね↓
4竜安寺0309
竜安寺 山門

いやぁここ竜安寺は言わずと知れた、有名観光寺院ですし( ゚∀゚)
ここの「石庭」は世界に誇る名庭であることは、間違いないとは思うのですが(^^ゞ

私は人混みが大の苦手でして( ゚д゚)
「人が一杯いてごった返しているところには、極力近づきたくない」
とも、常日頃から思っておりますから(*´A`*)

――もっとも自分が大勢の“天然黒髪美少女”たちに囲まれて、皆で「おしくらまんじゅう」をして遊ぶというのであれば・・・
人でごった返していても、それ程嫌悪感は感じないかも知れませんが(冗談)――

実際のところ私は、金閣寺や銀閣寺、清水寺や竜安寺といった有名観光寺院には・・・

これまでは一度も足を向けたことが、無かったわけですね。

にもかかわらず、今回は何故竜安寺に行って、そこで拝観することにしたのかと申しますと・・・

今回は竜安寺の「仏殿・西の庭」が、「京の冬の旅」キャンペーンの一環で・・・
10年振りに特別公開されるという事情がありましたし(@_@)

「仏殿・西の庭」には、通常拝観が行われている・・・
「石庭」を通過せねば行けないというシステムになっていましたから(@_@;)

必然的に私はこの日、生まれて初めて・・・
「竜安寺の石庭」を拝観することになった次第です\(◎o◎)/!↓
5竜安寺石庭0309
竜安寺 石庭

いやぁこの日は平日で、雨も降りしきっていたにもかかわらず・・・
「石庭」の前には、人がもうこれでもかとばかり、ウジャウジャ居ましたし(#゚Д゚)
静寂な環境とは、ほど遠かったわけですねぇ( ゚Д゚)y─┛~~

それで折角の筆舌に尽くしがたい、美しい庭園を前に座ってみたところで・・・

「おぉなんと美しい石庭であろうか。これこそ侘び寂びの世界。感動で心が洗われるなぁ」

といったような思いには、全く至りませんでしたね('・_・`)ショボン

その後「京の冬の旅」で特別公開されていた、「仏殿・西の庭」のほうも廻りましたが↓
6仏殿&西の庭0309
竜安寺 仏殿・西の庭

7細川勝元像0309
西の庭に安置されていた、細川勝元像

この日は特別に、翌日3月10日から公開予定の・・・
「茶室 蔵六庵」のほうも、見せてもらえたんですね(*_*)↓
8茶室蔵六庵0309
茶室 蔵六庵(3月10日~18日公開予定)

今回竜安寺に行ってみて、良かったことと言えば、「仏殿」の内部を除いて・・・
ほぼ全ての場所で、写真撮影が可能だったことです。

それで今現在では大方の寺院では、写真撮影が許可されていない・・・
「方丈」の襖絵の写真も撮影出来たのは、嬉しかったですね(^.^)↓

9方丈の襖絵
方丈の襖絵

その後「竜安寺」を拝観し終わって、まだ時間があったので・・・
私は竜安寺から妙心寺へと、歩いて戻りました。

そして今回の「京の冬の旅キャンペーン」とは、一切関係はありませんでしたが(^^ゞ

妙心寺の塔頭のひとつ「退蔵院」を、拝観することにしました(*^_^*)↓
10妙心寺退蔵院0309
妙心寺 退蔵院

11退蔵院方丈0309
退蔵院 方丈

ここ「妙心寺 退蔵院」は、本当に素晴らしかったですし('∀`)
「あぁここに今日来ることが出来たのは、本当に良かったなぁ」
とは、私は心から思いましたね!(*´∀`)b

ここでは何がそれ程良かったのかと言いますと・・・
恐らくはこの日は一日中、天候が優れなかったせいで(^.^)
私がここ退蔵院にいた時間帯には、観光客はまばらでして(^o^)

私がここで拝観していた間には、全員合計しても・・・
わずか2~3人としか、すれ違わなかったことだったんですね!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

「あぁ京都を観光するには、『雨の平日』がやっぱり最高だなぁ」
とも、私は心から思いました!(*´∀`)b

ここ「退蔵院」では、人とほとんど出くわさなかった恩恵もありまして(*^_^*)

今回は方丈前の、狩野派の絵師元信によって作庭された、素晴らしい枯山水庭園・・・

「元信の庭」も、長時間自分一人で独占して、ゆったりと観賞出来ましたしv(^∀^*)
12元信の庭0309
元信の庭

「昭和の名庭」として名高い、中根金作氏によって作庭された、見事な・・・
「余香苑」も、長時間自分一人で独占して、ゆったりと観賞出来た次第です!v(・∀・*)↓
13余香苑0309
余香苑

それから「退蔵院」の庭園内につくられた、「水琴窟」から出てくる清らかな音色につきましても・・・
長時間自分一人で独占して、ゆったりと観賞出来ましたがヽ(´▽`)ノ↓
14つくばいと水琴窟0309
つくばいと水琴窟

いやぁここの音色は、まさしく最高級蓄音器「HMV203」に“竹針”を装着して奏でられた・・・
「クライスラーの名盤SPレコード」に匹敵するくらい、美しかったですねぇ!o(*'▽'*)/☆゚’

さて翌日3月10日(火)午前中は、前日“有名観光寺院”に行った反動もありまして(^^ゞ

“有名観光寺院”とは程遠くて、長い歴史がある「京の冬の旅」においても、これまで一度も公開されたことの無かった・・・

激レアな「頂妙寺」&「建仁寺 霊源院」を拝観することにしました(^o^)↓
15頂妙寺0310
頂妙寺

16建仁寺霊源院0310
建仁寺 霊源院

もちろん両方の寺院ともに、美術品の写真を撮ることは、不可能でしたが(^^ゞ

頂妙寺で特別展示されていた、俵屋宗達筆による「牛図」は・・・
“墨のたらしこみ技法”が冴え渡っていて、たいへん見事でしたしヽ(^。^)ノ↓
17頂妙寺拝観券0310
頂妙寺の拝観券 下に「牛図」が配置されている

建仁寺 霊源院で特別展示されていた・・・
足利七代将軍義勝が10歳のときに描いたとされる(@_@)
墨絵「達磨図」も、とても興味深かったですね\(^o^)/

そしてこの日は、午後1時JR京都駅発新快速電車近江塩津駅行きに乗車して・・・
東京への帰路についた次第ですヾ(・∀・)ノ

そうそう言い忘れておりましたが(^^ゞ

私は今回の京都滞在中には・・・
「京の冬の旅」スタンプラリーの「ちょっと一服券」を利用しつつ(・∀・)

「抹茶&京菓子」も、存分に堪能してきました!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚↓
18花ごころ0310
花園会館「花ごころ」にて 抹茶&京菓子

19本家八ツ橋八坂店
「本家八ツ橋 八坂店」にて 抹茶&八ツ橋 

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/03/12 Thu. 23:15    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

今回も良い旅、されましたね!
妙心寺 退蔵院のたたずまいもお庭もいいですね。
私も混雑したところは苦手なので、「有名観光スポット」はつい避けてしまいますが、人の少ない静かなお寺には心惹かれます。
「京の冬の旅」、来シーズンは行ってみたいです。

竜安寺は太古の昔、学生のころに一度だけ行きましたが、折悪しく何かの工事中で、油土塀にはビニールシートがかかっていて、がっかりしたことを思い出しました。

頂妙寺の拝観券の写真の背景は・・・

URL | パオロロッシ #-

2015/03/14 12:27 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。
「京の冬の旅」は、大変ユニークな催しだと思いますし・・・
「次回はどこの寺院が特別公開されることになるんだろう?」
と、私は毎年とても楽しみにしています!(^o^)
もっとも「本法寺」や「智積院」あたりは、「京の冬の旅」キャンペーン時でなくても、「通常拝観」が可能なようですから・・・
そういう寺院にはあえて今季に行く必要は、無かったかも知れませんね(^^ゞ
それから私は不勉強で、つい最近まで全く知りませんでしたが(^_^;)
京都では、「京の冬の旅」以外にも、季節ごとに・・・
「京の春の旅」「京の夏の旅」「京の秋の旅」というキャンペーンも存在していたんですね!

あと「頂妙寺拝観券」の背景の件ですが、私は大変ズボラでありまして・・・
それを一か月以上も、譜面台に放置したままだったんですねぇ(@_@)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/03/16 02:18 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード