ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

2/10(火)幡ヶ谷「グレムリン」にて“リアルエール”満喫(^.^) 2015.2.20 

え~今週の私は、大した仕事や出来事などが、全く無く(~_~;)
――ついでに「撮り鉄」をしに出かける予定も、全く無く(-_-;)――
まさに暇を持て余しているといった状況ですので(>_<)

今回は未だ触れていなかった先週の出来事について、書いてみたいと思います(^o^)

私はこれまでたびたび、当ブログでも触れておりました通り・・・
先月末1月31日(土)は藤沢にて開かれた、室内楽コンサートに出演しておりました('∀`)

それからちょうど10日後の出来事でありましたが・・・

当ブログの熱心な読者でおられるパオロロッシ様が・・・
コンサートで演奏し終わって、疲弊し切っていた私を、元気づけて下さるべく(^.^)

コンサート出演の慰労を兼ねた“お疲れ様会”を・・・
先週火曜日(2月10日)に、催して下さったんですね!(^o^)

その際彼女は私に・・・
食事&ビールを、ご馳走して下さったというわけです!ヽ(^o^)丿

さてその“お疲れ様会”の開催場所につきましては・・・
これは私のたっての希望により(#^.^#)

渋谷区幡ヶ谷にある・・・
「グレムリン」というクラフトビールの店にて、とり行われました(^.^)↓
1グレムリン0210
グレムリン

「グレムリン」は昨年11月にオープンしたばかりの、新しい店でありますが・・・

この店には、リアルエール専用のハンドポンプが・・・
なんと3本も、備え付けられているんですね!(@_@)↓
2ハンドポンプ0210
店内にあるリアルエール専用のハンドポンプ3本

ご承知のように「クラフトビール専門店」自体は、最近日本では、非常に増えつつあるわけですが・・・
「リアルエールが飲める店」は、国内では探してみても、それ程数多くはありません。

ですから「リアルエール専用のハンドポンプ」が3本もあるというのは、それ自体が・・・
大変稀少なことと言えるのではないでしょうか\(◎o◎)/!

「ハンドポンプから注がれる『リアルエール』を、ここでは3種類も常時味わうことが出来る」
というのが、何はさておき・・・
この店の最大の売りであると言えましょう!ヽ(^。^)ノ

私は「お疲れ様会」の開催直前に、
「今回は是非とも『グレムリン』に行って、『リアルエール』を味わってみたいと思うのですが」
と、パオロロッシ様に提案したところ、賛同を得まして( ゚∀゚)

それで今回の“お疲れ様会”は・・・
この「グレムリン」という店で、開催されることになったという次第です!ヾ(・∀・)ノ

ここで知らない方のために、一応簡単な引用をさせていただきますと(^^ゞ

「リアルエール」とは日本ではあまり馴染みがありませんが、これはイギリス発祥のビールの一種で・・・
「伝統的な原料から造られ、最終的に供される容器の中で二次発酵によりコンディショニングされ、外部からの炭酸ガスによらずに注がれるビール」
のことなんですね!

私は今年の正月に、代々木の「ウォータリングホール」にて・・・
ハンドポンプから注がれた「リアルエール」を、生まれて初めて呑むことが出来たのですが↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-421.html(2015年1月7日付記事)

その初めて呑んだリアルエールはまさに・・・
高級蓄音機で奏でられた、最良のSPレコードの如くヽ(*´∀`*)ノ.+゚

ビールの旨さが、隅々まで行き届いていて・・・
その旨さが細部に至るまで、繊細且つクリアに伝わってきてヾ(・∀・)ノ
本当にめっちゃ美味しくて、ビックリしてしまいましたし!o(*'▽'*)/☆゚’

「『リアルエール』とはなんと素晴らしいビールであろうか」
と、正直私は感服してしまった次第です!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

じつは私は「『リアルエールとして』販売されている缶ビール」につきましては・・・

以前にも国内産&イギリス産のものを、呑んだ経験があったのですが(^^ゞ

その「缶リアルエール」につきましては・・・
「まぁこれはそこそこの品質でしかないな」
という印象しか、私は持っておりませんでしたし(^_^;)

「缶リアルエール」と「ハンドポンプで注がれた『リアルな』リアルエール」は、まさに・・・
「似ても似つかない、全くの別物」
ではないかと、思ってしまったわけですね(@_@。

「往年のヴァイオリンの巨匠、クライスラーの名演奏は、『CD復刻版』で聴く代わりに、『蓄音機&SPレコード』で聴かなければ真価は全く理解出来ない」
というのと、全く同様に・・・

「リアルエールは『缶』で呑む代わりに、『ハンドポンプで注がれた生』を呑まなければ真価は全く分からない」
ということは、私はこの際・・・
とくに強調しておきたいと思いますね!!

さて私たちが「グレムリン」に行った2月10日の・・・
「リアルエール3種」&「樽生(普通のビール)3種」の内訳は、以下の通りでしたが↓
3樽生リスト0210
2月10日の「リアルエール3種」&「樽生3種」リスト

当然私たちはこの日は・・・
「リアルエールを味わう」
という目的で、「グレムリン」に入店したわけですからo(・∀・)o

まずはこの日店で用意されていた、3種類のリアルエールを・・・
順番に呑んでみることにしました(* ̄0 ̄*)ノ↓
4金鬼ペールエール0210
金鬼(北海道)ペールエール リアルエールバージョン アルコール分5% 大950円

5プレストンブラウンエール0210
プレストン(栃木)ブラウンエール リアルエールバージョン アルコール分4% 大950円

6箕面インペリアルスタウト0210
箕面ビール(大阪)インペリアルスタウト リアルエールバージョン アルコール分8.5% 大950円

いやぁ今回呑んだ3種のリアルエールは、どれも美味しかったですし・・・
全てが秀逸と思いましたが(*^_^*)

とくに箕面ビールの「インペリアルスタウト リアルエールバージョン」につきましては・・・

これはまさに、絶品と思いましたね!ヽ(´▽`)ノ

この箕面ビールのリアルエールは、重厚且つ気品があり(^∇^)
コクがあってまろやかで(*^▽^*)

まさにベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を連想させるような・・・
「ビールの王者」
と言えるような、素晴らしい味わいがしましたね!\(^o^)/

「この『箕面のリアルエール』はいつかまた、必ず呑んでみたい」
とは、私は心から思いました(*´∀`)b

さて「リアルエール3種」を、全て呑み尽くしてしまった私たちは(^^ゞ

国産の「樽生2種」につきましても、順番に呑んでみることにしました(* ̄0 ̄*)ノ↓
7SSSペールエール0210
金鬼(北海道) SSSペールエール アルコール分4.5% 大950円

「金鬼ビール」という銘柄は、リアルエールのほうも含めて、私は今回初めて呑みましたが・・・
非常にユニークで、レベルの高いビールと思いましたね!(*^_^*)

8柚子の香ペールエール0210
伊勢角屋麦酒 柚子の香ペールエール アルコール分5% 小650円

↑これは名前の通り、「柚子の香り」が非常に強調されていましたが・・・
「伊勢角屋麦酒」らしい上品且つ、雅やかな味わいのビールと思いました(^.^)

さて料理の方ですが、ここ「グレムリン」では・・・
概ねお手軽で、リーズナブルな価格のものばかりが、揃っていましたね(^o^)↓
9フードメニュー0210
2月10日のフードメニュー

↑このなかから私たちが食したのは、以下のものでしたが↓
10ナッツ0210
ナッツ 300円

11ポテトサラダ0210
ポテトサラダ 500円

12ポークリエット0210
ポークリエット 500円

13鹿肉0210
肉 650円

14お好み焼き0210
お好み焼き 650円

↑このうち下から2番目の、「肉」という料理につきましては・・・
メニューを見ただけでは、皆目見当がつきませんでしたし(・。・;

一体どういった料理が出てくるのかは、非常に興味深かったですねぇ(^_^;)

「『肉』っていうのは、一体何なんだろうか?!まさか『キン肉マン』みたいな超人が出てくることは無いだろうけど」
などと、私は訝しく思っておりましたが(・.・;)

実際に出てきたのは、「鹿肉のタタキ」だったんですね ε=(´ `*)ホッ

この鹿肉は、新鮮でなお且つ臭みが全く無くて・・・
とても美味しかったです(ノ≧ڡ≦)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/02/20 Fri. 23:21    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

「箕面ビールインペリアルスタウト リアルエール」美味しかったですね!
良いお店を選んで下さってありがとうございました。
後でお店のフェイスブックを見てみたら、このビールのリアルエールは私たちが行った日が最後だったようで、本当にラッキーだったようです。

混んでなくてありがたかったですが、色んなリアルエールの飲める貴重なお店を応援するためにも、また行ってみたいですね。

URL | パオロロッシ #-

2015/02/22 22:55 * 編集 *

パオロロッシ様

その節は「グレムリン」にて、美味しいビールを沢山ご馳走いただき・・・
楽しい一時を過ごさせていただき、誠に有難うございました<(_ _)>
「グレムリン」はリアルエール用ハンドポンプが3本もあるというのが、最大の「売り」であることは、まず間違いないでしょうが・・・
店の雰囲気&店主の人柄も、本当に素敵な店でしたね!

ところで大阪には箕面ビール直営店「ビアベリー」が、2店舗現存するようですが・・・
――「ビアベリー江戸堀店」は、先月閉店してしまったようですが('・_・`)――
両店舗とも「箕面のリアルエール」を3種類ほど、常時提供しているようなんですね!

いつか「青春18きっぷ」利用で、大阪まで足を延ばして(^^ゞ
「ビアベリー」にて、「箕面のリアルエール」を再び味わってみたいと思っています!

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/02/23 22:32 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード