ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

「シエル ドゥ リヨン」の千円ランチ"若鶏のロースト” 2013.2.12 

私の職場がある街には、フランス料理店が数軒存在しています。

職場がある「富士見通り」沿いの店には、職場関係者と遭遇するのを恐れて、一度も入った事はありませんが(^^ゞ
「大学通り」沿いの店には以前入ったことがあります。

その店のディナーはたいへんレベルが高く、美味しかったのですが・・・
フランス料理はコースで頼まなければなりませんし、結構高額な値段になってしまうのが難点ですね。

そこでフランスの一品料理を手軽に注文することが出来る、カジュアルなビストロがあればと思い、探してみましたところ・・・
駅北口に特筆すべき、素晴らしいビストロが一軒存在しました!(^o^)

そのビストロが「シエル ドゥ リヨン」です↓
1シエルドゥリヨン0212

「シエル ドゥ リヨン」は、フランス第二の都市リヨン地方の料理と、ワインを出す店です。
ここではディナーも一度だけ食べたことがありますが・・・
何といってもランチの"若鶏のロースト”が、値段・味ともに抜群に良いですね!(^^)

ここのランチのメインは、"オープンサンド”"キッシュ”"若鶏のロースト”の3種類から選ぶ「ワンプレートランチ」で、全て1,000円ぽっきりで食べることが出来ます。

私は以前ここではじめて"若鶏のロースト”を食べたときには、あまりの美味しさに度肝を抜かれてしまいました(@_@)
外の皮はパリッとしていて、中はジューシーで、鶏の旨みが存分に引き出されていて、味付けも含めて全てが絶妙で・・・

とにかくこの店ほど美味しくて、ハイレベルなローストチキンに出くわしたことは、私は今までの人生で一度もありませんでした。
これがたった千円で食べられるというのは、何かの間違いではないかと思いましたね!

代官山や六本木あたりでこのレベルの料理を食べようとしたら、まず2,500円~3千円以上は絶対にするでしょうし。

ただこれまでこの店でランチを摂る際に、ひとつ残念だったことは、ワインを注文出来なかった事です。

「ここのローストチキンに、赤ワインを合わせたら、さぞ素晴らしいだろう」と、いつも夢想していたのですが・・・
いくらなんでも酔っ払ったまま職場に行って、中高生にレッスンをするわけにはいきませんので(~_~)

それでなくても、私についてどのような悪口を2ちゃんねるに書かれるか、分かったものではありませんし。
私についてどのような苦情を、職場の上司に密告されるか、分かったものではないので(~o~)

身の危険に怯えつつ(-_-;)今までは欲望を抑えてきました。

ところが火曜日は普段は出勤しなければならないのですが、職場の都合により本日に限っては出勤しなくてよいことになりましてヽ(^o^)丿

「これは千載一遇のチャンス到来!!」
ということで、本日(12日火)「シエル ドゥ リヨン」の開店時間に合わせて、11時30分ちょうどに入店しました。

何故11時半ちょうどに行ったかというと、この店はお昼時は大変人気があって、満席で入店出来ない危険も大いにあり得るからです。
本日も開店直後とはいえ、有閑マダム?たちで結構込み合っていましたが、運よく着席することが出来ました!

そしてもちろん本日もサンドやキッシュには目もくれず(^.^)"若鶏のロースト”を注文することに。
ただし今回はビタミン摂取も考慮しつつ(^^ゞ合わせてカップスープも注文しました。

そしてこれまで出来なかった夢をかなえるべく(^o^)、ハウスワインも注文しました。

まず白ワインが運ばれてきました↓
2白ワイン0212
ヴィニョーブル サライ ソーヴィニヨン・ブラン 500円

次いでカップスープとフランスパンがきました↓
3カップスープ0212
カップスープ 新たまねぎのブイヨンスープ 400円

4パン0212
フランスパン 0円

スープとパンをつまみにして白ワインを飲みましたが、グラスが空になった頃赤ワインに切り替えました↓
5赤ワイン0212
ヴィニョーブル サライ カベルネ・ソーヴィニヨン 500円

そして注文してから30分ほど経った頃、お待ちかねの"若鶏のロースト”がきました!↓
6若鶏のロースト
ワンプレートランチ 若鶏のロースト ゴボウのソース 1,000円

ブログ用写真を撮り終わって、まず一口食べてみましたが・・・
激ウマ~ヽ(^o^)丿

肉厚で旨みが中に閉じ込められている、とてつもなくジューシーなチキンでして(^o^)
付け合わせのマッシュポテトも美味しいし、相変わらずものすごくハイレベルでした。

ソースは季節によって変わるようで、今回は"ゴボウのソース”がかかっていました。

これまで私が何度か食べたときにはは、確か"ブラックオリーブとアンチョビのソース”がかかっていましたが。

"ゴボウのソース”は"ブラックオリーブとアンチョビのソース”と比べて素朴でくせがなく、油も少なめで美味しいソースでした(^o^)

赤ワインとチキンのマリアージュも、想像していた通りバッチリでしたね!(*^^)v

今回は昼間から、いや昼間だからこそ、リーズナブルな価格ながら最高に贅沢な食事が出来ました!

そしてランチの後は、職場がある富士見通りは一切目もくれず(#^.^#)気分良く帰宅しました。

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/02/12 Tue. 23:04    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード