ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

4/13(土)アジャンタ系統のインドカレー店めぐり 2013.4.17 

前回私は4月13日(土)に、真岡鐡道沿線に出かけて、SL撮影をしたことを、記事に書きました。

実はこの日に真岡鐡道沿線に出かけた目的は、SL撮影の他にもうひとつありました。

それは益子町の市街地のはずれにある、南インドカレー店「けらら」を訪問して、食してみることでした。

益子町のはずれという、超辺鄙な場所に、本格的な南インドカレー店が存在するというのは・・・
相当衝撃的だし、驚愕してしまいますね(@_@;)
(この周辺に住んでおられる方々、どうも済みません<(_ _)>私は田舎で生活している人たちを、決して馬鹿にしているわけではありません)

「けらら」のマスターは、実は創業時の「アジャンタ」で働いていた経験があるそうです。
これは凄いことですよ!
昭和30年代に「アジャンタ」で修業していた方が、今なお元気に、現役でカレーを作り続けているなんて。

現在「アジャンタ」出身の日本人シェフの店は、有名無名含めて日本全国津々浦々に存在しますが・・・
創業時の「アジャンタ」の味をもっとも忠実に再現しているのは、じつは「けらら」だという噂もあります。

「けらら」のある栃木県益子町は、東京に在住している人にとっては、非常に遠く、行きにくい場所ですが・・・
私も含めて「アジャンタ」ファンの一員としては、ぜひ一度は「けらら」に訪問して、実際に食してみなければなりません!

私は昼前に多田羅でチューリップの写真を撮り終えると、多田羅駅から下館行きのディーゼルカーにひと駅乗車して、七井駅で下車しました。
そして七井駅から「けらら」目指して歩いて行きました。

「けらら」の最寄り駅は益子駅ではなくて七井駅ですが・・・
七井駅から「けらら」までは非常に遠く、1.5キロ以上も離れているんですね(~o~)

駅から約20分必死で歩き続けて、ようやく「けらら」に辿り着きました↓
3けらら0413
印度カレー&コーヒー けらら

店内に入ってみると、非常に味のある(温水洋一さん似の(^.^))マスターが、一人で調理・給仕をすべてされていました。

私は今回チキンカレーとキーマカレーの両方がついてくる、「ミックスカレー(850円)」をオーダーしました。
またそれに350円を追加するとコーンスープとコーヒーが付いてくる、「セット」というのも頼みました。

注文してから料理が運ばれてくるまでかなり時間がかかりましたが・・・
おそらく料理の作り置きなどはせず、丁寧に調理を行っていたものと思われます。

そして料理が来ました↓
4チキンカレー0413
チキンカレー

5キーマカレー0413
キーマカレー

6アチャール0413
アチャール(サービス)

7ライス0413
ライス

8コーンスープ0413
コーンスープ

今回食べたカレーを一言で言うと、益子町のはずれという田舎では到底あり得ないような、もの凄く素晴らしい南インドカレーでしたね!!

妥協が一切無く、麹町の本家「アジャンタ」なみに辛さも非常に効いていて、スパイシーなカレーでした。

骨付きのチキンカレーも美味でしたが、何といってもドライタイプのキーマカレーはたいへん美味しかったし、感銘を受けました。

「アジャンタ」も現在では、グレービーなキーマカレーを出すようですが・・・
「アジャンタ」の創業時は「けらら」で出てきたような、ドライタイプのキーマカレーを作っていたそうです。

「けららのキーマカレーは、創業時のアジャンタそのものの味だよ」
と人から言われたら、私も
「さもありなん」
と信じてしまうでしょうね。

「けらら」のキーマカレーは、それ程ハイレベルで素晴らしいものでした。

それからサービスで「アチャール」が出てくるのも「アジャンタ」流でしたが・・・
ここのアチャールも「アジャンタ」同様非常に美味でした。

食後に出てきたコーヒーも、「昔ながらの喫茶店の味」が再現されていて良かったですね↓
9コーヒー0413
コーヒー

今回は無難にカレーを日本米で食しましたが・・・
「けらら」では「チャパティ」や「プーリ」「パロタ」といった南インドのパンも、非常に充実しています。
(ナンはありませんが)

次回はカレーを南インドのパンで食してみたいですし・・・
また「エビマサラ」「ゴビサブジ」などなど、他の魅力的な料理も食してみたいですね!

さてこの日は「けらら」の昼食に大変感銘を受けたので・・・
夕食も別の「アジャンタ系統」の未訪問店に行ってみることにしました(^o^)

目指したのは京浜東北線北浦和駅西口から徒歩10分程の「さらじゅ」でした↓
10さらじゅ0413
さらじゅ

ここでは私は、「バジャ」という天ぷらとカレー2品がセットになった「バジャセットB(1,890円)」と、「生ビール中グラス(420円)」を注文しました↓

注文して間もなく「ビール」「サラダ」「バジャ」が次々と運ばれてきました↓
11生ビール中0413
生ビール 中グラス 420円

12サラダ0413
サラダ

13バジャ0413
バジャ(茄子とししとう)

↑茄子とししとうの「バジャ」は美味でしたが、ソースがケチャップだけだったのはがっかりしましたね(~o~)
フライドポテトを食べるわけではないのだから、ケチャップは無いでしょう・・・

「サラダ」も「バジャ」も食べはじめたばかりのタイミングで、カレーもきました↓
14マトンカレー0413
マトンカレー 辛口

15エビカレー0413
エビカレー 辛口

17ライス0413
ライス

全ての料理が注文してからあっという間に来てしまいましたが(^^ゞ
おそらくこの店では、料理を作り置きしているんでしょうね。

「マトンカレー」も「エビカレー」も「アジャンタ仕込み」だということは伝わってきましたが・・・
「アジャンタ」と比較するとスパイシーさは乏しかったです。

ここでもサービスで「アチャール」が出てきましたが↓
16アチャール0413
アチャール

これも「アジャンタ」や「けらら」のアチャールほど美味しくはなかったです。

最後にセットのチャイを飲みました↓
18チャイ0413
チャイ

「さらじゅ」も北浦和という立地条件を考えれば、充分リーズナブルな値段設定だし、充分立派なカレー店とは思いますが・・・

「けらら」の印象があまりに強烈だったせいか、それと比較すると「さらじゅ」にはそれ程魅力を感じませんでしたね。

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/04/17 Wed. 23:57    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード