ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

今年最後の職場ランチ~職場界隈でランチその23~ 2013.12.18 

私は一昨日(16日月)と昨日(17日火)に、職場へと出勤しましたが・・・
来週からは職場は冬休みに入るんですね。

そのため今年中の職場への出勤は、昨日が最後でした!\(^o^)/

とはいっても、私にとっては今年の仕事が全て終了したわけではありません。

まだ今年中にやらなければならない仕事がいくつも残っていて・・・
そこがたいへん辛いところですが(;一_一)

というわけで一昨日と昨日は、今年中としては職場界隈での「最後の晩餐」・・・
ではなくて、職場界隈での「最後の昼餐」だったため(^o^)

いつもよりも気合いを込めて、昼食を摂りに出かけて行きました。

まず一昨日(16日)ですが、職場から西へ徒歩で向かい、立川市に越境して・・・
西国立駅と立川駅のちょうど中間の、洋食「キッチンハウスナガタニ」に行ったんですね。

ところが「ナガタニ」に到着してみると・・・
「一身上の都合により、年内は休業させていただきます(以下省略)」
との貼り紙がorz

Σ(゜Д゜)ガーン

私はこの貼り紙を見て、一瞬ガッカリしてしまいましたが・・・
西国立には他にも、私好みの名店が数軒あるのを、咄嗟に思い出しまして(^.^)

すぐに気持ちを切り替え、そこから南に徒歩10分程の場所にある・・・
西国立駅すぐそばのカレー専門店「CHOTA」まで歩いて行って、入店した次第です。

・・・ちなみに今回は店の外観写真は、撮っておりませんが<(_ _)>
店の外観写真をご覧になりたい方は、当ブログの過去ログを辿ってみて下さいね(^.^)

今回は“今年最後の昼餐”ということで、奮発して(^^ゞ
「CHOTA」のメニューのなかでは最高額の、「オムカレーチキンと野菜(1,200円)」を注文しました。

それから一緒についてくる前菜は、いつもはデフォルトのピクルスを食していたのですが・・・
今回はポテトフライを注文してみることにしました(^.^)

「CHOTA」のメニューを見てみると、
「ピクルスが食べられない方には、代わりにポテトフライを提供します」
と書かれているんですね。

私はそのポテトフライがどういう味なのかが、以前からずっと気になっていまして・・・
そこで今回初めて、それをオーダーしてみた次第です。

早速まず、そのポテトフライが来ました↓
1ポテトフライ1216
ポテトフライ

ポテトフライは、揚げ方も良かったし、良質の油を使っているようで・・・
あっさりとしていて、とても美味しかったですね(^o^)

続いて「オムカレーチキンと野菜」と「スープ」が出て来ました↓
2オムカレーチキンと野菜1216
オムカレーチキンと野菜
   ご飯は十穀米、ライスのサイズL
   カレーの辛さは辛口
3スープ1216
スープ

↑「オムカレー」というものは、たいへん珍しいですが・・・
これはご飯の上にオムレツがのっていて、その周りにカレーがかかっているんですね(^.^)

今回注文したものは、このオムカレーに加えて・・・
チキンの煮込みと素揚げした野菜が、両方トッピングとしてついてくるという、ボリューム満点のカレーでした!

ここのオムカレーは今回初めて食しましたが・・・
オムレツはそれ自体たいへん美味しかったし、カレーとの相性もバッチリでしたね(^o^)

食後のドリンクは、ラッシー、ホットコーヒー、アイスコーヒーからの3択でしたが・・・
この日は気温が低かったので、今回はホットコーヒーにしました(^.^)↓
4ホットコーヒー1216
ホットコーヒー

さて翌日(17日火)は、職場にほど近い、富士見通り沿いの中国家庭料理「安晏(あんあん)」に行きました。

・・・ちなみに今回は店の外観写真は、撮っておりませんが<(_ _)>
店の外観写真をご覧になりたい方は、当ブログの過去ログを辿ってみて下さいね(^.^)

私は「安晏(あんあん)」の「豚角煮」は大好物でして(^o^)
じつは先週火曜日にも、ここで「豚角煮」を食したばかりでした(*^_^*)

今回もその「豚角煮」を注文しようかと、一瞬思いましたが・・・
「たまには趣向を変えてみよう、その方が当ブログも面白く書けるし」
と思い直しまして(^^;)

今回は「スペシャル炒飯」を、大盛りで注文することにしました↓
5スペシャル炒飯1217
スペシャル炒飯 1,000円+大盛り 150円 1,150円

今回頼んだ炒飯は、ランチメニューには無く、ディナーメニューからの注文だったため・・・
ランチメニューの「豚角煮」と比べると、値段は大分割高でしたね(^^ゞ

ですが今回は「今年最後の昼餐」ということわけで・・・
値段のことはまぁ置いときましょう(笑)

「スペシャル炒飯」はエビ、イカ、煮豚、卵、ネギと具が沢山入っていて・・・
たいへん豪勢な炒飯でした。

そしてご飯はパラパラしていて食べやすく、たいへん美味でしたね(*^_^*)

「安晏」では普段から、ご飯は固めに炊かれているのですが・・・
この固めに炊かれたご飯というのが、炒飯にはすごく合うのでしょうね。

中華料理の世界では、炒飯は料理のなかでも基本中の基本なんですよね。
西洋クラシック音楽に当てはめれば、炒飯はバッハと言い換えることが出来るかも知れません。

「炒飯を作らせれば、その料理人の実力が即座に分かる」
とは、中華料理界では良く言われる話です。

今回炒飯を食してみて、本当に「安晏」の料理人が優れていることを、再確認出来ましたね!

いやぁ今週は2日間にわたる「今年最後の昼餐」を、満喫することが出来ました(^.^)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/12/18 Wed. 23:13    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード