ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

府中市北山町の「うなぎ押田」~職場界隈でランチその⑬~ 2013.9.4 

昨日も同じようなことを書きましたが(^^ゞ

今夏はいままで体験したことが無いほどの、ものすごい猛暑でしたね(~o~)
しかも9月に入ったいまでも、その暑さがずっと続いているので、いい加減ウンザリしてしまいます。

私は普段は食欲旺盛ですが、このところあまりにも暑い日が続いたせいで・・・
さすがにいまでは、食欲は減衰しきってしまいました(~_~)

「食欲が衰えた今こそ、うなぎでも食べて精をつけなければ」
ということで・・・
昨日(9月3日火)午後職場に出勤する前に、ランチにうな重を食すことを思い立ちました。

「貧乏非常勤講師の分際で、高価なうなぎを頻繁に食すなんて、贅沢にも程があるだろう」

などとお怒りになられる読者もいるかも知れませんが(^^;

正直に告白をしますと、私は実は、うなぎはインド料理と同じ位、大好物なんですね!

非常に残念なことに(~_~)
うなぎの漁獲高は、最近極度に減少してしまいました(>_<)

私が恐れている通り、もうすぐうなぎが絶滅危惧種に指定されて(T_T)
近い将来、うなぎを全く食せなくなってしまうかも知れません。

ただし現時点では幸い、うなぎの価格は高騰してはいますが、市場にうなぎは十分出回っていますので・・・
今のうちはインド料理よりも、うなぎのほうを優先して(^o^)
完全に禁漁になる日が来るまでは、可能な限りうなぎを率先して食していきたいと思っています!

さて私は以前、私の職場の街にある鰻屋「信川円」に行って、うな重を食したことを、記事にしましたが↓
2013年7月2日記事

じつは「信川円」からそれほど離れていない場所に、もう一軒「うなぎ押田」という別のうなぎ屋が存在するんですね!

私は今まで一度も「うなぎ押田」には行ったことがありませんでした。
そこで昨日(9月3日)は調査も兼ねて(^.^)、こちらでうな重を食してみることにしました。

私は午前11時頃、JRの職場の街の駅に降り立ち・・・
大学通りを真っすぐ20分程歩いて、南下しました。

そして桐朋学園南側と、都立国立高校北側にある、狭い道にさしかかると、そこを東に曲がりました。
さらに5分程歩いていくと、市境を超え、府中市の西北のはずれ、北山町に入りましたが・・・
するとすぐそこに「うなぎ押田」があったんですね(^.^)↓
1うなぎ押田0903
うなぎ押田

↑見るからに本格的な鰻屋らしい、立派な店構えではありませんか\(^o^)/

なんでも「うなぎ押田」の本店は、福島県双葉郡にあるようですが・・・
その本店の創業は、なんと明治元年(1868年)なのだそうです(@_@)
超名門の老舗鰻屋の支店が、このような辺鄙な住宅地で営業していることには、驚いてしまいますね!

そして「うなぎ押田」のお品書きを見てみると・・・
ここにはうなぎを二匹分使用した、「殿様丼(5,600円)」という超豪華且つ、超高額なうな丼があるんですね!

残念ながら私は、殿様ではないし、貧乏人の平民ですから(^^ゞ
「殿様丼」は恐れ多くて注文出来ず・・・
それよりワンランク下の「うな重 松(3,500円)」を注文しました。

それから今回は出勤前ということで、お酒を注文することは出来ず、お茶を所望したのですが・・・
そのお茶が非常に美味しかったんですね(^o^)

そこでお茶のお替わりを頼むと、店の方は急須にお茶をなみなみと入れて、持ってきてくれました↓
2お茶0903

こういう思いがけないサービスをしてもらえると、嬉しくなってしまいますね(^.^)

うな重のほうは、注文して20分程経った頃に運ばれてきました↓
3うな重松0903
うな重 松

私の好みからすると、タレは少々甘めではありましたが(^^ゞ
うなぎの焼き加減、ふっくら感、ボリュームは申し分なく、非常に美味しかったですね(^o^)

このレベルのうな重で、3,500円という価格だったら、うなぎが値上がりしている現在では充分リーズナブルだと私は思いました!

うな重と一緒に、おしんこと肝吸いもいただきました。
おしんこは、写真がピンボケになってしまい、今回は掲載を差し控えますが<(_ _)>
肝吸いは非常に上品な味わいで、美味でした(^o^)↓
4きも吸0903
肝吸い

全体的に今回の食事には、非常に満足しましたね。

もしも私が大富豪になったらの話ですが・・・

毎週月曜日には「信川円(ここは火曜定休)」に通って(*^_^*)
毎週火曜日には「うなぎ押田(ここは月曜定休)」に通って(*^_^*)

というような生活をしたいと、本気で思いました(これは夢のまた夢ですが)。

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/09/04 Wed. 23:20    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード