ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

西国立の自家醸造地ビール店「ファクトリーカミカゼ」2014.7.17 

一昨日(7月15日火)私は職場で実施された、弦楽器科の実技試験というものに・・・

試験官として朝から出席していました。

実技試験は職場で普段行っている個人レッスンとは、大分様相が異なりまして(^^ゞ

自分の受け持ちでは無い生徒が演奏している分には、単にその演奏を聴きながら採点して・・・
その点数を用紙に記入していけば良いわけですから(^.^)

これは普段のレッスンと比べると・・・
比較的楽な仕事と言うことも出来るかも知れません。

ただ自分の受け持っている生徒に順番がまわって、その子が弾いている間に限っては・・・

「ちゃんと無事に最後まで弾き切ってくれればいいけど、大丈夫かなぁ」
と私自身が弾いているかの如くドキドキしてしまいますし(^_^;)
自分も一緒にジェットコースターに乗って、乱高下しているような気持ちになってしまうんですね。

特に暗譜が苦手で、ごく初歩的で簡単なエチュードにも関わらず(~o~)
その曲を最後まで弾き通せなかった子のときには、私も責任を感じてしまい・・・

まるでゼロ戦の特攻機で無謀な突撃をして、敵艦から機銃掃射を浴びせられた揚句(~_~;)
道半ばで撃墜され、海の藻屑となってしまったような気になりました(~o~)

さてその試験が全部終了したのは、午後3時過ぎでした。

それまで長時間に渡って、不正確な音程&力ずくで出された汚い音を絶え間なく聴き続けた結果・・・
精根尽き果ててしまった頭と耳をリフレッシュするべく(^^ゞ

同じく実技試験に出席されていたチェロのM先生とともに、“飲み会”をすることになりました(^.^)

まず私たちが向かったのは、先日当ブログで紹介したばかりの(^^ゞ
「イオンリカー」というワインバーでした(^o^)↓
1イオンリカー0715
イオンリカー

ここで私たちは乾杯して ( ^^)/ \(^^ )
チリ産のスパークリングワインを呑んだんですねヽ(^o^)丿↓
2ヴィーニャマール0715
ヴィーニャマール プレミアムブリュット 750ml 税込1,317円

3チーズ盛合わせ0715
チーズ盛り合わせ 3種 税込500円

この時間帯で飲める店は少ないということで、取りあえず一軒目は「イオンリカー」を選択した次第でしたが・・・
いやぁまだ日が明るいうちに呑む“泡”は、もう最高でしたね! (* ̄0 ̄*)ノ

その後4時過ぎ頃、職場の同僚ピアノの某先生もここで合流しまして(^.^)
3人でこれから飲み会の二軒目をどうするか相談したのですが・・・

ここで私は
「西国立の『ビアファクトリー カミカゼ』という自家醸造のビアホールに行ってみたいのですが、如何でしょうか?」
と提案してみたんですね。

ただピアノの某先生は、7月1日付「サントリー武蔵野ビール工場」の記事中でも書いた通り(^^ゞ↓

彼は普段は、高級なワインやシードルしか飲まれないような・・・
大変高貴且つ“やんごとなき”お育ちの方でして(^^ゞ
ビールには全く見向きもされないので(^_^;)

今回ビアホールに行く事に対しても、猛烈に抗議されるのではないかと、私は予想していました。

しかし意外にも彼は即座に
「ビアホール?カミカゼ?いいですね、行ってみましょう!」
と賛成してくれたので、私は拍子抜けしてしまったんですね(・.・;)

何故彼がビアホール行きを賛成してくれたのか、彼にどういった心境の変化があったのかは、私には不明でしたが・・・
(サントリービール試飲が余程気に入ったのか、はたまた悪霊に取り憑かれたのか(^_^;))

これで兎にも角にも今回は、「ビアファクトリー カミカゼ」に行くことに決定したわけです(^o^)

私たちは「イオンリカー」から30分ほど西国立駅方面に歩いて向かいまして・・・
西国立駅南の踏切を渡ってすぐ近くにある「ビアファクトリー カミカゼ」に到着しました↓
4カミカゼ正面0715
ビアファクトリー カミカゼ 正面

5カミカゼ裏0715
ビアファクトリー カミカゼ 裏

いやぁ私も今の職場で勤務しはじめてから、もう既に5年以上経っていますから・・・

一応この地に地ビールの醸造所があることくらいは、以前から認識していたわけです。

ですがここのビール醸造所にはビアホールが併設されていて、そこではこの醸造所で造られた地ビールを味わえるということについては・・・
恥ずかしながら私は最近まで、全く知らなかったんですね(^^ゞ

それにしても写真↑でも分かる通り、玄関には「Open」の札こそ掲げられていましたが・・・
頑丈そうな扉は閉められていましたし(・.・;)

私も今回事前に綿密な調査をしていなかったとしたら、もしこの道を歩いていたとしても・・・
「あぁここは今やっていないんだな」
と普通に通り過ぎてしまっていたことでしょう。

それに建物自体もまるで宮崎アニメの「ハウルの動く城」にでも登場してもおかしくないほど・・・
ファンシー且つ浮世離れした感じの、不可思議なものでしたし(^^ゞ

「カミカゼビール」というネーミング自体、その由来を知らないと・・・
若干怖くなってしまいますよね(・.・;)

じつは「ビアファクトリー カミカゼ」の隣には、「無門庵」という高級料亭が存在するのですが↓
6無門庵0715
無門庵

「無門庵」はその昔は料亭ではなくて、旅館だったのだそうです。

それであまり世間では知られていない話ではありますが、太平洋戦争末期には立川飛行場からも・・・
特攻機が敵艦めがけて飛び立っていたようなんですね。

それで特攻機で出撃をする若者たちは、その前夜には・・・
必ずここの無門庵で宿泊したのだそうで(@_@)

そして宿泊させてくれたお礼の意味も込めて、立川飛行場を離陸した特攻機は、無門庵上空にて旋回をすることで・・・
最後の別れの挨拶をしたそうなんですね\(◎o◎)/!

そのようないきさつが分かると、ここの地ビールが「カミカゼビール」と名付けられた理由も・・・
さもありなんと納得出来ましたね!

さて私たち3人は重い扉を開けて、「ビアファクトリー カミカゼ」内部へと入ってみましたが・・・
一階は「ビアホール」とは似ても似つかない、雑然とした倉庫みたいな感じでした↓
7店内一階0715
ビアファクトリー カミカゼ 一階

↑ここを見る限り、間違ってビール工場に迷い込んでしまった感もありましたが(・.・;)

建物二階への階段を上って行くと、ちゃんとビアホールは営業していたんですね(^.^)

そのビアホールから階下を眺めると、ビール醸造所の全容を観ることが出来ました!↓
8醸造所0715
ビール醸造所

↑いやぁこれはビール好きにとっては、もうたまらない光景ですね!(*^_^*)

この光景を見ているうちに、このブリュワリーで造られたクラフトビールが一体どんな味がするのかと・・・
私はワクワクしてしまいました!(^o^)

ここのビアホール自体は、一階とは違ってたいへん清潔でしたし(^^ゞ
アメリカの木材がふんだんに使われた、おしゃれな内装でした。

ちなみに壁には「神風特攻隊」のオブジェも飾られていましたが↓
9店内壁0715
神風特攻隊のオブジェ

↑このオブジェのタッチも、若干アメリカナイズされていますよね(^^ゞ

ここではいま現在は、「クリームエール」と「アンバーエール」の・・・
2種類のビールのみしか醸造されていません。

ですが両方ともアメリカからモルトや酵母を取りよせて、副原料を一切使わず・・・
麦芽とホップ&地下水のみによって、相当なこだわりをもってビールは造られているようですね。

私たちは今回、両方のビールを呑んでみましたが↓
10クリームエール0715
クリームエール 中ジョッキ 550円

11アンバーエール0715
アンバーエール 中ジョッキ 550円

本当にどちらともびっくりするくらい、めちゃくちゃ旨かったですヽ(^o^)丿

巷で売られている、苦味ばかりが先走った大概の「エール」とは全然違って・・・
ここのクラフトビールのエールは新鮮でしたし、なお且つまろやかでコクや甘さが備わっていて(^o^)
苦味などは全く感じなかったですね!

ここのクラフトビールは、私が知っている日本の地ビールの中でも・・・
自分のなかでは最高点がつけられるレベルでした\(^o^)/

ビールのつまみとして注文した料理の方は、こちらです↓
12お通し0715
お通し 鳥の南蛮漬け 300円?

13ソーセージ5種盛合わせ0715
ソーセージ5種盛り 850円

14塩焼盛合わせ0715
塩焼盛り合わせ(とりもも、なんこつ、手羽先、ぼんじり、トマトベーコン) 600円

15オニオンリング0715
オニオンリング 500円

↑料理のほうも私が想像していたよりかははるかに上質で、とても美味しかったですし(^.^)
どれもビールの旨さを引き立てる、良き脇役といった按配でした(^o^)

それからこの店ではビールにしろ料理にしろ、値段がリーズナブルに設定されていたのも・・・
財布の中身が乏しい私にとっては、大変助かりましたねヽ(^o^)丿

いやぁ私の職場からだと徒歩わずか20分ほどとすぐ近くの場所に・・・
このような素晴らしい自家醸造クラフトビールの店が存在していたなんて\(◎o◎)/!

これはまさに“灯台もと暗し”でしたね!

今までこの店をずっとノーマークにしていたのは、「恥ずべきこと」とさえ思ってしまいました!

この店は近いうちに絶対、再訪必至ですね(*^_^*)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/07/17 Thu. 22:38    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

実技試験お疲れ様でした。音大付属中高の生徒さんたちだからみんな上手いんだろうなと想像していましたが、やはりなかなか大変なんですね。

地ビール美味しそうですね。私は今日は「たまには休肝日にしなければ。」といつも夕食の時に飲むビールを控えたので、思わず写真に見入ってしまいました(笑)。
お料理も美味しそうだし、よさそうなお店ですね。行ってみたくなりました。
西国立・・・。めもめも。

話は変わって、「サントリー武蔵野工場見学」に友人を誘ったところ、友人は大乗り気で、私たちは今月末の日曜日に行くことになりました。
楽しみです。



URL | パオロロッシ #-

2014/07/18 00:37 * 編集 *

パオロロッシ様

早急にコメントいただき有難うございました。

昨今は少子化の影響もあって、生徒は年々減っていく傾向にありますから・・・
昔だったら当然不合格になったようなレベルの生徒でも、今は入学させないと、学校経営は成り立たないんですね。
そういったなかでも凄く才能があり、教えがいのある生徒を、幸運なことに私は過去に受け持つことも出来ましたが・・・
そのような生徒はえてして、外の(世間的に優秀とされている)学校に移って行ってしまうんですね(>_<)
なのでモチベーションを保ってゆくのは、なかなか大変ではあります。
私も今の職場に就職した当初は、(広島カープとは別の意味で(^^ゞ)「打倒G&T」に燃えていたわけですが・・・

それから「サントリー武蔵野ビール工場見学」ですが、よく休日に予約が取れましたね!
是非楽しんで行ってらして下さい(^.^)
私も来週生麦にある「キリンビール横浜工場」の見学に、行く予定です(^o^)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2014/07/18 07:44 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード