ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

京都・大阪でインドカレー店めぐり 前編 2013.2.26 

先週2月18日(月)~20日(水)にかけて、京都で3日間寺院めぐりをしまして、その模様を当ブログで前回まで3回に分けてご紹介してきました。

じつはその京都滞在中に裏テーマとして、インドカレー店めぐりも敢行しました^.^)
その間非常に美味しい料理や、滅多に食べられないようなレアな料理にも、多々めぐり合うことが出来ました。
これからその食べ歩きについて前編・後編に分けて写真を織り交ぜつつ、書いていきたいと思います。

「何も京都に行ってまで、インド料理ばかり食さなくてもいいではないか」
という声も聞こえてきそうですが(^^ゞ

仏教はもともとインド発祥の宗教ですし(^O^)
お釈迦さまが誕生したのも悟りを開いたのも、入滅したのもすべてインド国内ですから・・・

そういう意味では京都で仏教の寺院めぐりをしつつ、インド料理を食すというのは、至極当然とも言えるでしょう!

さて一日目18日(月)は寺院めぐりを終え、河原町のホテルにチェックインした後、ディナーを食べに四条大宮の「ラトナカフェ」まで歩いて行きました↓
1ラトナカフェ0218
ラトナカフェ

「ラトナカフェ」は日本人のご夫婦二人で切り盛りしているインド料理店で、私は前々から行くのを楽しみにしていました。
なんでも二人は昔、インドに約2年ほどバックパッカーとして旅行・滞在していて、その際現地の人から料理を教わったそうです。

私も来世ではヴァイオリンの練習にあくせくせず、このご夫婦のような人生を送ってみたいですね(笑)

そして驚くべきことにこの店では、奥様のほうが調理を担当し、ご主人が給仕を担当しています。

ご主人が調理し、奥さんが給仕をする店は、日本にはたくさんありますが・・・
その逆というのは日本では珍しいのではないでしょうか。
アメリカでは珍しくないかも知れませんが。

私は京都の町家そのままの内装の「ラトナカフェ」に入店すると、まず瓶ビールと、そのおつまみとしてポテトサモサを注文しました↓
2キリンラガー中0218
キリンラガー中瓶 500円

3ポテトサモサ0218
ポテトサモサ 500円

「ポテトサモサ」はまるで揚げ餃子のように小ぶりで、かわいらしい外観でしたが(^.^)、ビールにはとても合い、美味しいおつまみでした。

そしてメインのカレーは野菜(日替わりで内容は変わるようです)、チキン、ラム、エビ、フィッシュと5種類あり、全て同じ価格(1,100円)でしたが・・・
今回はそのなかで一番辛いものを食したかったので、ラムカレーを選択しました。
それからご飯は白米と玄米から選べるということでしたが、健康を考えつつ玄米にしました。

「ポテトサモサ」を食べ終わった頃、カレーがターリー(定食)スタイルで来ました↓
4ラムカレー0218
写真左から時計回りに
   ポテトといんげんのサブジー
   ラムカレー
   ダル(豆のカレー)
   ライタ(ヨーグルト)
   パパド(豆せんべい)
   玄米
   写真右上:レモンのアチャール

ここのラムカレーは想像以上に、めっちゃ美味しかったですね\(^o^)/
ラムの風味もカレーの味も申し分なく、辛さも充分でした!

玄米についてですが、インドのラムカレーと果たして合うのか若干不安でした(^^ゞ
ですが実際食べてみて、まったく違和感は感じませんでした。

おそらく北インドのカレーと玄米とは、全然合わないとは思いますが・・・
南インドスタイルのカレーは、日本米でも充分いけるのでしょう。

南インドではバスマティライスのような長い米ではなく、ジャポニカ米のような短い米が食されるようですし。

カレーの周りにあるおかずの数々も、非常に美味でした(#^.^#)

全体的に女性シェフならではの、繊細で体に優しいインドの家庭料理という感じで、素晴らしい夕食を満喫しました!
加えてお値段もリーズナブルで、財布にも優しくて良かったです(^o^)

私は今回「ラトナカフェ」の料理を非常に気に入りましたし、京都滞在中は毎食ここに通っても良いかと思ったのですが・・・
残念ながら火曜日・水曜日は、ここは休みなんですね(T_T)

仕方なく翌日19日(火)からは、別の店に食事に行かねばなりませんでした。

19日(火)ランチは烏丸四条駅そばの「スパイスチャンパー」に行きました↓
5スパイスチャンパー0219
スパイスチャンパー

何故この店に行ったかというと、私はこの時寺院めぐりをしている最中でして・・・
この日は4ヶ所廻る予定だったので、出来る限り時間をロスしないように、繁華街&駅近くの店を選んだ次第です。

私はこの日の開店時間11時45分ちょうどに入店しました。

「スパイスチャンパー」はまだオープンしてから3年足らずの、ニューフェイスです。

フードメニューは「ニューヨークチキンカレー(ニューヨークの意味が良く分かりませんが(^^ゞ)」と「キーマカレー」の二種類のみで、ともに950円です。

二種類のカレーのみで京都の繁華街のど真ん中、烏丸四条で勝負するなんて、非常に潔いですね!

もし私自身がレストランをプロデュースするとしたら、二種類のメニューだけで勝負などということは、とても出来ません(^^;

私はここでキーマカレーを大盛りでオーダーしました↓
6キーマカレー0219
キーマカレー 大盛り 950円+大盛り200円

一口食べてみて・・・
うーん、これはインドカレーでは無かったですね。
かと言って一般的な日本のカレーとも、大分異なっていました。
日本カレーよりはインドカレーに近い、という感じはしましたが。

羊挽肉ではなく鶏挽肉が使われているため、あっさりはしているけれども、スパイスはふんだんに使われているようで、かなり辛めでした。
梅干しものっているのがユニークで、和風というか京風な趣きもありました。

あえてジャンル分けをすると、“薬膳カレー”とでも言うのでしょうか。

このカレーはかなり辛かったのですが、一緒に頼んだ「マンゴージュース」が辛さを和らげてくれました↓
7マンゴージュース0219
マンゴージュース 300円-ランチ割引100円=200円

次回は19日(火)ディナーと、最終日20日(水)ランチについて書きたいと思います。

乞うご期待!(^o^)

・・・後編へつづく・・・

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/02/26 Tue. 23:02    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード