ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

10/4(土)東高円寺「とんき」→「セシオン杉並」で仕事→「ビアカフェ萬感」 2014.10.6 

一昨日10月4日(土)は、午後から夜にかけて・・・
地下鉄丸ノ内線東高円寺駅近くの場所にて、長時間仕事をしておりました。

それを踏まえて、
「どうせ東高円寺に仕事で行くのであれば、その前に現地でランチを摂ることにしようか」
と私は考えたわけです(^.^)

そして
「東高円寺でランチを食べるとすれば、トンカツ以外は全く思い浮ばないな」
ということで、こちらの店に入ることになりました(^o^)↓
1とんかつとんき1004
とんかつとんき、目黒とんき東高円寺支店

「とんかつとんき」とは、言わずと知れた、目黒にある有名とんかつ店でして・・・
ここ東高円寺の店は、その支店なんですね。

この「とんきの支店」はもともと十数年くらい前までは、JR高円寺駅北口にありましたが・・・

じつは私は20年くらい前、アメリカに在住していた頃には、日本に一時帰国するたびに・・・
その高円寺支店には良く通って、とんかつを食べていたんですね!

その頃の「とんき」高円寺支店は、大将も若くて、職人として脂が乗り切っていて・・・
――じつは私もその頃は若くて髪の毛フサフサで、今よりかは女性にもモテたわけですが(^^ゞ――
この店のとんかつは、本当にものすごいレベルだったんですねヽ(^o^)丿

正直に言いますと、その頃は「とんき目黒本店」よりも「とんき高円寺支店」の方が・・・
はるかにレベルの高いとんかつだったと記憶していますし(^o^)

高円寺で「とんきのとんかつ」を食す度に、
「あぁなんて美味しい、素晴らしいとんかつなんだろう」
と私は毎度毎度、感嘆の声をあげていた次第です(*^_^*)

その後東高円寺に店が移転してからは、私はほとんどこの店には行かなくなってしまいましたが(^^ゞ
「今回は久し振りに、ここで『とんきのとんかつ』を食すことしてみるか」
と一念発起をして(^.^)
一昨日私は、東高円寺の「とんき」に入店した次第です。

そして店に入った私は、以前と同じように・・・
「ロースカツ定食(1,800円)」を注文しました↓
2ロースカツ1004
ロースカツ

3ご飯1004
御飯

4とん汁1004
豚汁

5小鉢1004
小鉢(ポテトサラダを選択)

↑写真を見てお分かりかと思いますが、「とんきのとんかつ」は・・・
揚げ方もカットの仕方も、独特なんですよね(^.^)

久し振りにこの店で、「とんきのとんかつ」を食した私は・・・
懐かしさがこみ上げてきました!

正直に言いますと、とんかつのレベル自体は・・・
以前と比較すると、若干落ちたような気がしましたが(^^ゞ

「御飯」&「豚汁」については、以前と変わらず美味しかったですし(*^_^*)
何よりも大将の元気な姿を見ることが出来て、嬉しく思いました(^o^)

さて「とんき」でとんかつを食し終わった私は、店を出て5分ほど歩いて・・・
一昨日の仕事場である、「セシオン杉並」に向かいました↓
6セシオン杉並1004
セシオン杉並 ホール入口

7ホール内部1004
ホール内部

私はここで、14時から20時半過ぎまで仕事をしていたわけですね。

ただここの会場は一見すると、「コンサートホール」のように見えるかも知れませんが(^^ゞ
――実際にこの会場が「コンサートホール」であるのは、紛れもない事実ですが(^^ゞ――

この日私はここで、演奏をしたわけでもありませんし(・o・)
楽器を持って会場に向かったわけでもありませんでした(・.・;)

その仕事の内容が、一体何だったのかと言いますと・・・

――それは先日8月18日に行った仕事と全く同じ内容でしたが(^^ゞ↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-385.html(8月23日記事参照)――

「人の演奏を聴きながら、その演奏について終始鉛筆でコメントを書き続ける」
というものでした(^^;)

ちなみに私にとっては
「長時間にわたって、鉛筆で文字をカキカキし続ける」
というのは、まさに「肉体労働」のようなものでしたし(・。・;

「何とか相手に伝わりやすい、良い言い回しを考えながら、文章を書かなければならない」
という意味では、頭も相当使いましたし(・_・;)

本当にやり慣れていない仕事をし続けた結果・・・
精根尽き果ててしまいました(-_-;)

いやぁ私は(2chに書かれている通り)容姿も悪い上(>_<)
20年前と違って、髪の毛も抜け落ちてハゲてしまいましたし(T_T)
社交性にも乏しいため・・・
もはや演奏家としてはやっていけないのが現実のようですし(~o~)

今は「秋休み」ということで・・・
職場からの収入は、一切途絶えてしまっておりますから(^^ゞ

ときにはこのような「アルバイト」のようなことも、やっていく他ないんですねぇ(~_~;)

さてその日の仕事は、予定通り20時半過ぎに無事終了しました。

仕事が終わると、私はすぐにそこから20分ほど、JR高円寺駅方面に向かって歩いて行きました。
環七通りから青梅街道を西に向かい、新高円寺駅を過ぎたあたりで・・・
「新高円寺通商店街(ルック商店街)」に入り、そのまま「高円寺パル商店街」を突き抜けて行ったわけですね。

――私は生まれてから高校を卒業するまでは、一応「杉並区民」だったため・・・
このあたりの地理は「勝手知ったる我が家の庭」で良く把握しているんですね(*^_^*)――

そして高円寺駅南口に位置する、クラフトビールの店・・・
「ビアカフェ 萬感」へと入店しましたヽ(^。^)ノ↓
8ビアカフェ萬感1004
ビアカフェ 萬感

「ビアカフェ 萬感」に入店するのは、一昨日が2度目でしたが・・・

ともあれこの日は
「今日は6時間以上も慣れない環境で仕事をして、2万円程度は稼げた筈だから、自分への御褒美の意味も込めて、自腹でビールを呑むことにしようか」
と思い立ちまして(^.^)

仕事場から真っすぐに・・・
高円寺駅南口にある「ビアカフェ 萬感」へと向かった次第です(^o^)

そしてこの店は、ラストオーダーが24時半ということでしたので・・・
21時過ぎに入店した私は、余裕を持って飲食することが出来たわけですねヽ(^o^)丿

この店では私は、以下の2種類の「クラフトビール」を注文しました(^.^)↓
9トリプルホップIPA1004
伊勢角屋麦酒(三重) トリプルホップIPA 475ml 1,100円

10ザ・ダークホース1004
ベルビア(埼玉) ザ・ダークホース 475ml 1,100円

一杯目の「伊勢角屋麦酒」の「トリプルホップIPA」も、大変美味しかったのですが・・・
二杯目に呑んだ「ベルビア」の「ザ・ダークホース」は、本当に絶品で、感動しましたね!

「ザ・ダークホース」は苦味のなかにも甘みやコクが備わっていましたし(^.^)
バランスも絶妙で(^o^)
「日本でもこれ程美味しい黒ビールが造られるまでになったのか!」
と心底感嘆してしまいました(*^_^*)

私にとってはこのビールはまさに、「ダークホース」でしたね!ヽ(´▽`)ノ

食事の方は、今回は以下の3品をいただきました↓
11お通し1004
お通し(すごくちっちゃなピザ) 300円

12ミックスナッツ1004
ミックスナッツ 300円

13かぼちゃサラダ1004
かぼちゃサラダ 350円

この↑3品のラインナップを見て、
「奥村さんはいつの間に、『小食女子』もしくは『草食動物』みたいな食生活をするように変貌してしまったのか?!」
とビックリされる読者もおられるかも知れませんが(・。・;

じつは19時過ぎに仕事場(セシオン杉並)にて、夕食として、結構なボリュームのお弁当が出されて・・・
私はそれを食した直後だったんですね。

「ビアカフェ 萬感」に入店した時点では、私はすでに満腹になっていたため・・・
食事はごく少量のみ、オーダーすることにした次第です(*´∀`)b

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/10/06 Mon. 23:17    TB: --    CM: 4

この記事に対するコメント

コンクールバイト

同コンクールに同日、宅の息子も場所は違いますが、参加しておりました。演奏ではなく、受付案内係です(*^.^*)
しかも朝9時半から夜10時半まで。片道一時間。
もちヴァイオリンの練習はできませんで、へろへろになってかえって参りました。
時給1000円じゃ安すぎる~!と泣きをこぼしていましたが。学生には良いバイトです。

ちなみに朝御飯はトーストに目玉焼き。昼食は事務局持ちの仕出し弁当。晩は駅のうどん。
一食1000円以上の食事を頂けるのはまだまだ先のようです。

URL | みー #-

2014/10/08 12:26 * 編集 *

お仕事本当にお疲れ様でした。
他の人の演奏の講評は大変そうですね。技術的なことだけではなく音楽的なことに関して読む人に意図が伝わるように(しかも短時間で)言葉に書き表わすというのはとても難しそうな気がします。
「ナッテナイヨ」と言いたくなるようなのは・・・・、ないといいですよね・・・。

奥村さんの3枚のCD、とりわけバッハは私の宝物です。すばらしい演奏をされる方が評価されるのにはルックス(奥村さんはお世辞じゃなくすてきですが)も社交性も関係ないはずなのに、今の日本の音楽界がそうでないのは全く納得できないことです。
文字通りの微力でしかありませんが、応援していますね。

話は変わって、とんかつもビールも美味しそうですね。伊勢角屋のトリプルホップIPAは私も先月飲みましたが、おいしいですね。ベルビアのザ・ダークホース、めもめも。

私は昨日、仕事帰りに下北沢で用事があったついでに、「自分へのご褒美シリーズ第二弾」(笑)で、駅近のクラフトビールのお店(Uで始まる名前です)に行って来ました。念願の「COEDOパラドキシカルIPA」を飲むことができました(^^)
ただ、このお店はビールの種類が多くて、お料理もとても美味しかったのですが、ビールのお値段がハーフが750円~900円、500 mlが1500円もしてちょっとびっくり。(お店のサイトには値段は書いてありませんでした。)「2回目はちょっと・・・」と思ってしまいました。

URL | パオロロッシ #-

2014/10/09 01:29 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。
今回は“手抜き工事”をして、以前の文章をコピペして記事を作成してしまいましたが(^^ゞ

じつは今回の仕事は(8月18日もそうでしたが)コンクールということで、講評だけでなく・・・
点数も出して、講評用紙にそれを記入しなければならなかっんですね。
それで前回はそうでも無かったのですが、今回は4人の審査員のなかでは、全体的に私が一番辛めの評価を下していたため・・・
4人中自分が最低点を記入したケースも、多々あったんですね(^_^;)
それで今回演奏した人達からは、私は相当恨まれたかも知れません((((;゚Д゚))))

私は以前にも、当ブログで書いた事がありますが・・・
今の世の中は、資本主義&商業主義に骨の髄まで浸かってしまっていますから・・・
音楽家として成功出来るかどうかは、「演奏云々」「実力云々」では全くあり得ないんですね。
もし私が何らかの理由で話題性があって(ルックスがジャニーズ系だとか、誰かやんごとなき人の子孫だとか、何か刑事事件を起こしたとかetc)、私を使って商売が出来るとプロモーターたちが判断をすれば・・・
私はマネジメントから引っ張り凧になり、コンサートの舞台も沢山与えられるでしょう。

まぁ私自身はそのような売り出し方をされて、もし売れたとしても、全然嬉しくもありませんが(-_-;)

下北沢の「U」は、たいそう強気の値段設定ですねぇ!(+_+)
まぁ料理が特別美味しいとか、ビールの種類が豊富とか、ビールの注ぎ方が絶妙とかetc
店に何らかの魅力があって、ファンが沢山ついていて、商売が成り立っているのであれば・・・
強気の値段で勝負していても、何の問題も無いとは思うんですけどね(^^ゞ
(まぁ私自身は、そんなに値段の高い店は、絶対にパスしますが(^^ゞ)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2014/10/10 02:28 * 編集 *

Re: コンクールバイト

コメント有難うございました。
息子さんも同日、別の会場でアルバイトをされていたんですね!
私は後半、中学生の部から後半だけ審査すれば良かったので、まだ楽でしたが・・・
受付案内係はまる一日やらなければならないので、大変ですよね!
とくに幼児や小学生の場合は、「舞台に出たくない~」とか言って・・・
泣き叫んだりダダをこねたりする子も、たまにいるようですし(^_^;)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2014/10/10 08:19 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード