ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

1月9日(金)伊勢神宮に初詣(^.^)~後編~ 2014.1.13 

前回からの続きです(^.^)

1月8日(木)夜は、「びやぐら」で飲食をした後、JR参宮線の最終上り列車に乗って・・・
五十鈴ヶ丘駅から3駅多気方面へと戻り、宮前駅で下車しました。

その後JR宮前駅から徒歩20分ほどの場所にある、インターネットカフェ「自遊空間」へと向かい・・・
そこで一夜を過ごしました。

そして翌日(1月9日金)朝、そのインターネットカフェを出立して、大通りを東に4キロほど・・・
伊勢神宮方面へと歩いて行ったわけですね!(^o^)

いやぁ私は伊勢神宮に参拝するのは、自分の人生でこの日が初めてでしたから・・・
「これで自分は、“日本人としての務め”をようやく果たすことが出来るぞ!!」
と、この日は朝からずっと、興奮冷めやらぬ状態でしたし (*゚∀゚)=3ハァハァ

伊勢神宮に向かって歩いている最中も、ずっと・・・
ドキドキが止まりませんでしたねぇo(*・ロ・*)oドキドキ

ちなみに伊勢神宮に参拝されたことがある方には、今更説明するまでもありませんが(^^ゞ

伊勢神宮は内宮(ないくう)と外宮(げくう)の2つに、大きく分かれておりまして・・・
――この2つは、距離が4キロほど離れているのですが(^^ゞ――

「お伊勢参り」とは通常、この内宮と外宮の両方を回ることを指しているわけです。

そして参拝の順序は、外宮から内宮へ回るのが・・・
古来からの「正式な」習わしとされているんですね!↓
1パンフレット0109

そこで当然私も、まずは内宮ではなく・・・
外宮を目指して、歩いて行った次第です(^.^)

さて私は1月9日の午前9時半頃、外宮の「北御門口」に辿り着きましたヽ(^o^)丿↓
2外宮北御門0109
外宮 北御門口

この写真↑の橋の向こう側が、神(豊受大御神)がおわす・・・
「聖なる場所」なんですね!

いやぁ本来であれば、この↑北御門口ではなく・・・
「表参道」から入って、お参りするべきであったかも知れません(^^ゞ

ですが私はその事を良く知らなかったため・・・
「北御門口」から入って行ってしまった次第ですが(^_^;)

この参道は表参道と比較すると、人がまばらでして(^o^)
静寂さに満ち溢れていて、本当に素晴らしかったですね!\(^o^)/ ↓
3北御門鳥居0109
北御門鳥居

それでこのような↑、人が一人も写り込んでいない・・・
満足ゆく写真を撮ることも出来ましたし!ヽ(´▽`)ノ

・・・前回の記事でも、同じようなことを書きましたが(^^ゞ・・・
「この地の神社には、日本の重要な神々がおわすだけあって、他の地域の神社とはオーラや空気感が全然違って、本当に神々しい場所なんだなぁ」
ということは、まざまざと実感出来ましたね!(*^_^*)

さて私は外宮においては、当然まず真っ先に「正宮」に行き、お参りをしましたが↓
4外宮正宮0109
外宮 正宮

ご正宮は(内宮でも外宮でも)日頃のご加護に対する、感謝を神様に伝える場所だそうで・・・
個人的なお願いごとは、控えなければならないようなんですね。

それで個人的なお願いごとは、外宮・内宮とも・・・
それぞれの「第一の別宮」で行うのが、ならわしのようでしたので(^.^)

私は正宮に行った後、当然外宮の第一の別宮「多賀宮」にも向かいまして↓
5外宮多賀宮0109
外宮 多賀宮

↑ここで「個人的なお願いごと」をした次第です(*^_^*)
・・・今回ここで何をお願いしたかは、内緒ですが♪・・・

さて私は外宮でお参りした後、門前のバス停からバスに15分ほど乗って、内宮へと向かいました。
そして内宮への表玄関である、宇治橋のたもとに辿り着きましたヽ(^。^)ノ↓
6内宮宇治橋0109
内宮への入り口 宇治橋の手前

↑ここはまさに、伊勢神宮を象徴するような場所でして・・・
この場所をポスターなどでご覧になられた方も、大勢おられるとは思います(^.^)

いやぁここは本当にたいそう美しく、且つおごそかな場所でしたねぇヽ(*´∀`*)ノ.+゚
まさに「神々しい」という言葉が、ぴったりでした!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
7五十鈴川0109
五十鈴川

↑この写真は、宇治橋の上から撮影したものですが(^.^)
写真の左側が、神(天照大御神)がおわす・・・
「聖なる場所」なんですね!

8御手洗場0109
御手洗場

↑ここは五十鈴川の畔にある、御手洗場です。

ここで手を清めるだけではなく、身も心も清めてから(^.^)
参道沿いに正宮へと向かうのが、正式な作法なのですね(^o^)

さて私は内宮においても、当然まず真っ先に「正宮」に行き、お参りをしましたが↓
9内宮正宮0109
内宮 正宮

ご正宮はここ内宮においても、日頃のご加護に対する、感謝を神様に伝える場所だそうで・・・
個人的なお願いごとは、控えなければならないようなんですね。

それで個人的なお願いごとは、ここでも・・・
「第一の別宮(ここでは荒祭宮)」で行うのが、ならわしのようでしたので(^.^)

私は正宮に行った後、当然内宮の第一の別宮「荒祭宮」にも向かいまして↓
10内宮荒祭宮0109
内宮 荒祭宮

↑ここで「個人的なお願いごと」をした次第です(*^_^*)
・・・今回ここで何をお願いしたかは、内緒ですが♪・・・

さて私は今回、「お伊勢参り」で外宮・内宮を回ることが出来て、それでもう十分満足しましたが・・・
その時点では、まだ充分時間があったため(^o^)

内宮から徒歩15分ほどの場所にある・・・
「猿田彦神社」にも、お参りに行くことに決めましたヾ(・∀・)ノ↓
11猿田彦神社0109
猿田彦神社

ちなみに「猿田彦神社」は、「みちひらきの神様」として知られておりまして(^o^)
何か新しいことを始めようとするときにお参りすると、御利益があるそうなんですね(*^_^*)

それで私は最近・・・
――職場でモンスター●●●●●たちから理不尽な突き上げを食らうのにも、疲れ果てましたし(~_~)
2チャンネルで「奥村は下手糞な上にブサイクだ」などと言われるのも、もうウンザリなので(~o~)――

そろそろヴァイオリンは引退することにして、「編曲家」にでも転職しようかと(*_*)
考えを巡らしていた最中だったんですね(;^ω^A

それで私はこの日、「猿田彦神社」に参拝出来ることを、
「自分が転職する上での、千載一遇の好機」
として捉えたわけです!( ゚∀゚)

しかしながら実際に、「猿田彦神社」にて参拝した後・・・
今年の運勢を占うべく、この神社にておみくじを引いてみたのですが(^^ゞ

その「おみくじ」は私にとりましては、大変残念な結果だったんですねぇ(ーдー;)

その「おみくじ」には、次のように書かれておりまして《(;´Д`)》↓

「末吉 何事も進んですることはいけません 心静かに諸事控えめにしてこれまでの職業を守り 身を慎んで勉強なさい そのうちに悪い運気去って 幸福の時が来ます」

これ↑を読み終えた私は、
「『おみちびきの神様』がこう仰っておられるわけだから、もう自分は今後これまで通りヴァイオリニストを続けるしかないし、職場の非常勤講師も我慢してやり続ける他ないな」
と、転職はきっぱり諦める決断をするよりありませんでしたorz

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/01/13 Tue. 23:02    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

遠路はるばるのお参り、お疲れ様でした。
伊勢神宮は一度だけ、小学校の修学旅行で行きました。(当時の大阪の小学校の多くでは伊勢神宮と夫婦岩のある二見が浦が修学旅行のコースでした。)
良く憶えているのはお土産に赤福餅と生姜糖を買って帰ったことで(笑)、伊勢神宮自体は外宮、内宮と回ったことと、杉並木みたいなのがあったことぐらいしか記憶にないのですが、改めて写真を拝見すると、おごそかな雰囲気が伝わって来ますね。
「北御門鳥居」の参道の写真に本当に心惹かれます。

>ご正宮は(内宮でも外宮でも)日頃のご加護に対する、感謝を神様に伝える場所だそうで・・・、個人的なお願いごとは、控えなければならないようなんですね。

そうなんですね。私はこれまで神社やお寺ではお願いばかりしていましたが、まずは日頃のご加護への感謝をお伝えしないといけないんですね。

そして、おみくじは神様が「幸福の時が来ます。」とおっしゃっているのだから良い運勢ですよね。神様ははるばるお参りに来られた奥村さんに幸福を授けて下さって、モンスター●●●●●や、音楽など全然分かってなくてひどいことを書いたヒトたちに罰をお与え下さるにちがいありません。

URL | パオロロッシ #-

2015/01/15 00:59 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。

大阪から伊勢は、近鉄特急一本でも行けますし、近いとはいえ・・・
小学校の修学旅行で行かれたとは、羨ましいですね!
私は今、伊勢の神々の御加護を、初めて得られたからかは分かりませんが(^^ゞ
以前とは打って変わって、身も心も充実して過ごしております(^o^)
赤福餅は私も今回はじめて食べましたが、非常に美味しかったですね!

普通の神社では、自分のお願いばかりしたとしても、全く問題は無いとは思いますよ。

何しろ伊勢神宮は日本国や天皇をお守りしている、特別な神社ですし・・・
ご正宮には(普通の神社とは違って)賽銭箱なども一切置かれておりませんから(@_@;)
そこでは「個人的なお願い」はするべきではない、ということでしょう。
それから「おみくじ」は宝くじとは違いますから・・・
もし「大吉」を引いても、大喜びするべきではないようですし(^^ゞ
もし「凶」を引いても、それほど悲観する必要はないようなんですね。
ですが数年前に、私は自分の人生で初めて、とある神社で「凶」を引いたことがありましたが・・・
そのときは、たいそう凹んでしまいましたねぇ(苦笑)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2015/01/16 00:23 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード