ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

都営地下鉄ワンデーパスで検見川「シタール」へ 2013.8.19 

昨年もこの時期に、確か同じようなことを書いた記憶がありますが(^^ゞ

現在夏休みシーズンということで、土休日都営地下鉄一日乗り放題の、お得な「夏のワンデーパス(500円)」が発売中です。
これは私のような都営地下鉄沿線在住者にとっては、たいへん重宝するきっぷですね!

そして更に先週(8/11~8/17)は、“お盆ウィーク”だったため・・・
この「都営地下鉄ワンデーパス」が普段は使用不可能な平日中も、発売されていたんですね。
先週中は「ワンデーパス」を、どの曜日でも使用することが出来たというわけです(^o^)

「天から授かったこの千載一遇の機会を、逃す手はないだろう」
ということで・・・
先週金曜日(8月16日)に「都営地下鉄ワンデーパス」を利用して、千葉県千葉市花見川区検見川にあるインド料理の名店「シタール」まで行ってきました。

まず私の自宅最寄り駅の、都営大江戸線新江古田駅にて、「ワンデーパス」を購入しまして↓
1都営ワンデーパス0816
都営地下鉄「夏のワンデーパス」 500円

このフリーきっぷ↑利用で、新江古田駅から大江戸線で新宿駅まで進みまして・・・
新宿からは都営新宿線に乗り換えて、終点千葉県市川市の本八幡駅まで乗り通しました。

ちなみに新江古田⇔本八幡の都営地下鉄の普通片道運賃は、410円かかります。
今回は同じ区間を「ワンデーパス」で往復してきたわけですが・・・
片道あたり250円しか、かからなかったという計算になります。
これは超お得ですね\(^o^)/

都営本八幡駅=京成八幡駅では、京成電鉄の特急に乗り換えました。
ここから先は、もちろん「都営ワンデーパス」は利用出来ないのは、言うまでもありませんが(^^ゞ

そして京成津田沼駅からは支線の、京成千葉線の4両編成の電車に乗り継ぎました↓
2京成3500形0816
京成3500形

この「京成3500形」↑は、1972年に登場した、京成電鉄初のステンレス車両です(^.^)
この時期に製造されたいわゆる“国電世代”の電車は、どれをとってみても非常に個性的で、私は大好きですね!
・・・もちろん京成3200形以前の鋼鉄車両の方が、この3500形よりも遥かに魅力的ではありますが・・・

さて京成津田沼から検見川駅までは、たった3駅、5.3キロという短い距離しかないため、6分ほどで着いてしまいました。
そして「シタール」は検見川駅から徒歩5分もかからない、至近距離にあります。
私は「シタール」には13時半頃に到着することが出来ました↓
3シタール0816
印度料理 シタール

ところが店の前まで着いてみて、びっくりしたのですが(@_@)
満席で店にすぐ入ることが出来ないばかりか、私の前にも入店待ちの人達が、わんさか行列していたんですね!
私はこれから入店するまでに、一時間以上も待たなければなりませんでした(~_~)

ただ「シタール」の隣の隣にある、店専用の冷房完備の「待合室」に入って、そこで自分の順番を待つことが出来たことだけは、不幸中の幸いでした↓
4待合室0816
待合室

もし灼熱の太陽の下で、一時間以上も待つ羽目にでもなっていたら・・・
さしずめタンドールでローストされるチキンの如く(・Θ・)私の躰も焼きあがってしまったことでしょう。

さんざん待たされましたが、ようやく14時半過ぎに店内に入ることが出来ました。
そして注文は待っている最中に済ませていたため、料理はすぐ運ばれてきました。

今回私は、「シタールランチセット(1239円)」と、食後に「マサラチャイ(525円)」を注文していました。
「シタールランチセット」は、カレー二種とラッサム(スープ)、ライス、デザートがついた、ランチ限定のお得なセットです。
カレーはチキン、キーマ、バターチキン、野菜の四種から選択するようになっていましたが・・・
今回私はチキンとキーマにしました。

ちなみに知らない方のために、一応説明しておきますと・・・
「シタール」とはインドの伝統的な弦楽器の名称で、店の名前はそこから採られています。

私は「シタールセット」というと、ついつい「初心者用バイオリンキット(バイオリン&弓&松ヤニ&ケース一式5万円とか)」のインド版楽器セットみたいなものを連想してしまいますね(笑)

さて今回はまず「ラッサム」がきまして↓
5ラッサム0816
ラッサム

ほどなくしてカレー二種、ライスが運ばれてきました↓
6チキンカレー0816
チキンカレー

7キーマカレー0816
キーマカレー

8ライス0816
ライス

ここの「ラッサム」は、トマトの風味が強く出ていましたね。
辛さはマイルドでしたが、とても美味しくて感心しました(^o^)

「チキンカレー」「キーマカレー」はともに、麹町「アジャンタ」仕込みというのが良く分かる、高品質なカレーでした。
一見すると似たようなカレーに見えますが、ベースは全く異なっています。
両方とも派手さはないものの、食べ進める度により旨さが際立ってくるようで、素晴らしかったです。

ライスですがランチの間は、日本米とバスマティライスどちらかひとつを選べるということでした。
私はもちろんバスマティライスを所望しましたが・・・
「本日分のバスマティライスは、売り切れでもうありません」
と店の人に言われてしまったのは残念でした(~o~)

食後のデザートは何がくるのかと期待していましたが、「マンゴープリン」でした↓
9マンゴープリン0816
マンゴープリン

このマンゴープリンですが・・・
良質なマンゴーがふんだんに使用されているようで、感動するほど美味でしたね\(^o^)/
「またいつか絶対、このマンゴープリンを食べるためにここに戻って来たい」
と思わせるほど、素晴らしい味わいでした。

最後に「マサラチャイ」を飲んで、〆にしました↓
10マサラチャイ0816
マサラチャイ

以前にも当ブログで、「シタール」のチャイについては2回取り上げたことがありましたし・・・
毎回同じことを繰り返すのは恐縮ですが<(_ _)>

この店のチャイは、本当に驚愕するほど素晴らしいですね!
濃厚で気品があって味わい深くて(*´∀`*)ウットリ
「シタール以上のチャイはこの世にあり得ないのではないか」
というくらい、本当に美味しかったです(^o^)

いやぁ今回は久々にインド料理を食しに、遠く千葉まで行きましたが・・・
名店「シタール」の料理を再び堪能出来て良かったです!

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/08/19 Mon. 00:12    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード