ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会 2012.12.25 

先週12月21日(金)午後、町屋「プージャー」にてベンガル料理ランチを堪能した後(^^)、京成電鉄に乗って青砥まで行きました。

そして「かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール」にて行なわれた、「第22回 日本クラシック音楽コンクール全国大会 ヴァイオリン部門中学校女子の部」を、客席で聴いてきました。

このコンクールには、私の中2の生徒二人―RちゃんとYちゃん―が、エントリーしていました。

でRちゃんのほうは、見事3位―中2女子としては最高位―を獲得することが出来ました!

いやぁ彼女は今回、今年最高の名演奏が出来たのではないでしょうか。

「ヴィエニアフスキ:ヴァイオリン協奏曲第一番嬰ヘ短調 第一楽章」という超難曲を、ほぼ完ぺきに、しかも音楽的にも高い完成度で弾き切ったのだから、我が弟子ながらすごいとしか言いようがありません。

もしかすると先週彼女が目黒の「シレーナ」で、ヴァイオリン調整をした際、私もついて行って口出ししたのが、功を奏したのかも知れませんし・・・
もしかすると先日荻窪で、私が無伴奏リサイタルを行なった際、彼女はずっと最前列に居座って(^^ゞ、私の右手の使い方を観察したのも、功を奏したのかも知れません・・・

↑自画自賛しているみたいで、恥ずかしい限りですが(^o^)

今年「ジュニアクラコン」や「山手の丘音楽コンクール」で優勝出来たことも、彼女にとって大きな自信に繋がったのも確かでしょう。

ともかく3位を受賞したので、来年オーケストラバックで、コンチェルトを10分間演奏出来るというご褒美も得たようで・・・
取りあえず良かったです!

ただYちゃんの方は、非常に残念な結果に終わりました。
中2女子のなかでは最低点という結果で、それを見た彼女は涙目・・・
私も可哀そうになったし、彼女にどう声をかけて良いかも分かりませんでした。

今回の最低点という評価が、適切だったかどうかはさておき・・・

彼女の方は最近レッスンで取り組んでいた“アーティキュレーション”も、全然駄目でしたし。
何より彼女の一番の持ち味である“音程の良さ”も、本番では全く発揮出来なかったので・・・

今回の結果はまあ仕方ありません。
これから彼女がトップレベルとの差を詰めていくためには、猛烈に特訓していく他ないでしょうね。

私はYちゃんには何をさておき、楽器調整の重要性から、まず意識改革をしてもらいたいです。

Rちゃんのほうは、ほとんど“調整の鬼”と化していて(笑)、少しでも楽器の鳴り方が気に入らないと、すぐ「シレーナ」に飛んでいくくらいなので。

ともあれコンクール終了後、新宿3丁目「ビックロ」5Fのワイン売り場ミニバーにて、シャンパン有料試飲をしながら一人でRちゃんの入賞を祝いました↓
ドンペリ1221
ドン・ペリニヨン 2003年 1,380円

最高級シャンパンとして名高い「ドン・ペリニヨン」を飲むのは、私はこの日が初体験でしたが・・・
さすがにまろやかで気品もあって、最高の味わいでしたね\(^o^)/

しかし良く考えてみると、Rちゃんが非凡な才能だということが、だんだん世間でも認識されつつあるということで・・・
彼女が私のもとから去っていく日も近づいた、とも言えるでしょうね。

「自分ほど実力がある先生は、GやTには(プロ野球の巨人と阪神ではありません(^^ゞ)絶対いないし、自分はソリストとしてどうあるべきかは良く教えられるから、もう暫く残れ」
などとは、小心者の私は本人を前にしては決して言えません(~_~)

まぁ進路については、これからRちゃん自身が良く考え、また両親や、今までずっと習ってきたK先生とも良く相談しながら、決めてゆけば良いと思います。
・・・私の事はあまり気に止めずに(-_-)・・・

私は最近歳をとって、涙もろくなったので・・・
一年後にRちゃんの最後のレッスンを迎える日には、最初から号泣してしまってレッスンにはならないでしょうね(苦笑)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2012/12/25 Tue. 21:51    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード