ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

「コートロッジ中野店」の“ランチCセット” 2013.2.13 

今回はスリランカ料理の話をさせていただきます。

昨年末JR南武線矢川駅近くのスリランカ料理店「ジャヤピヤサ」でディナーを食べまして、そのことを当ブログに書きました(2012年12月12日記事参照)。

私は最近「インド、インド」といつも言っているし、インド料理店のことばかりブログで取りあげているので、意外に思われるかも知れませんが・・・
実はそのときが私にとってはほぼ、スリランカ料理初体験でした。

スリランカ料理というのは、日本ではマイナーで、レストランもそんなにないものだと、これまでずっと勝手に考えていましたが・・・
これはとんでもない偏見というか、誤解のようでした。

それどころか“灯台もと暗し”と言いますか(^^ゞ、実はスリランカ料理店は私の自宅のそばにもあったんですね!

つい先日中野区沼袋に、「スジャータ」というスリランカカレーを出す店があるのを発見し、一度食してみました。
ここのカレーは伝説の名店の血統を引き継いでいて、大変美味でした。

それからもう一軒中野区中野坂上に、「コートロッジ 中野店」というスリランカ料理店があることにも、最近気がつきました。
その店に大変興味を惹かれたので、本日(2月13日)ランチを食しに出かけて来ました。

今回は節約と健康増進を兼ねて(^^)、自宅から沼袋駅、中野駅を経由して、一時間以上かけて徒歩で店まで向かいました。

先程「コートロッジ 中野店」は中野坂上にあると書きましたが・・・
実際は新中野と中野坂上のちょうど中間あたりに位置しています。

しかも人通りの少ない、住宅街のまっただ中という、大変分かりにくい場所でして(^^ゞ
ここに初めて行く人は、絶対迷うでしょうねぇ。
実際私も本日住所を頼りにこの近くまで辿り着きましたが、それらしき店は全く見当たらず、焦ってしまいました。

何しろレストランはおろか商店でさえまわりにひとつもありません。
あるのはただ一軒家とアパートのみ(^^;

それで困りつつこのあたりを歩きまわっていると、どこからか美味しそうなカレーの匂いが漂ってきまして・・・
それを頼りにようやく店まで到着した次第です\(^o^)/↓
1コ―トロッジ0213
コートロッジ 中野店

入店すると、一階にも席は少しあったのですが、地下のフロアに案内されました。
調理は全て一階で行なっているようなのですが。
地下のフロアは(私のこれまでの数少ないスリランカ料理店体験の中では)たいへんゴージャスな雰囲気でした。

スリランカ料理店に入ったからには、まずは高品質なスリランカビール「ライオンビール」を飲まなければということで・・・
席に着くと私は早速「ライオンビール ラガー」を注文しました↓
2ライオンラガー0213
ライオンビール ラガー 580円

ビールは期待通り非常に美味しかったので(#^.^#)、お替りで黒ビールも頼みました↓
3ライオンスタウト0213
ライオンビール スタウト 580円

「ジャヤピヤサ」の550円より若干高額とはいえ、充分良心的な価格でスリランカビールが飲めて良かったです!

料理の方はCセット(カレー1種、デビルポテト、イエローライス、プレーンゴダンバ、サラダ)(1,000円)を頼みました。そして選べるカレーはチキンカレーにしました↓
4セットサラダ0213
セットサラダ

5ランチCセット0213
ランチ Cセット
   写真左:チキンカレー
   写真中上:イエローライス
   写真中下:デビルポテト
   写真右:プレーンゴタンバ

まずカレーを一口食べてみましたが・・・
めっちゃおいしい~\(^o^)/

充分辛さも効いており、複雑玄妙なコクが備わっていて、素晴らしいカレーでした。
チキンのほうも煮込み具合が申し分なく、非常に美味でしたね(^o^)

「デビルポテト」もスパイシーで、美味しい料理でした!
これはビールのつまみとしても絶品だったし、ご飯と一緒に食べても良かったです。
さらに卓上のチリソースをかけると、一層おいしくなりました!

それにしてもどこのスリランカ料理店に行っても、“デビル●●”という料理をメニューにたくさん見かけますが・・・
一体“デビル”とはスリランカではどういう意味なんでしょうね(?_?)

私は「デビル=悪魔」という認識しかありませんが(^^ゞ

このことについてもしご存知の方がいらしたら、是非ともご教示ください<(_ _)>

「プレーンゴタンバ」は、チャパティとロティを足して2で割った感じと言ったら良いでしょうか。
「ジャヤピヤサ」のチャパティとここのゴタンバは、非常に類似しているようにも感じました。

ゴタンバは卓上の「マンゴーチャツネ(これがまた大変美味でした!)」と合わせていただきました。

食後には「セイロンティー」のサービスもありました(^o^)↓
6セイロンティー0213
セイロンティー

濃厚で香りも良く、甘さも程良くて、美味しいミルクティーでした!

いやぁ昨日「シエル ドゥ リヨン」のランチで、至高のローストチキンを千円で食べたばかりでしたが・・・
本日の千円ランチも昨日とまったく遜色ないレベルの高さでしたね!

最後にこの店ではオリジナルのレトルトカレーも販売していたので、お土産に購入しました↓
7レトルトカレー三種0213
レトルトカレー三種 左:ナスカレー 中:ビーフカレー 右:チキンカレー 1,000円

レトルトカレーは3個千円、1個あたり333円という価格で販売されていましたが、これは安いですね(^.^)

今度このカレーを食しつつ、スリランカカレーについてより深く研究してみたいと思います!

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/02/13 Wed. 23:01    TB: --    CM: 4

この記事に対するコメント

スリランカのカレーは、 インドカレーと比べて 何か決定的な違いってあるのですか?

URL | のりこ #-

2013/02/19 14:48 * 編集 *

のりこ様

スリランカ料理はそれ程食べた経験がないですし、一口にインド料理との違いを言い表すのは非常に難しいです・・・
インド料理自体、北と南、西と東ではまったく違いますが。
スリランカは海に囲まれている国なので、海鮮カレーが種類豊富にあります。
それから宗教的理由で(キリスト教徒が多いということで)ポーク&ビーフカレーもあるのと―インドでも一部の地域ではポークカレーやビーフカレーはありますが―、「デビル」という料理が発達しているのと、おいしい黒ビールがある、くらいしか今のところ申し上げようがありません。


URL | okumura #-

2013/02/20 22:23 * 編集 *

デビル

はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。
スリランカ料理のデビルというのは確か辛いという意味だった様な気がします。
それと今度スリランカ料理店に行ったらポルサンボールというココナッツのふりかけを是非頼んでみて下さい(コートロッジにもあります)。スリランカ特有のカツオ節の風味のする一品です。
あとスリランカ料理はお皿の上の料理を全て混ぜて食べるのが普通みたいです。

URL | サルソン #-

2013/02/22 21:34 * 編集 *

サルソン様

スリランカ料理につきまして情報お寄せいただき、どうも有難うございました。
なるほど、デビルとは辛いという意味でしたか。
お皿の上を全部混ぜて食べるのは、南インドのミールスみたいですね。
ポルサンボールは今度チェックしてみます。
それから立川近くにお立ち寄りの際は、是非南武線矢川駅近くの「ジャヤピヤサ」に行かれて見て下さい↓
http://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13152268/
私はここにはまだ昼夜一回ずつしか行っていませんが、メニューもなかなか豊富で、味の方もレベル高かったです。


URL | okumura #-

2013/02/23 01:15 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード