ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

2/28(土)銀座三丁目「シェルマン」→銀座一丁目「アイブリュー」 2015.3.1 

昨日2月28日(土)午後、私にとってはおよそ5カ月ぶりに・・・
蓄音器&SPレコード専門店「シェルマン」にて、通常月末の土曜日に開催されている(^.^)
無料の「SPレコードコンサート」を聴きに、銀座3丁目まで足を運んできましたヽ(^。^)ノ↓

1シェルマン0228
蓄音器&SPレコード専門店 シェルマン

今回のコンサートでは「英HMV194」という蓄音器が、使用されたのですが(^o^)↓
2HMV1940228.jpg
英グラモフォン HMV194

3ターンテーブル0228
HMV194のターンテーブル部分

この「HMV194」というのは、英グラモフォンが手がけた蓄音器でして・・・
1925年以降に電気録音されたSPレコードの再生にも、十分な対応がなされた(^.^)
高級機のひとつなんですね。

この「HMV194」という蓄音器につきましては、私は今回初めて聴く機会を得ましたが・・・
この機種は「HMV203」や「HMV202」といった、最上位のものと比較すると、若干小型で(@_@)
音量も若干小さめではありましたが(@_@;)

音質自体はHMVの特徴が、はっきり表われていて・・・
非常に良好でしたね!ヾ(・∀・)ノ

また昨日のSPレコードコンサートは、「弦楽レコード特集」として行われましが・・・

今回はコンサートの進行に伴って、
コントラバス→チェロ→ヴィオラ→ヴァイオリン
と、だんだん楽器は小さくなっていき・・・
音は高くなっていったわけですねo(*'▽'*)/☆゚’

それでプログラムの詳細は、以下の通りだったのですが↓

セルゲイ・クーセヴィツキー(cb:1874-1951) w/P.ルボシュッツ(p)
1. ソナタ ト短調より”ラルゴ”(エックレス-クーセヴィツキー)

アレキサンダー・バルヤンスキー(Vc:1883-1946) w/オーケストラ
2. チェロ協奏曲ト短調よりサラバンド-ラルゴ(ヘンデル)

エマヌエル・フォイアマン(Vc:1902-42) w/G.ムーア(p)
3. コンツェルトシュテュックよりアンダンティーノ(ウェーバー)

ライオネル・ターティス(Va:1876-1975)
4. ジプシーの女(クライスラー)

P.セシアリ(Vn), M.ヴュー(Va), J.マルネフ(Vc) トリオ
5. セレナード ニ長調op.8より”アレグレット・アラ・ポラッカ”(ベートーヴェン)

クリングラー弦楽四重奏団
6. 弦楽四重奏曲第79番ニ長調Op.76-5より第二楽章「ラルゴ」(ハイドン)

ヤン・クーベリック(Vn:1880-1940)
7. パイジェルロの水車小屋の娘よりの主題による変奏曲(パガニーニ)

ヴァーサ・プシホダ(Vn:1900-60)
8. 歌の翼に(メンデルスゾーン)

ウジェーヌ・イザイ(Vn:1858-1931)
9. ウィーン奇想曲(クライスラー)

ポール・コール(Vn:1902-89) w/ゴトフロイ・アンドルフィ(p)
10. ロマンス第2番ヘ長調op.50(ベートーヴェン)

4クーセヴィツキー0228
最初にかけられたクーセヴィツキー(Cb)演奏による「エックレス:ソナタト短調第1楽章」のSPレコード

それから今回のコンサートでは2枚のSPレコードを除いて、全般的には・・・
「竹針」が使用されたわけですね(^o^)
――2枚の古いアコースティック録音のSPレコード再生時のみは・・・
「サボテン針」が使用されましたが(・。・;――

私は蓄音器でSPレコードを聴く際には、
「出来ることなら弦楽器のSPレコードについては、常に『竹針で』聴いてみたい」
と思っている、“竹針フリーク”な人間ですから( ゚∀゚)

今回久し振りに「竹針による」・・・
蓄音器&SPレコードの弦楽器の音を、存分に堪能出来て(*^。^*)
大いに満足出来ました!ヽ(^o^)丿

さて今回のSPレコードコンサートの中で、私にとっての白眉&目玉は、なんといっても・・・
イザイが録音した、「クライスラー:ウィーン奇想曲」のSPレコードだったんですね!↓
5イザイ0228
ウジェーヌ・イザイ(Vn)演奏 「クライスラー:ウィーン奇想曲」のSPレコード

正直に告白しますと、私はウジェーヌ・イザイにつきましては・・・
“ヴァイオリニストとして”また“作曲家として”、非常に尊敬の念を抱いておりますし(*´∀`)b

イザイが1924年に作曲した、「6つの無伴奏ヴァイオリンソナタ作品27」につきましても・・・
私は日々、練習&研究を積み重ねておりますし('∀`)

「自分が生存しているうちに『6つの無伴奏ヴァイオリンソナタ作品27』は、是が非でも録音を残したい」
とも、本気で思っているんですね。

しかしながら私は、イザイが演奏・録音した音源を「SPレコードで」聴いた経験は、これまで一度もありませんでしたから・・・
――もちろん「復刻CD」では、イザイの録音は何度も聴いた事がありましたが――

「今回は本来あるべき姿でイザイの演奏を体験できる、千載一遇のチャンス」
と、私は大いに期待を寄せていたわけですo(・∀・)o

そして今回初めて間近で聴くことが叶った、イザイのSPレコードですが・・・

これは抒情的でありながら、同時に強靭な意志を感じさせる、鬼気迫る演奏で(*´ `*)
まるでイザイ本人が、その場に蘇って私に訴えかけてきたようで(*・∀・*)

本当にイザイ本人の音&音楽が、存分に伝わってきて( ´∀`)
圧巻としか言いようが無かったですね!!ヽ(´▽`)ノ

それからコンサート最後にかけられた、ポール・コール演奏による・・・
「ベートーヴェン:ロマンス第2番へ長調作品50」も、素晴らしかったです!↓
6ポールコール0228
ポール・コール(Vn)演奏 「ベートーヴェン:ロマンス第2番へ長調作品50」のSPレコード

ヴァイオリニスト、ポール・コールにつきましては、私は今まで一度も彼の演奏を聴いたことも無かったどころか・・・
今まで彼の存在自体、私は全く知らなかったのですが(^_^;)

今回聴いた彼の演奏は、技術がしっかりしていただけでなく、音楽的には非常に内面的であり・・・
ベートーヴェンの音楽の本質をついていたように、私には感じられたんですね('∀`)

先日「阿佐ヶ谷ヴィオロン」で聴いたばかりの・・・
女流ジョコンダ・デ・ヴィートによる、外面的且つきらびやかな演奏よりも(^^ゞ

昨日聴いたポール・コールによる、同じ曲の演奏のほうが・・・
私はずっと好感を持った次第です!(^∀^*)

ところで今回のSPレコードコンサートには、当ブログの熱心な読者でおられる・・・
パオロロッシ様も、偶然聴きにいらしておられていたんですね(@_@)

それでコンサート終演後・・・
パオロロッシ様から私は、お誘いを受けまして(・∀・*)

私たちは銀座三丁目から北へ向かって、“銀ブラ”をしながら・・・
八重洲方面に向かって、15分ほど歩いて行きました。

そして銀座一丁目にある、「クラフトビアバル アイブリュー」という店に入店しまして(^.^)↓
7アイブリュー0228
クラフトビアバル アイブリュー

この店で私はパオロロッシ様から、クラフトビール&食事を・・・
ご馳走いただいた次第です\(^o^)/

さて「クラフトビアバル アイブリュー」は、私はこれまで一度も行ったことがありませんでしたし・・・
店の存在自体も、私は全く知りませんでしたが(^^ゞ

この店には、クラフトビールを樽生で提供するためのタップが・・・
10本備えつけられていたんですね。

それで昨日のビールのラインナップは、以下の通りでしたが(@_@)↓
8ビールラインナップ0228
2月28日のビールラインナップ

この↑ラインナップのなかから今回私たちは、以下のビールをいただきました(* ̄0 ̄*)ノ↓
9セゾン0228
湘南ビール(神奈川) セゾン アルコール度数5% 大410ml 690円(税込745円)

10オートミールスタウト0228
湘南ビール(神奈川) オートミールスタウト アルコール度数6% 大410ml 690円(税込745円)

11ピルスナー0228
日本海倶楽部(石川) ピルスナー アルコール度数5% 大410ml 690円(税込745円)

今回呑んだ「湘南ビール2種」は、両方ともフレッシュ且つハイレベルで・・・
「流石に湘南ビールが造るビールは、どれを取ってもレベルが高いなぁ」
と私は感嘆しましたし(^^♪

とくに「オートミールスタウト」は、非常にコクがあってまろやかで・・・
非常に美味しかったですね(ノ≧ڡ≦)

それから「日本海倶楽部」のビールは、私は今回初めて呑みましたが・・・
こちらも大変フレッシュ&フルーティーな味わいで、旨かったです(*^_^*)

料理の方は、以下の3種をいただきました(^.^)↓
12枝豆0228
ガーリック枝豆 480円(税抜)

13カキのマリネ0228
牡蠣のマリネ ゆず風味 680円(税抜)

14チキン&ジャガイモ0228
ジャークチキン&ジャガイモのロースト 1080円(税抜)

「枝豆」&「ジャークチキン」につきましては、「荻窪ターコイズ」の料理と・・・
ほぼ丸かぶりのようなチョイスとなりましたが(^^ゞ

「牡蠣のマリネ」につきましては、私が当ブログにおいて、常々・・・
“大の牡蠣好き”であることを、公言している事情により( ゚∀゚)

パオロロッシ様が気を利かせて、注文して下さったんですね<(_ _)>

ちなみに今年度は、深刻な「牡蠣不作」のようで(-_-;)
巷では痩せこけたカキばかりが、出回っているようですが(ーдー;)

それにもかかわらず、昨日いただいた牡蠣は・・・
大振りでプリプリしていて、クリーミー且つ濃厚で(*^^*)
たいそう美味でした!(ノ≧ڡ≦)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2015/03/01 Sun. 23:28    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

イザイの演奏、私は今回初めて聴きましたが、すごかったですね。
以前に奥村さんがブログで紹介して下さった小沼純一氏の「無伴奏」という本を先月に読みました。その中でイザイの生涯と「6つの無伴奏ヴァイオリンソナタ」のことが詳しく取り上げられていたので、聴いてみたくなって買っていたCDを、日曜日にやっと聴きました。6曲のどれも、非常に深いものが感じられる良い曲ですね。(私が生きているうちにぜひぜひ録音して下さいませ。)

クラフトビールのお店にお付き合いいただいてありがとうございました。すばらしい音楽の後に美味しいビールで、職場での一週間のストレスから回復できて楽しい土曜日でした(^^)

URL | パオロロッシ #-

2015/03/03 23:48 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。
今回シェルマンにて、イザイの録音をSPレコード&蓄音器で初めて聴けたのは・・・
私にとりましては本当に、得難い体験でしたし('∀`)
「イザイ:無伴奏ソナタ」を演奏する際、どのようにアプローチをしたら良いかも・・・
今回の体験により、少しだけ分かったような気がしましたね!(*´∀`)b

それから終演後に、クラフトビールの店にお誘いいただき、どうも有難うございました。

お土産で頂戴しました「雷電キャントストップIPA」の缶ビールも・・・
昨日自宅にて、美味しくいただきました<(_ _)>

奥村智洋

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/03/04 23:54 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード