ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

板橋区役所前「ルチ」でマトンディナー~板橋区内のエスニック店①~ 2014.1.18 

先日「2014年の抱負」でも書きました通り・・・
今私は毎週一回(大体木曜日に)、レッスンをしに板橋区某所に通っているんですね。

これまで私は板橋区内のエスニック料理店には、一軒たりとも行ったことが無かったのですが(^^ゞ

今年は、未知の板橋区内のエスニック料理店を、出来るだけ開拓して・・・
当ブログで紹介出来ればと思っています(^o^)

そこでまず手始めとして、一昨日(1月16日木)昼間に、レッスンをした帰りに・・・

都営三田線の板橋区役所前駅近くにある、バングラデシュ料理店「ルチ」に立ち寄って、ディナーを食べて来ました↓
1ルチ0116
ルチ

もしインドカレーマニアの人達に、「板橋区内でカレーといったら?」という質問を投げかけた場合・・・
10人中9人は「ルチ」と答えるのではないかと思われます。

それほど「ルチ」は、インドカレーマニアの間では、超有名店でして(^o^)

私も板橋区内のエスニックカレー店めぐりの「処女航海」として(*^_^*)
今回は迷うことなく「ルチ」を選択した次第です。

実際近頃は千駄ヶ谷の「ディルセ」や、町屋の「プージャー」など、都内に西インド・ベンガル料理店は徐々に増えてきているようですが・・・
「ルチ」は「ディルセ」や「プージャー」が出来るずっと前から、板橋でバングラデシュ料理店として営業し続けている、由緒ある店なんですね!

ただし2009年までは、「ルチ」は板橋区役所前のちょうど駅前で営業していたようです。

しかし今は板橋区役所前駅と、東武東上線大山駅の中間あたりの・・・
店を見つけるのが非常に困難なほど、狭い路地裏に引っ越してしまいましたが(^^ゞ

それから西インド・ベンガル地方とバングラデシュとは、隣接しているため・・・
料理もたいへん似ているのではないかと思われます。

ただバングラデシュはイスラム教徒が大多数なため、ヒンズー教徒が多いインドと比較すると、ヴェジタリアンはあまりいなくて・・・
バングラデシュではパキスタン同様、肉類をモリモリ食べる人が多いのではないかと推測します!

さて今回私は一人で店に入ったので、一品料理を注文することはせず・・・
「マトンディナー(1,450円)」という、お得なセットメニューを注文することにしました。

「マトンディナー」は、「マトンキーマカレー」か「マトンカレー」からカレーをひとつ選択するのですが・・・
それに「シンガラ」「シークカバブ」「ライスorナン」とソフトドリンクがついています。

私はカレーは「マトンカレー」を選択し・・・
ソフトドリンクは「マンゴーラッシー」を選択しました。

それから「バングラデシュ料理には、ナンはまずあり得ないだろう」と私は思いまして・・・
「ライスorナン」では迷わずライスを選択しました(^o^)

まず「マンゴーラッシー」が来ました↓
2マンゴーラッシー0116
マンゴーラッシー

↑これは非常に濃厚で、美味しいラッシーでした(*^_^*)

次いで「シンガラ」が来ましたが↓
3シンガラ0116
シンガラ

↑これは一見したところ、インド料理の「サモサ」とまったく同一でしたね(・.・;)
ベンガル語ではサモサのことを、「シンガラ」というのでしょうか(・・?

「シンガラ」はカラッと揚がっていて、味付けも絶妙でしたが・・・
つけ合わせがアメリカンなケチャップだったのは残念でしたね(^^;)

その後「シークカバブ」「マトンカレー」「ライス」が、ほぼ同時に来ました↓
4シークカバブ0116
シークカバブ

5マトンカレー0116
マトンカレー

6ライス0116
ライス

「シークカバブ」は繊細なスパイスづかいで、非常に美味でした(^.^)

そして「マトンカレー」ですが、シェフが事前に「カレーの辛さはどうしますか」と私に訊いてきたので・・・
私は辛口にして欲しいと、頼んでありました。

その結果今回のカレーは、青唐辛子を多めに入れることによって、辛さが加えられていましたが・・・
これは私は非常に好感が持てましたね(*^_^*)

実際に下手な店に行ってカレーを辛口でオーダーすると・・・
レッドチリパウダーを沢山ぶっかけて、安易に誤魔化されることが多々ありますが(^^ゞ

青トウガラシはダイレクトに辛さが来る赤トウガラシと違って・・・
辛さもオブラートに包まれていて、柔らかさもあって、私は好きですね(^o^)

マトンも臭みがまったく無く、柔らかく煮込まれていて、たいへん美味でした。

それにしてもバングラデシュ料理の神髄は、やはり肉料理ではなくて・・・
エビや魚料理のほうではないかと推察しますね。

もし次回「ルチ」に行くことがあれば、是非一人ではなく数人で店に入って・・・
エビ&魚の一品料理を味わってみたいと思いました!

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/01/18 Sat. 23:06    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード