ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

12/2~12/3西国立グルメめぐり~職場界隈でランチその22~2013.12.4 

これまで何度も書いてきた事ですが、今年度(2013年度)私は、職場昼休みにランチを摂る際・・・
西(立川市方面)に向かうことが、非常に多かったんですね。

職場ではいつも沈鬱ムードで、窒息死寸前の私ではありますが(~o~)
いざ昼休みに西へ歩いて向かい、立川市に越境したとたんに・・・
いつも視界が急に開けて明るくなり(^o^)
呼吸も楽に出来るようになります\(^o^)/

勿論職場から北へ歩いて向かい、国分寺市方面に越境することもよくありまして・・・

そのときも立川市方面に行く時と同様の開放感を味わえるわけですが(^^ゞ

ただし越境をせずに、職場のある富士見通り沿いの、近くの店に入ることだけは、非常に危険だということが・・・
徐々に分かってきたわけですね(;一_一)

私はこれまで何度か血迷って(-_-)、富士見通り沿いの店に何度か行ったりしたこともありましたが・・・
その都度職場関係者と遭遇して、その場で固まってしまいました(~_~)

それから今年度初期には、何回かランチの店を求めて、立川駅近くまで遠征したこともありましたが・・・
残念ながら立川駅周辺では、通いたくなるほどの美味しい店を見つけることは出来なかったんですね。

そうこうしているうちに、立川市方面での私好みの店は、JR南武線西国立駅近くにある↓

洋食「キッチンハウスナガタニ」
カレー専門店「CHOTA」
うどん専門店「付麺屋」

↑この3店のみに絞られるようになってきました。

この3つの店はどれも個性的で、且つ値段も安く料理は美味しくて(^o^)
甲乙つけ難い名店だと私は思っています\(^o^)/

もしかすると西国立駅周辺は、立川駅周辺より大分地価が安く、且つ文化レベルもそれなりに高いため・・・
このような名店が何軒も存在しうるのかも知れませんね(*^_^*)

さて今週(12月2日&3日)のランチも、この西国立の3つの店のどこかにしようと思っていました。

しかし私は決断力が弱いせいか(^_^;)直前になっても一つの店に絞ることが出来ず・・・
どこに行くかずっと悩み続けていたんですね(~o~)

そこで
「ええい、こうなったら今週は、西国立3つの店全て廻ってしまえ!」
ということで(^.^)今週は、

「付麺屋」(11月2日昼)
「ナガタニ」(11月2日夜)
「CHOTA」(11月3日昼)

という順番で、3店全て巡って、食べ歩きをした次第です!(^o^)

まず11月2日(月)ランチは、「付麺屋」に行きました↓
1付麺屋1202
付麺屋

ここのうどんメニューは種類が多くて、何を頼むかいつも迷ってしまいますが・・・
「やはり野菜摂取は、人が生きてゆく上で絶対必要だろう」ということで(^.^)
野菜摂取が一番出来そうな、肉うどん系を注文することにしました。

そして今回は関東風ではなく・・・
関西風の「大阪肉うどん」を中盛り(うどんの量1.5倍)で注文しました↓
2大阪肉うどん中盛り1202
大阪肉うどん 870円 うどん中盛り+100円 合計970円

以前にも書きましたが、ここのうどんはコシの強さと、ツルっとした滑らかさを兼ね備えていて・・・
非常に美味しいんですね(^o^)

それから「付麺屋」の看板メニュー、関東風の「つけ肉うどん」は、私は大好きですが・・・
今回食した関西風の「大阪肉うどん」も、上品且つあっさりしたスープで、とても旨かったです!

そして特筆すべきは豚バラ肉の旨さでして・・・
ここの豚バラ肉は、上質で味わい深く、本当に絶品でしたね(^o^)

「さすがに元和食の修業をしていた職人が作るうどんは、違うな」
と私は感じ入ってしまいました(^.^)

その日の夜は、午後職場で仕事をこなした後、また西国立方面に歩いて戻りまして・・・
ディナーを食べるために「キッチンハウスナガタニ」に入りました↓
3ナガタニ1202
キッチンハウスナガタニ

「ナガタニ」でディナーを食すのは、私は今回が初めてでしたが・・・
ここではランチ価格と全く同じ値段で、格安でディナーを食せるのが嬉しいですね!

私はまずここでビールを頼みまして(^.^)↓
4ビール1202
缶ビール 350円

この日一日、職場でモンスタークレーマーやその他の輩から嬲られることなく・・・
無事に職務を全う出来たことを、神様に感謝しつつ(^^ゞ
一人で乾杯しました\(^o^)/

それで食事の方ですが、「ナガタニ」では最高額のメニュー・・・
「牛肉薄切ステーキ」を注文しました↓
5牛肉薄切りステーキ1202
牛肉薄切ステーキ ガーリックソース 1,200円

もし「肉の万世」などに行って、まともにステーキを注文しようものなら、優に5千円くらいコストがかかってしまいますが・・・
ここでは僅か1,200円で、ステーキが食べられるんですね!!
それにサラダ&ライス&スープまで付いてくるなんて!!
はっきり言って安すぎです(@_@)

いやぁ勿論この価格からして、ここで使用しているのは間違いなく和牛ではなく、輸入牛肉でしょうが・・・
そこが料理人の腕の見せどころなんでしょうね(^o^)

今回食したステーキは、肉も充分柔らかかったですし・・・
胡椒とニンニクも良く効いていて、めっちゃ旨かったです\(^o^)/

私は正直輸入肉のステーキなどは、普段は全く美味しいと感じられませんし・・・
率先して食べたいとは決して思いません。
(勿論黒毛和牛のステーキであれば、いつでも食べたいと思いますが(^^ゞ)

ですが「ナガタニ」のステーキであれば、これからもまた何回でも食べに行きたいと思ってしまいました!

ただひとつだけ残念だったのは・・・
ここの名物「自家製プリン」が、またもや品切れだったことでしたね(・.・;)

あぁいつになったら、ここでプリンに再会出来るのでしょうか\(~o~)/

さて翌日(12月3日火)は、午後から職場に出勤する前に、電車で西国立駅まで行きまして・・・
そこから3分程歩いて、「CHOTA」に入りました↓
6CHOTA1203.jpg
CHOTA

今回頼んだカレーは、「トッピング+野菜カレー(1,000円)」というものでしたが・・・
ライス(今回も十穀米)の分量は、前回の反省を生かして(^^ゞ
一番大きなLサイズにしました。

料理はピクルス→カレー&スープ→食後にドリンク(今回はラッシーを注文)でやって来ました↓
7ピクルス1203
ピクルス
8トッピング+野菜カレー1203
トッピング(つくねエビミンチカツ&ミニミンチカツ)+野菜カレー
   カレー辛さ辛口 十穀米L 

9スープ1203
スープ

10ラッシー1203
ブルーベリー入りラッシー

いやぁここのカレーは非常に美味しいのですが、それとともに・・・
カルダモン、クミン、クローブ、コリアンダー、シナモン、ターメリック、フェンネルなどなど、スパイスがインドカレー並みに十何種類も入っているんですね!

なので滋養強壮の効果のほうも、バッチリと思われます(^.^)

実際に今回私は「CHOTA」でカレーを食した後・・・
暫くの間体中から元気が漲りまして(^o^)

ヴァイオリンのどんな難しいパッセージでも、指が高速且つ正確にまわって・・・
何でも思い通りに弾きこなせるような自信が、急に湧いてきたような次第です!

「自分はソリストとして、まだまだ充分通用するのではあるまいか???」

・・・まぁその自信も、暫く時間が経つとともに消滅してしまいましたが(-_-;)・・・

奥村智洋


スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/12/04 Wed. 23:56    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード