ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

国立科学博物館特別展「グレートジャーニー人類の旅」 2013.5.15 

今年度は通常火曜日は、職場へ出勤することになっています。

ですが昨日(5/14)は「体育祭予行」という行事があったため・・・
職場へ行く必要が無くなり、丸一日予定が空いてしまいました\(^o^)/

結果的に昨日は晴天になったため、「体育祭予行」は予定通り行われたわけですが・・・
もし雨天だった場合は、「体育祭予行」は延期され、通常通りレッスンをするため職場へ行く必要があったわけですね。

なので一昨日は天気予報をたびたびチェックしながら、昨日の天気がどうなるか固唾を呑みつつ、ヤキモキしていました。

私は品行方正な人間ですし、職務に対してはすこぶる真面目ですので(皆様に信じていただけるかは分かりませんが)・・・
昨日もし雨が降って、勤務に行く必要が生じた際は、職場へと真っ先に馳せ参じるべく意気込んでおりました(^^ゞ

ですが幸か不幸か昨日は晴れて気温も上昇して、まさに「体育祭予行」日和となりました(^o^)

職務を遂行出来なくなったのは、非常に残念ですが(^^ゞ
ここは天から授かった貴重な休日を、有意義に過ごそうと思案しまして(^.^)

私と同じく「体育祭予行」のおかげで予定が一日空いてしまって、暇を持て余しているであろう職場の同僚ピアノのK先生をお誘いし(^.^)・・・
国立科学博物館特別展「グレートジャーニー人類の旅」を観に、上野まで行ってきました↓
1グレートジャーニー0514
国立科学博物館 入口

「グレートジャーニー」はフジテレビで放送され、話題になったドキュメンタリー番組のようですが・・・
放送された当時日本にいなかったせいか、私はこの番組のことは良く知りませんでした。

ですがつい先日私を後援して下さっているNさんから、この特別展の招待券を2枚頂戴しまして・・・
これを機にK先生とともに、この特別展を見学しに出かけることにした次第です。

「グレートジャーニー人類の旅」展は、(大雑把に説明しますと(^^ゞ)アフリカで誕生した人類が世界中に拡散していった「グレートジャーニー」を、世界各地の過酷な条件での生活を実体験しながら、アフリカに向けて逆に辿ってみよう、というコンセプトです。

この特別展において最も重要な展示品であろう「干し首三体」と「ミイラ一体」については、写真撮影不可でしたが(~o~)
その他のほとんどの展示品については、写真撮影することが出来ました(^.^)↓
2マチゲンガ0514
マチゲンガ族の住居

3染料0514
アンデス先住民が織物に使用する染料

4トナカイ毛皮0514
シベリア先住民が着るトナカイ毛皮の衣装

5ヤランガ0514
ヤランガ

6縄文号0514
縄文号

第2会場には360万年前アフリカに存在した「アファール猿人」の復元プロジェクトということで・・・
男、女、子供(男の子)三体の猿人が復元されていました↓
7アファール猿人0514
アファール猿人

↑この学術モデル(顔の表情の復元)は、ナインティナインの岡村隆史さんが(三体とも)担当したそうです(笑)

今回の特別展の趣旨とは多少はずれますが・・・

人類がアフリカで誕生したということは、今日ではDNA鑑定など科学的に解明されています。
つまり起源を辿っていくと、人類はもともと黒人だったわけですね(@_@;)

そしてヨーロッパに渡った人類は、白人に変化していったわけですし・・・
アフリカに残った人類は、そのまま黒人で居続けたわけですが・・・

実際にアマゾンの熱帯雨林のジャングルとか、標高4000m以上のアンデスの高地とか、マイナス40度のシベリアの寒冷地とか、ほとんど雨が降らないゴビ砂漠の乾燥地帯といった、世界で最も過酷な環境の場所まで旅をして、そこで生き抜いてきた人たちは、実は私たちと同じ黄色人種であったことは、今回の特別展で初めて分かりましたね。

黄色人種は寒冷地や灼熱の砂漠や、或いは富士山頂を超える高地といった、あらゆる過酷な環境にも適応する能力を持った、極めて優れた人種だったわけです!

残念ながら日本では、明治維新以来、白人に対して妙なコンプレックスが植えつけられてしまいました(~o~)
昨今は外見を白人に似せて喜んだり、ヘンテコな和製英語を話したがる人は、巷に大勢見受けられます。

ですが私自身は自分が黄色人種として生まれてきたことを幸運に思いますし\(^o^)/

自分が黄色人種であり、アジア人であるという誇りを失わずに、今後も生きてゆきたいと改めて思いましたね(^.^)

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/05/15 Wed. 23:25    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード