ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

人生初山中湖 前篇 2014.8.5 

前回8/3の記事とは、話の順番が逆になってしまいましたが<(_ _)>

私は7月31日(木)に、私の職場の同僚チェロのM先生に頼み込んで・・・
彼の車に同乗させていただき(^o^)
山梨県・山中湖方面へと出かけて行きました。

チェロのM先生は、当ブログでもたびたび登場していますが・・・(^^ゞ

彼は私のような世捨て人とは、全然正反対の人生を送られているんですね!

M先生にはちゃんと、奥さん&子供2人もおられますし(^.^)
彼は仕事も毎日お忙しく、きちんとされていらっしゃいます!

それどころか、とくに彼の出身地の長野県北部(北信)のほうでは・・・
彼は“マエストロ”として、周りから崇拝されていまして\(◎o◎)/!

彼は指揮者&ソリストとしても、大変活躍をされておられるんですね!ヽ(^o^)丿

彼はご自身でも、
「自分にとっては一昨年は“指揮者の年”、そして昨年は“ソリストの年”だった」
などと、御大層なことをのたまっておられましたが・・・\(◎o◎)/!

ちなみに今年は彼にとっては、一体どんな年なのでしょうかねぇ(*^_^*)
もしかして“子作りの年”とか(^.^)
♪ムフフッ

ただ彼は苗字に「M」がつくくらいでして(^^ゞ
私が困惑してしまうくらい、非常に“マゾ気質”が強い方なんですね。

それで7月30日は、M先生は私たちの職場最寄りの、駅のロータリーそばにあるスタバを・・・
待ち合わせ場所として、指定してこられたわけですが(・.・;)

私にとっては職場というのは、元校長やモンスター●●●●●たちから、散々いじめを受けて・・・
もう少しで辞職させられそうになったという、屈辱的な忌まわしき場所ですから(-_-;)

・・・ちなみに私は元校長に提出する「始末書」を、M先生に代筆いただき、それによって辞職は免れたわけですが・・・

夏休みの間くらいは、職場の駅なんぞには・・・
正直寄り着きたくもないんですね(~o~)

それをご存じの筈のM先生が、敢えて待ち合わせ場所にここを選んだのは、
「奥村先生は自分と同じくM気質だから、ここを待ち合わせ場所にしたら、悶絶するほど喜ばれるに違いない」
などと熟考された上でのことなのだと、私は思いますね\(◎o◎)/!

・・・私はM先生と違い、決してマゾではありませんが(^^ゞ・・・

そして私は待ち合わせ時間の正午の5分前には、現地に到着していましたが・・・
M先生は時間を過ぎても、一向にやって来ませんでした(・.・;)

私は長時間待たされ続け、真夏の灼熱の太陽をさんざん浴びる羽目になり(~o~)
黒焦げになって焼け死ぬかと思いましたが(~_~;)
(||゚Д゚)ヒィィィ!

M先生は15分ほど遅れて、ようやく私の前に現れました。

これだけ遅刻して現地に来られたことも、恐らくはわざとで(^_^;)
「奥村先生は自分と同じくM体質で、ローソクに焼かれるのも太陽に焼かれるのも同じようなものだから、悶絶するほど喜ばれるに違いない」
というM先生なりのサービスだったのであろうと、私は推察します\(◎o◎)/!

・・・繰り返しますが私はM先生と違い、決してマゾではありませんが(^^ゞ・・・

さて私を乗せたM先生…いやM大明神様の車は、快調に中央高速を走り抜けまして・・・

河口湖で高速を降りて、そこから一般道に入っていったんですね。

私自身は河口湖&富士吉田は、「富士急行」という私鉄の“乗り鉄”も兼ねまして(^^ゞ

何度か行ったことがありましたが・・・

富士山が世界遺産に登録されてからは、私はここに来るのは初めてだったんですね!

「世界遺産という“箔”がついただけで、バカな日本人はわんさか押し掛けるから、霊験あらたかなこの場所も、原宿みたく俗っぽくなってしまったのではないか?!」
と私は大いに危惧していましたが(^^ゞ

幸いここは今のところはまだ、古き良き・・・
日本の田舎町の風情が、のこされていたんですね(^o^)

私たちはここで、M大明神が良く行かれているという・・・
「白須屋」という、“吉田うどん”の店に入って、遅めの昼食を摂りました↓
1白須家0731
白須屋

↑この店は看板なども一切出ていませんし、大家族が住むような一般の民家にしか見えませんでしたが・・・
…私は決して一般民家を盗撮するような、犯罪行為をしたわけではありませんが(^^ゞ…

ここは「食べログ」でも相当な高得点が出ている、有名店のようで(^.^)
中へ入ると、大勢の客で賑わっていたんですね(*^_^*)

この店のメニューは、「温かいうどん(かけうどん)」と・・・
「冷たいうどん(つけうどん)」の2種類しかありませんでした。

この日は暑かったため・・・
――そして私は駅近くのスタバで待ちくたびれ、危うく黒焦げになりそうだったため(^_^;)――

私たちは「冷たいうどん」の方を注文しました↓
2冷たいうどん0731
冷たいうどん 400円

いやぁ私は「吉田うどん」というものを食すのは、人生初めてでしたが・・・
これは素朴でコシがあって、美味しいうどんでしたねぇ(*^_^*)

辛みが効いた薬味も、うどん汁と良くマッチして、秀逸でしたヽ(^o^)丿

「さすがM大明神は、良い店をたくさんご存じだなぁ」
と私は感心してしまいましたね!(^o^)

さて昼食を摂った後、私たちは車に再び乗り・・・
山中湖方面を目指しました。

そして私はとうとう山中湖に、初めて辿り着くことが出来ました\(^o^)/↓
3山中湖0731
山中湖

先程も書いた通り、私は河口湖&富士吉田には、以前行ったことがありましたが・・・

(そして忍野八海&白糸の滝にも、私が小学生の時に修学旅行で行きましたが)

山中湖には自分の人生ではこれまで・・・
ただの一度も、行ったことがありませんでした。

いやぁ私が初めて目の当たりにした、山中湖の情景は・・・
河口湖ほど大ホテルが乱立しておらず、俗っぽくも無かったですし(^o^)
静寂さも備わっていましたしヽ(^o^)丿

ここはたいそう美しい景色でしたねぇ!(*^_^*)

ただあいにく、私たちは「山中湖観光」をしに・・・
ここまでやって来たわけではありませんでした。

そのため残念ながら・・・
M大明神は一切車を山中湖畔に停車することなく('_')
そのまま通り過ぎてしまったんですね(T_T)

私たちの車は、山中湖畔から離れ、山の中へと入って行き・・・
当初の目的通り、I氏の工房を目指して、車は進んで行ったという次第です。

・・・人生初山中湖 後篇へとつづく・・・

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2014/08/05 Tue. 23:53    TB: --    CM: 3

この記事に対するコメント

山中湖の写真、涼しそうでいいですね。
かつて山梨に住んでいた時、山中湖。河口湖を始めとする富士五湖には何度か行きました。
確かに、河口湖はちょっと俗っぽくて、山中湖の方がきれいですね。個人的には富士五湖の中では西湖がいちばん好きです。小さな湖ですが、森に囲まれて、人も少なく本当に静かです。

職場での御苦労、御察しいたします。友人(ビール工場見学に一緒に行った人)が小学校の先生ですが、彼女もモンスター●●●●●には苦労させられたことがあるそうです。
特に最近は何でもかんでも学校や先生のせいにされるらしく、大変ですよね。
音楽とは無縁のことで苦しめられるのは本当につらいですね。
現在は平穏であることを願っております。

私事で恐縮ですが、私も来週一週間は職場が夏休みです。派遣社員にとっては「休みの日が多い」イコール「もらえるおカネが減る」ということでもあるのですが(苦笑)、「大嫌いな満員電車に乗らなくていい!どうも好きになれないお台場(職場のあるところ)に行かなくていい!ストレスフルな職場に行かなくていい!」ということで、今から舞い上がっています(笑)。

「後編」も楽しみにしています。

URL | パオロロッシ #-

2014/08/07 00:15 * 編集 *

パオロロッシ様

コメント有難うございました。
ご承知の通り学校教育の現場は、私が子供の頃とは大きく変質してしまいました。
いまや学校教師などは何の権威も持っておりませんし・・・
ただサービス業の一環みたいなものなんですね(~o~)
ですから今の学校教師は他のサービス業の方々と同じく・・・
理不尽な罵声やクレームを、お客(生徒&親)から浴びる羽目になってしまうわけです(~_~)
現在ではよほど“M気質”でない限りは、教員などは勤まらないでしょうねぇ(苦笑)

西湖は私は行ったことがありませんでしたが、パオロロッシ様のコメントを読んで、是非行ってみたくなりました!
それから来週は是非有意義な休暇を過ごされますよう、心よりお祈りしております。

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2014/08/09 00:59 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2014/08/09 23:24 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード