ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

青春18きっぷ残り二回 2013.9.11 

今回は「青春18きっぷ」の話をさせていただきます。

以前にも当ブログで書いた事もありますし、ご存じの方は多いと思いますが・・・
「青春18きっぷ」は、学校の春休み、夏休み、冬休みのシーズンに合わせて発売される、JRの格安乗車券です。

そしてこのきっぷでは、JR全線の全ての普通列車に乗ることが出来まして・・・
5日間(5人分)で11,500円という価格で発売されます。

つまり期間中にこのきっぷを使用すると、1日あたり(1人あたり)2,300円という超格安価格で、JRの普通列車に乗り放題というわけですね!

さて今夏の「青春18きっぷ」ですが、有効期間は、例年通り7/20~9/10で設定されていました。
なので今回このきっぷを利用出来たのは、昨日(9月10日火)までだったわけです。

私は今シーズンも、「青春18きっぷ」を金券ショップで(定価より200円安く(^.^))購入しておりました。
ですが有効期限の9月10日が間近に迫っていた先週末の時点で、私はこのきっぷをまだ三回分しか消費しておらず・・・
二回分未使用のまま残ってしまっていたんですね。

この事実に気づくと、私は非常に慌ててしまいました(~_~)

実は今夏は、異常な猛暑だったため・・・
私は灼熱の太陽に自分の肌を晒して、老化が進むのを、極度に恐れたんですね(^^;)

私は自分の肌を、若々しい、ピチピチのままキープしたい、
そしてそれをいつか結婚に結びつけたいという願望(妄想?)のため(^^ゞ

夏の間はずっと外出を極力控えて、冷房が効いた自宅に引き籠って、過ごしていたわけです。

そのためこれまで今夏「青春18きっぷ」を使用したのは・・・

真岡鐡道までSLと花火を撮影しに出かけた、7月27日と
長野県佐久まで出かけた、8月22日と
長野県松本から帰って来た、8月24日

の三回のみだったんですね。

「どうしよう、このまま青春18きっぷを二回分未使用のまま捨ててしまうのは、非常にまずい」
ということで・・・
まず先週末9月7日(土)に「青春18きっぷ」の4回目の消化を兼ねた、小旅行に出かけてきました。

残念ながらこの日(9/7)は、午前中一杯はずっと職場にいて・・・
高校受験を間近に控えている、中学生向けのレッスンを行わなければならなかったんですね(~_~)

ただこの時点で、私は「青春18きっぷ」をすでに少しだけ、利用しておりました。
私はこの日の早朝「青春18きっぷ」を使用して、JR東中野駅から職場の街の駅まで、380円分乗車したので・・・
この日はこれからあと2千円弱分JRに乗車すれば、元は取れる計算になりました(^o^)

さて職場での仕事は、12時半に全て終了しました。
私は急いで駅まで歩いて戻り、中央線の電車に八王子駅まで乗車して・・・
八王子で横浜線の電車に乗り換えました。
そして橋本駅まで行きました。

その後橋本駅からは、久し振りに相模線の電車に乗りました(^o^)↓
1sagamiden0907.jpg
相模線電車 205系 海老名駅

相模線は、私が子供の頃はまだ電化もされていない路線で、ディーゼルカーが走っていたんですね。
今は電化こそされていますが、未だに全線単線で\(^o^)/
日中は一時間あたり3本しか運行本数が無い、ローカル線です!

私は相模線に乗った経験は、ほとんど無く・・・
今回が生涯で2回目だったんですね!

なので今回は、相模線の沿線風景を、じっくり見てみたいと思いまして・・・
私は運転席の真後ろに陣取って、かぶりつきで前方を観察し続けました\(^o^)/↓
2相模線線路0907
相模線運転席真後ろからの風景

もし私がきれいな女性を、ずっとじろじろ見続けたとしたら・・・
やれセクハラだ、ストーカーだと訴えられたり(~o~)
警察に通報されたりする恐れがありますが(~_~)

代わりに電車から景色をかぶりつきで見続ける分には(周りから変人だと思われる可能性はあるものの)・・・
警察のごやっかいになるような心配は、全くありません(^o^)

ところで私は7~8年前に、相模線を初めて乗り通してみました。
そのときは、車窓からつかず離れず、滔々と水を湛えて流れる相模川を眺めることが出来て・・・
それが夕日に映えて、たいへん美しかったと記憶していました。

ところが今回久し振りに相模線に乗車してみたところ・・・
相模川は車窓から一度たりとも、全く見えなかったんですね!
これには驚いてしまいました(*_*)

どうして今回相模川は、全く見えなくなってしまっていたんでしょうか。
7~8年の間に、相模線の線路が大幅に付け替えられたのでしょうか?
それともこの地域に、大規模な地殻変動が起きたのでしょうか?
それとも前回私は、ただ幻影を見ていたのでしょうか?

私は未だに、狐につままれた思いです(謎)

さて私は始発の橋本駅から、50分程相模線に乗り続けて・・・
終点茅ヶ崎駅の2駅手前の、香川駅で下車しました。

そして香川駅から徒歩数分程の場所にある、「熊澤酒造」に向かいました↓
3熊澤酒造0907
熊澤酒造株式会社

私が今回ここを訪れた目的は、この「熊澤酒造」の敷地内にある、直営の「トラットリアモキチ」にて・・・
ここで醸造されたばかりの地ビール(湘南ビール)を味わうことだったんですね!

「トラットリアモキチ」はまるでドイツにあるビアハウスを連想させるような、風情ある素敵な建物でした↓
4トラットリアモキチ0907
トラットリアモキチ

ここの土休日ランチのラストオーダーの時間は、午後3時でしたが、それは事前にネットで調べてありました。
私はこの時間までに、店に辿りつけるか、少々心配していましたが・・・
何とか時間内に入店することが出来て、ホッとしました\(^o^)/

私はここでビールを味わいつつ(^o^)
遅めの昼食(早めの夕食?)を摂ることにしました。

まずビールの方は、「湘南ビール」の定番「ピルスナー」「アルト」「シュヴァルツ」を、色の薄い方から順番に注文しました↓
5ピルスナ-0907
湘南ビール ピルスナー グラス 525円

6アルト0907
湘南ビール アルト グラス 525円

7シュヴァルツ0907
湘南ビール シュヴァルツ グラス 525円

これまで「湘南ビール」は、瓶ビールで呑んでも充分おいしいと思っていましたが・・・
ここで醸造したばかりの、出来たてのビールを呑んでみると、新鮮さ、味わいが全然上でしたね!

ビールはちょっとした移動や、保存の仕方で、すぐ劣化してしまうようです(^^ゞ

ちょっとしたことですぐに心の病にかかってしまう、虚弱体質の現代っ子と同様(~_~)
ビールも慎重に大事に扱わないといけないんでしょうねぇ\(~o~)/

料理の方は、「オニオンフライ」と「仔羊のロティ 銀杏ソース」というものを頼みました。

まず「オニオンフライ」が来ましたが↓
8オニオンフライ0907
オニオンフライ 680円

「うわぁすごい量だな、全部食べられるかなぁ」
と心配するほど、巨大なオニオンが大量に、お皿に盛られていました(@_@)

味の方は、衣に黒ビールが使われているせいか・・・
ビールに良く合って、とても美味しかったですが(^.^)

続いて「仔羊のロティ」が来ました↓
9仔羊のロティ0907
豪州産仔羊の柔らかロティ 銀杏ソース 1,780円

今回の仔羊は、見事なピンク色をしていまして(^o^)
焼き加減が私好みの絶妙なレアで、柔らかくて美味でしたね\(^o^)/

その仔羊には、薄味の銀杏と秋野菜のソースが添えられていました。
羊を銀杏ソースでいただくのは、初めての体験でしたが・・・
羊と銀杏がこれほど合うとは、思いもよりませんでした(@_@)

これぞまさに、オーストラリアと日本の見事な融合、コラボレーションと言えるのではないでしょうか!!

その日はこのあと、青春18きっぷを最大活用するべく、熱海あたりまで遠征することも考えてはいましたが・・・

ここでたらふく呑み食いをして、お腹一杯になった私は、すっかり満足して(^o^)
香川から相模線で終点茅ヶ崎まで乗車した後は・・・
茅ヶ崎から東海道線で東京へ向け、まっすぐ帰りました。

ともあれこの日は、青春18きっぷを有意義に消化することが出来たので、良かったです\(^o^)/↓
10青春18きっぷ0907

次回は翌9月8日(日)に行った、「青春18きっぷ」消化5回目の小旅行について、記事を書きたいと思います。

・・・青春18きっぷ残り一回 へとつづく・・・

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/09/11 Wed. 23:39    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード