ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

南仏白・赤ワイン買い溜め(^o^) 2014.3.14 

ここ最近、来月からの消費税増税に備えて・・・
フランス赤ワインを買い溜めした話を、2回ほど記事に書きました↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-335.html(ボルドー/モンペラルージュ)

http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-337.html(南仏/コート・デュ・ローヌ・ラストー)

それで今の段階で、私の自宅にはもうすでに・・・
赤ワインは、それなりの本数が充分揃ったのではないかと思いまして\(^o^)/

「今度は白ワインを買い溜めして、備蓄する番かな」

と私は考えたんですね(^.^)

それで今職場は春休みに入っているため・・・
私はすこぶる暇を持て余しているという事情もあるのですが(^^ゞ

私はここ数日間は、連日のように「ドン・キホーテ環七方南町店」に出向いて・・・
あるワインを買い溜めしておりました(^.^)

「ドン・キホーテ環七方南町店」の場所は、環七沿いの・・・
地下鉄丸ノ内線方南町駅と、京王線代田橋駅の、ちょうど中間あたりに位置しているんですね。

ここは直線距離でも私の自宅からは、7キロほどと相当離れているのですが・・・
私は経費節減と、運動をして痩せるということに配慮して(^^ゞ
行きは毎回徒歩で、店に通っていたんですね!

ただし自宅から店までは、環七沿いをずっと真っすぐ歩いて行くのが、もっとも近道とはいえ・・・
環七は排気ガスが非常に充満していますし(~_~)
汚い空気を吸って、健康を害してしまう恐れが、大いにあるのが難点です(~o~)

私は車の排気ガスが極度に苦手で、アレルギー体質でもありますので(-_-)

それで多少遠回りにはなりましたが、自宅から店までは・・・
出来る限り車の往来が少なくて、きれいな空気が吸える(^o^)
細い路地を通って行くことを、毎回心がけていました。

それに加えて方南町は、私が生まれ育った街でして・・・
私は高校を卒業し、アメリカに留学するまでは、ずっと方南町に住んでいたんですね!

ただし私の幼少期は、たいへん悲惨でして・・・(T_T)

周りの友達が毎日楽しそうに、私の自宅のすぐそばで遊んでいるのを尻目に・・・
まるで北京ダックが暗い場所で、ひたすら餌を食べ続けさせられるが如く(~o~)
放課後は、外で遊ぶことは一切禁じられ(T_T)
家に閉じ込められて、ひたすらヴァイオリンを猛練習させられる、という毎日を送っていました(~_~)

なので私は方南町の街の路地の全てを、隅から隅まで精通している、というわけでもないのですが・・・
それなりにはこの街には土地勘が残っていて(^o^)
この街を散策するのは、なかなか楽しかったですね!

さて今回私が買い溜めをしていた白ワインは、こちらです↓
1クレレットドベルガルド0312
マス・カルロ クレレット・ド・ベルガルド 2011
750ml 1,480円(税込)

2白12本0312
12本買い溜め

赤ワインは、通常は常温で飲むのと違って・・・
白ワインは、冷蔵庫で冷やして飲むわけですね。

なので白ワインは、赤ワインと比較するとごまかしが効くと言いますか(^^ゞ
白ワインは赤ワインほど、ハイ・クオリティの品質を求めずとも美味しく飲めると、私は基本的には思っています。

実際ブルゴーニュの白ワインの最高峰、ムルソーやモンラッシェやシャブリは・・・
美味しくて素晴らしいワインかも知れませんが、非常に高額ですし(~o~)
そのような高級ワインを買い溜め出来るような資金力は、今の私には全くありません(~_~)

また「小布施ワイナリー」のシャルドネの白ワインは、とても美味しいし私は大好きですが・・・
小布施のシャルドネで造られた白ワインは、一番安いものでも2千円近くかかってしまいます。

そこで私は今回、「マス・カルロ クレレット・ド・ベルガルド」という白ワインを購入しましたが・・・
一本1,480円という安いワインとはとても思えないような、気品が備わっていて(^o^)
非常に上質な味がするんですねヽ(^o^)丿

このワインの産地は、ラングドックの東端コスティエール・ドゥ・ニームですが・・・

ここは南仏のなかでも、コート・デュ・ローヌあたりと比較すると、かなり地味な地域に属するといえるのではないでしょうか。

このワインがもし仮に、ボルドーで造られたものだとしたら・・・
とてもこの価格で購入するのは、絶対に不可能でしょう!

このワインのぶどう品種は、土着品種の・・・
「クレレット」というぶどうが、100%使用されています。

そして特筆すべきは、このワインは・・・
なんと樹齢60年という、ヴィエイユヴィーニュのぶどうから造られているんですね!

樹齢60年のクレレットから造られたこのワインが・・・
僅か1,500円という価格で買えることには、私は非常に驚いてしまいます!(@_@)

実際このワインを、私はすでに何本か飲んでみましたが・・・
これも先日紹介したローヌ・ラスト―の赤ワインと同じく、田舎育ちの素朴な少女には違いないけれども・・・
もし化粧でもすれば、ものすごい美女に化けるというような(^.^)
「隠れた原石」というような印象を持ちましたね!

私は今回上質な白ワインを1ダース分・・・
非常に安価で購入出来て、何よりと思いました\(^o^)/

それから白ワインを購入した、ほんのついでではありますが(^^ゞ
同じく「ドン・キホーテ環七方南町店」のワイン売り場で・・・
非常に上質な赤ワインが、激安で販売されているのを見つけたんですね!

そこでそのワインも、1ダース分購入してしまいました↓
3ルディスドサンダミアン0312
ル・ディス・ド・サン・ダミアン
   ヴァン・ド・フランス
   750ml 1,280円(税込)

4赤12本0312
12本買い溜め+一本飲みかけ(^^ゞ

いやぁ私はすでに資金力が乏しくなってきており(^^ゞ
高いワインには全く手は出せなくなってしまいましたが(^^;)

一本1,280円であれば、日本酒の価格と全く変わらないですし・・・
これは信じられない安さですよね\(◎o◎)/!

いや今時日本酒でも、吟醸酒や大吟醸酒といった高級なものであれば・・・
もっと高い値段がつくのが普通ですし!!

今回購入した「ル・ディス・ド・サン・ダミアン」は・・・
南仏コート・デュ・ローヌにある「ドメーヌ・サン・ダミアン」で造られたワインの中では、一番格下にランクされています。

このワインのぶどう品種は、グルナッシュ80%、マルセロン20%なんですね。

「マルセロン」というぶどう品種は、わたしは今回初めて聞きましたが(@_@)
これはカベルネ・ソーヴィニョンと、グルナッシュの交配品種のようです。

このワインを初めて飲んだときは・・・
1,280円という安物のワインとはとても思えないような美味しさでヽ(^o^)丿
私はびっくりしてしまいました!

南仏ワインならではの果実味の豊かさ、南国情緒が備わっていて・・・
たいへん口当たりも良く、充分美味しいワインだったんですね(^o^)

このワインを例えてみると、決して絶世の美人とはいえないけれども・・・
愛嬌があって気立ても良く、性格が優しい素敵な女性、という印象ですヽ(^o^)丿

私もいつか、このワインのような女性と出会い・・・
結婚出来たらいいなぁと、思ってしまいましたね!(妄想)

これで私の自宅には、もうすでに・・・
かなりの本数の赤・白ワインが、揃ったことになりました。

あと残すは「泡」だけですが(^^ゞ
「泡」の購入につきましては、また後日書きたいと思います!(^o^)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/03/14 Fri. 23:16    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード