ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

小諸市文化会館(長野県)でリハーサル 2013.10.3 

以前当ブログで、一度宣伝したことがありましたが・・・
私は先週土曜日(9/28)に、長野県佐久市でコンサートがありました↓
1ポスター0928
9月28日(土)佐久でのコンサートのポスター

それに伴って、コンサート前日(9月27日金)夕方に、小諸市文化会館にてリハーサルが行われました。

そのリハーサルに出席するべく・・・
私は9/27(金)の午後に、長野に向けて出発しました。

それで佐久市での演奏会の主催者(山崎さん)からは、事前にJRチケットをいただいておりましたが↓
2乗車券・特急券0927
JR乗車券 東京山手線内から佐久平まで 2,940円
   新幹線自由席特急券 東京から佐久平まで 2,720円

私は貧乏人のため、経費を浮かせて、懐に小金を貯めこむべく(^^ゞ
JRの窓口に行き、勝手にきっぷを以下のように変更してしまいました(^.^)↓
3乗車変更0927
JR乗車券 大宮から乙女まで 2,210円
   新幹線自由席特急券 熊谷から佐久平まで 1,790円

JR東日本の新幹線自由席特急料金は(例外も存在しますが)、100キロまでは1,790円、200キロまでは2,520円、300キロまでは3,370円・・・
というように、100キロごとに設定されています。
それで今回は何故、熊谷駅から新幹線に乗車したかと言いますと・・・
熊谷⇔佐久平間のJR営業キロは、何と99.7キロなんですね(@_@)

これはゴルフで例えると、100.0キロがちょうどホールインワンだとすると・・・
99.7キロはニアピン1センチの、絶妙なアプローチと言えるのではないでしょうか\(^o^)/

今回は新幹線特急券を、東京→佐久平から、熊谷→佐久平に変更することによって・・・
930円も特急券代を浮かせる事が出来ました(*^_^*)
(ちなみに東京⇔上野間については、上記のルールとは別に、200円特急料金が上増しされています)

それから東京山手線内⇔佐久平間の普通片道運賃は、2940円するのですが・・・
大宮⇔佐久平間で購入すると、2,210円と大分安いんですね!
(今回は佐久平から更に4.9キロ先の、小海線乙女駅まで、佐久平までと同料金で行けましたが)

それと合わせて池袋から大宮までのきっぷ(380円)を、別途購入すると・・・
東京→佐久平を通しで買うのと比べて、何と350円も運賃を節約出来るんですね(^o^)

今回私は更に、池袋の金券ショップで、池袋⇔大宮間の分の回数券を、360円で購入したので↓
4回数券0927
回数券 池袋⇔大宮間 380円→360円

結局370円運賃を節約することが出来ました\(^o^)/

さて私は9月27日午後、池袋14時25分発の湘南新宿ライン&高崎線「特別快速3640E」高崎行きに乗り・・・
その電車で熊谷まで行きました。

この電車は大宮~熊谷間は停車駅が少なく、快速で走行するので・・・
新幹線料金を払わずとも、快適に移動することが出来るんですね(^o^)

そして熊谷駅には15時21分に到着しましたが・・・
そこでは50分も待ち時間が出来てしまいましたので(^^ゞ
(まぁ新幹線は、熊谷駅を通過する列車が過半数なので、仕方ありませんが)
駅構内の喫茶店で時間をつぶしました。

その後熊谷駅発16時11分の「とき331号」で高崎駅まで行きまして・・・
高崎駅では16時34分発の「あさま531号」に乗り換え、佐久平駅まで乗車しました。

佐久平駅では僅か8分の待ち時間で(^.^)
佐久平発17時08分の普通列車(231D)小諸行きに乗り換えました。
そして定刻17時21分に、無事乙女駅に到着しました(^o^)↓
5乙女駅0927
乙女駅 駅名板

乙女駅・・・
なんともメルヘンチックで、素敵な駅名ではありませんか\(^o^)/

ちなみに今回小海線の列車では、通学していた大勢の女子高生と乗り合わせましたが・・・
嬉しいことに皆純朴そうな黒髪で(^o^)
スカート丈もそこそこ長めで(^o^)
心なしか東京の女子高生と比較すると、“乙女チック”に見えましたね\(^o^)/

・・・どうせ彼女たちも高校を卒業して、東京に出てきたら、皆すぐ髪を染めるだろうし(~o~)
すぐに清純な“乙女”とは程遠くなってしまうだろうけど(-_-)・・・

ちなみに乙女駅のすぐ隣には、「しなの鉄道(旧JR信越本線)」の複線の線路が、横たわっていました↓
6しなの鉄道線路0927
駅から左がJR小海線、右2本はしなの鉄道の複線

私は乙女駅で下車すると・・・
駅から徒歩10分程の場所にある、「小諸市文化会館」まで歩いて行きました↓
7小諸市文化会館0927
小諸市文化会館

私はここで、リハーサル開始時間の18時まで、一人で待つことにしました。

ところでJR小諸駅は、新幹線が出来る前までは、「特急あさま」が停車する、とても重要な駅でした。
ところが小諸市が新幹線建設に反対したためか、新幹線の駅は小諸市の隣佐久市の、佐久平という場所に出来ることになり・・・
小諸駅は長野新幹線のルートからは、大きく外れてしまいました。
そのため長野新幹線開業後は、小諸駅は小海線としなの鉄道の普通列車しか停車しない、ローカル駅に成り下がってしまい・・・
駅周辺はすっかり寂れてしまったそうです(~o~)

その影響というわけでもないでしょうが・・・
小諸市文化会館も私が行ったときには、人がほとんどいなかったし(~o~)
節電のためか、ホールのロビーも渡り廊下も、電気がほとんど消されていて薄暗く、不気味でしたね。

そのうち日もどんどん暮れてゆくと共に、ホール内は真っ暗になっていきました(~o~)

私は独りぼっちで、たいへん心細くなりましたし(~_~)
それどころか宮沢賢治の「注文の多い料理店」の話のように・・・
私は化け猫に食べられてしまうのではと、心配にもなりました(・.・;)

それでも18時を過ぎた頃に、コンサートの出演者3人(+佐々木夫人)が会場に現われ・・・
事なきを得ましたが(´▽`) ホッ

そしてリハーサルは、無事執り行われまして・・・
リハーサルが20時半頃に終わると、私は小海線中込駅近くの「マルシェ」という洋食屋に、車で連れて行っていただきました↓
8マルシェ0927
マルシェ

おそらく「マルシェ」の営業時間は、この時点でもうとっくに過ぎていた筈でしたが・・・
店は私たちのために「貸し切り」にして、待ってくれていまして\(^o^)/
そこで地元の茶道の先生に、地元産の美味しい野菜や、サーモンなどをふんだんに使った料理を、ご馳走になりました↓
9シャト―トゥールソーヴァラードゥ0927
ボルドー赤ワイン シャトートゥール ソーヴァラードゥ

10前菜0927
前菜

11スープ0927
スープ

12三元豚ロースグリル
三元豚のロースグリル

13温製バナナタルト0927
温製バナナタルト 

14コーヒー
コーヒー

いやぁ私は食材にされて、食べられてしまうことなく(~_~;)
美味しい料理を食べる側でいることが出来て、本当に良かったです(^o^)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 演奏会のこと

[edit]

Posted on 2013/10/03 Thu. 23:57    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード