ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

武蔵新田の南インド「ポンディバワン」でランチミールス 2014.5.26 

私は一時期、当ブログではインド料理店巡りのことばかり書いておりましたが(^^ゞ

ここのところインド料理店巡りは、ほとんど休止しているような状況なんですね(~_~)

当ブログでは何度となく書いております通り、私は今、極度の金欠に陥っておりまして(>_<)
それが現在インド料理店巡りを諦めざるを得ない、最大の理由です。

私の今の逼迫した財政状況では、時折池袋、中野、高円寺あたり・・・
私の自宅から歩いてでも行けるエリアのカレー店を徘徊するのが、精一杯ですねぇ(~o~)

とここまで書いてきたこととは、全く矛盾していますが(^^ゞ

私はつい最近、東京急行電鉄の「土休日回数券」を・・・
渋谷にある金券ショップにて2枚購入しておいたんですね↓
1東急土休券0524
東京急行電鉄 土休日回数券 190円区間(現200円区間)×2 
一枚あたり170円で購入

↑何故このきっぷを購入したかと言いますと・・・
私は今月中の日曜日に、東急沿線のとある場所に出張レッスンをしに行く予定があったからなんですね。

ところがその出張レッスンは、前日突然キャンセルされてしまいまして('_')
この回数券を使うチャンスが無いまま、時が過ぎてしまいました。

そしてこのきっぷの有効期限が、もう2週間先(6月8日)と間近に迫ってきたため・・・
私は非常に焦ったんですね(^^;

「有効期限切れという理由で土休券2枚を捨てるのはあまりにも勿体無いので、それを消化するべく今週末中に東急沿線のインド料理店『未訪問店』に出撃することにしよう」
と私は決心した次第です(^.^)

そして一昨日5月24日(土)に渋谷駅から東急線に乗って・・・
東急多摩川線の武蔵新田駅そばにある南インド料理店「ポンディバワン」まで出かけて、ランチを摂ってきました。

これまで当ブログでは、一度も書いた事がありませんでしたが・・・
「ポンディバワン」はインド料理通の間では非常に評価が高い、有名店なんですね。

私自身も以前からこの店の存在は知っていましたし・・・
いつかは行ってみたいとずっと思っていました。

にもかかわらず私は、これまでには一度も「ポンディバワン」には行くチャンスがありませんでした。
その理由はこの店は、私の自宅からは非常に時間もかかるし(~o~)
電車を何回も乗り換えなければならないし(~_~)
すこぶる行きにくい場所にあるからなんですね。

東急多摩川線というのは、東急東横線多摩川駅から分岐をして、蒲田駅まで至る、全長5.6キロの短い路線ですが・・・
この路線自体、(前身の目蒲線時代を含めて)私はこれまで一度も乗車したことがありませんでした。

もし今回私が所持している東急電鉄回数券の有効期限切れが、間近に迫るという、不測の事態さえ起こらなければ・・・
私の「ポンディバワン」訪問は、まだまだずっと先の話になっていたことは、まず間違いないでしょうね。

さて一昨日私は、生まれて初めて多摩川線の電車に乗車しました。

私は多摩川駅で多摩川線の電車に乗り換えると・・・
当然の如く運転席の真後ろに陣取って、ウキウキしながら(^.^)
自分の生涯で初めて目の当たりにする、多摩川線の景色を満喫しました(^o^)

そして多摩川駅から四つ目の、武蔵新田駅で下車しました。

ちなみに武蔵新田駅の読み方ですが、「むさししんでん」ではなく・・・
「むさしにった」が正解のようです(^^ゞ

駅名の読み方さえなかなか判明しないような(^_^;)
東急のローカル小駅そばに、第一級の南インド料理店があるという事実には・・・
私は驚いてしまいますね(@_@)

「ポンディバワン」は武蔵新田駅目の前を東西に横たわっている大通り・・・
「環八通り」沿いにありました↓
2ポンディバワン0524
南インドダイニング ポンディ バワン

「ポンディバワン」のマスターシェフは、アントニーさんという方で・・・
彼の出身地は南インドタミルナドゥ州ポンディシェリであることが、この店の名前の由来になっているようです。

私は普段から南インド料理店に行く際は・・・
「カレー&ナン」などという、ありきたりの北インドメニューには目もくれず(^^ゞ
もっと南インドらしいメニューから料理を選択したいと、常に思っています。

それで入店してメニューを見てみると、「ビリヤニ」がありまして(^.^)
それにも食指が非常に動きましたが・・・

「『ポンディバワン』は初訪問なので、今回は最も正攻法でいってみよう」
と思い直しまして(^.^)
無難に「ランチミールス」を注文することにしました↓
3ランチミールス0524
ランチミールス 1,250円(含チャイ) 日本米→バスマティライス変更+300円
写真真下から時計周りに
プリイェル(野菜の炒め料理)
クートゥ(野菜の煮込み料理)
サンバル(野菜と豆の煮込みスープ)
ラッサム(トマトベースでタマリンドの酸味と辛みが効いたスープ)
ウルカイ(れんこん、いんげん、にんじんのピクルス)
マサラワダ(豆粉を丸めて油で揚げたスナック)
チャトニ(シェフ特製の人参ベースのチャトニ)
パパド(薄い豆粉の揚げせんべい)
プーリ―(無発酵の全粒粉をふっくらと揚げたパン)

写真真ん中 バスマティライス

私はミールスを食べる際のルールに従い、おかず数種類とごはんを混ぜ混ぜしながらいただきましたが・・・
久し振りに食した南インドのミールスは、めっちゃ美味しかったですね(*^_^*)

私が知る限りでは、ここの店のミールスは・・・
「都内でも最高レベルである」と断言して良いでしょう!

なかでもトマトの酸味が効いた「ラッサム」は、マイルドな辛さながら旨みが充分出ていましたし(^o^)
この店独特のオレンジ色をした「チャトニ」は、非常に美味でした(^.^)

それと今回は300円余計に払って、「日本米→バスマティライス変更」をしましたが・・・
ここの「プリイェル」「クートゥ」などのおかずは、日本米でも十分いけるだろうと思いました。

それから今回私はドリンクとして、別に「プレーンラッシー」を注文していましたが↓
4プレーンラッシー0524
プレーンラッシー 250円

↑これは「ライタ」の代役に十分なり得るものだったので(^o^)
「ミールス」と合わせて「ラッシー」を注文したのは、正解だったと思いました(^.^)

最後に「ミールス」の代金に含まれている「チャイ」を飲んで、〆にしました↓
5チャイ0524
チャイ

いやぁ今回は久し振りに、美味しい南インドのミールスを食すことが出来(^.^)
“デトックス”の効果も手ごたえ充分という気もしましたしヽ(^o^)丿
身も心も健康を取り戻すことが出来たと思いました\(^o^)/

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/05/26 Mon. 23:07    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード