ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

久しぶりに西荻「ラヒ パンジャービーキッチン」でビリヤニランチ 2013.4.12 

本日久し振りにフルート奏者の佐々木真先生ご夫妻と、ランチでご一緒することになりました。

・・・いや正確に申しますと(^^ゞ本日久し振りに佐々木真先生ご夫妻に、お昼をご馳走いただくことになりました(^.^)

佐々木先生は長年東京交響楽団で、主席フルートを務めておられましたが・・・
オーケストラを定年で退職された後、70歳を超えた今でもなお、現役で演奏活動をされておられる、非常に希有な方です。

私はこの度今年9月6日(金)ゆめりあホール(大泉学園)でのコンサートで、佐々木先生と共演させていただくことになりました。
そのコンサートのプログラム等の打ち合わせを兼ねて、本日ご馳走いただくことになった次第です。

本日ご夫妻には車で私の自宅まで迎えに来ていただいたのですが、事前に奥さまから
「今日は智洋さんが、どこか良い所に案内して下さい」
との申し出がありました。

私は「さてどこがよいものやら」と、しばし思案しました。

町屋ベンガル・・・少し遠過ぎるなぁ
八潮パキスタン・・・もっと遠過ぎるなぁ
桜台イタリアン・・・美味しいけど車なのでもっと遠くに行きたいなぁ
国立フレンチ・・・美味しいけど職場関係者と遭遇するのは嫌だなぁ
東中野アフガン・・・あっここは夜しかやってなかったかぁ

などといろいろ思案した結果、今回は西荻窪のパキスタン料理「ラヒ パンジャービーキッチン」にお連れすることにしました。

私自身「ラヒ パンジャービーキッチン」で食事をするのは久し振りで、今年に入ってからは初めてでしたが・・・
佐々木先生ご夫妻はもちろんこの店は初めてでしたし、これまでインド料理やパキスタン料理を召し上がられた経験自体、ほとんどなさそうでした。

そこで私は
「今回は自分が指南役を務めて、いろいろご夫妻に教えて差し上げなければ」
と大いに張り切りました(^o^)

店に入ると、ご夫妻は店の内装や、ビデオで放映されていたインド映画を、興味津津で眺めておられました。

私はこの店のランチメニューの中から、私の一押し「マトンビリヤニセット」をお二人にお勧めしまして・・・
その結果私たちは三人とも、「マトンビリヤニセット カレー2品(1,500円)」を注文しました。

私のカレーの選択は、「マトンカレー」と「野菜カレー」で、辛さは「大(激辛)」にしました。

私はお二人には辛さは「中(中辛)」にすることを勧めまして・・・
佐々木先生は「マトンカレー」「豆カレー」(辛さ中)、奥さまは「チキンカレー」「野菜カレー」(辛さ中)にされました。

まず「ひよこ豆の前菜」と「ラッシー」が来ました↓
1ひよこ豆のアチャール0412
ひよこ豆の前菜

2ラッシー0412
ラッシー

↑「ひよこ豆」はほのかにカレーの風味がして、非常に美味でした。

「ラッシー」は以前一度書きましたが、ランチタイムはこの店では、一杯お替わりが可能というのが、素晴らしいですね!

そして「マトンビリヤニ」と「カレー2品」「ライタ&アチャール」が来ました↓

3マトンビリヤニ0412
マトンビリヤニ

4マトンカレー0412
マトンカレー

5野菜カレー0412
野菜カレー

6ライタ&アチャール0412
ライタ&アチャール

奥さまの「チキンカレー」と佐々木先生の「豆カレー」も、少し味見させてもらいました(^o^)↓
7チキンカレー0412
チキンカレー

8豆カレー0412
豆カレー

いやぁここのカレーは、「マトン」「チキン」「野菜」「豆」それぞれベースが全然違っていて、なお且つ全てのカレーがものすごくハイレベルだということを、再確認しましたね!

このなかでもやはり「マトンカレー」は、ダントツに美味しいと私は思いました。
「マトンカレー」と「マトンビリヤニ」というのも、ベストマッチですし!

本日は久し振りに「ラヒ パンジャービーキッチン」のマトンカレーとビリヤニを味わうことが出来、私はしばし幸せに浸りました(*^_^*)

それからこれは完全に店の人からの受け売りですが(^^ゞ
「ライタ」と「アチャール」はカレー&ビリヤニと混ぜ混ぜして食べるよう、お二人に伝授しました(^.^)

食後には「デザートセット(500円)」も注文しました↓
9人参のハルワ
にんじんのハルワ

10マサラミルクティー0412
マサラミルクティー

今回のデザートは、「にんじんのハルワ」でした。
これは美味しかったですね(^o^)
この材料は、にんじん、牛乳、バター、ピスタチオなどだそうです。

そう言えば私は2月に大阪の「カジャナ」で、グジャラート料理のコースを食べたとき、似たようなデザートに出会っていましたね。

「マサラミルクティー」は砂糖は一切入っていなくて、甘さはなかったですが、美味でした。

今回私の店と料理の選択は、佐々木先生ご夫妻にも喜んでいただけたようで、本当に良かったです(^.^)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/04/12 Fri. 23:54    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード