ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

第47回京の冬の旅 特別公開寺院めぐり 一日目 2013.2.20 

一昨日2月18日(月)から本日20日(水)にかけて、京都に滞在しておりました。
そして「第47回京の冬の旅 非公開文化財特別公開」に絞って、3日間かけて寺院めぐりをしてきました。

「京の冬の旅」寺院めぐりは昨年仕事の合間に、人生で初めて体験しましたが、それ以来その魅力にすっかりハマってしまったんですね!
ぜひ今年もふたたび体験せねばと思い、大枚はたいて京都まで行ってしまった次第です。

今回はなぜ平日にしたかというと、今週月~水はたまたま仕事がまったく無かったのがひとつと・・・
私は人が大勢押し寄せるのがいやで、休日は避けたかったというのがひとつです。

静寂のなか、心静かに、ゆっくりと参観したいという気持ちも強いのですが・・・
それ以上に私は極度の人間嫌いで、人混みが大の苦手なんですね。

平日ということに加えて、今回は天気も悪い日が続いたせいか、どの寺院に行っても人はまばらでした。
これは私にとっては非常に好都合でしたね(^.^)

もっとも「京の冬の旅」寺院めぐりは、京都の文化に特別に興味がある、かなりコアな人向けの企画なのかも知れませんね。
外国人観光客や、嵐山に行ってワーキャー言って喜ぶようなギャルは、巷では大勢みかけたものの、「京の冬の旅」で特別公開している寺院内にはまったくいませんでした(^.^)
もちろんこの時期は、うるさい修学旅行生もまったくいなかったのも、僥倖でしたね(^o^)

それでは今回は、初日18日(月)の寺院めぐりについて書きたいと思います。

この日は朝10時前に京都駅に到着し、駅構内の観光案内所でパンフレットや地図を入手した後、徒歩30分ほどかけて東寺まで行きました↓
1東寺五重塔0218
東寺 五重塔

2東寺講堂金堂0218
東寺 講堂&金堂

「東寺 五重塔」は京都駅から近いし、新幹線車内からも良く見えますね。

講堂と金堂のほうは普段から300円という拝観料で、一般公開されているようです。
今回のキャンペーンで特別公開されていたのは五重塔で、講堂と金堂と合わせて800円で拝観させてもらえるというシステムでした。

東寺に行くのは私は今回が初めてで、講堂も金堂もこれまで拝観したことが全く無かったので、問題はありませんでしたが。

五重塔内の四体の仏像も非常に美しく、感銘を受けましたが、それ以上に講堂と金堂の巨大さ・荘厳さに圧倒されましたね。
中の仏像の大半は、「国宝」もしくは「重要文化財」だらけで・・・
さながらストラドとグァルネリをいっぺんにたくさん観た気分になりました(@_@)

その後祇園で昼食を摂った後、京阪電車に乗って聖護院に行きました↓
3聖護院0218
聖護院

聖護院近くにある「聖護院八ツ橋」は有名な和菓子屋だし、ご存知の方は多いでしょうが(^.^)
聖護院はこの日もっとも感銘を受けた寺院でしたね!

「京の冬の旅」では12年振りの公開だそうですが、普段もなかなか公開されることはないそうです。
普段なかなか観ることが叶わない、貴重な寺院を訪れることが出来て良かったです!

実際御所が火事になった時、ここが旧仮皇居になっていたということで・・・
非常に格式の高い門跡寺院で、雅やかさを感じました。

狩野派をはじめとする絵師によって書かれた、百数十枚の襖絵の保存状態も、(修復・修理されていないオリジナルの状態だったのですが)非常に良かったです。

ここでは拝観している人が少ないお陰で、ガイドさんの説明を一対一で聞くことが出来たりもしました!
マンツーマンでガイドさんのレッスンを受講出来、私からも質問がしやすくて、最高でしたね\(^o^)/

聖護院では建物内や仏像の写真はNGでしたが、庭園の写真を撮るのはOKでした↓
4聖護院石庭0218
聖護院石庭

最後の部屋では、法螺貝を吹かせてもらうという、貴重な体験も出来ました(^o^)
私は法螺貝を吹くのは初めてでしたが、そのわりには結構きれいな音が出せました\(^o^)/

聖護院を出た後、雨が降るなか徒歩で南に向かい、この日最後の拝観場所、知恩院三門へと向かいました↓
5知恩院三門0218
知恩院 三門

私は昨年の「京の冬の旅」で、東福寺と妙心寺の三門(山門)を拝観しましたが・・・

それ以来すっかり「三門マニア」になったので(^.^)、今回知恩院三門の内部を観るのも前から楽しみにしていました。

ここの三門は、その巨大さと天井・柱の壁画の保存状態の良さに、感銘を受けました。

木造の門としては、世界最大規模だそうで(*_*)

壁画はオリジナルの状態で、色合いがまったくあせていないことに、非常に驚きました。

ガイドさんの話によると、なんでも絵の具にエメラルドの宝石など高価な材料が混ぜ込まれていたお陰で、経年劣化が防がれてきたそうです。

三門を拝観した後、NHKテレビで大晦日に必ず登場するという、知恩院にある「大鐘楼(除夜の鐘)」も見学しに行きました↓
6知恩院大鐘楼0218
知恩院 大鐘楼

次回は昨日(19日火)の寺院めぐりについて、書こうと思います。

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/02/20 Wed. 23:33    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード