ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

東京メトロ北綾瀬駅から歩いて八潮へ 2012.12.11 

先週末12月8日(土)の無伴奏リサイタル以来、私はずっと疲労困憊でして(~_~)
とてもブログを更新するような気分ではありませんでした<(_ _)>

久し振りにオール無伴奏曲ばかりリサイタルで演奏するのは、まさに地獄のようでして(~_~;)
誰も味方がいないなか、一時間半必死でもがき続けました。

おまけに私の中2の生徒が、彼女のお母さんや友達を連れて私の演奏を聴きに来てくれたのは良かったのですが・・・
最前列の席、私の目の前にずっと陣取っていまして(^^;

「ここで失敗したら、彼女には愛想を尽かされて、即T学園“子供のための音楽教室”に移っていってしまうに違いない」
という変なプレッシャーとも戦わなければなりませんでした(^^ゞ

ともあれリサイタル前は数日間禁欲生活をしていたので、リサイタル直後には好きなことをしてリフレッシュしたいと思いまして・・・
翌12月9日(日)に職場の同僚ピアノのK先生と、再び埼玉県八潮までパキスタン料理を食べに行って来ました。

今回は東京メトロ北綾瀬駅から八潮まで、約5キロの道のりを歩いてみることにしました。

K先生は外国暮らしが長かったせいか、まるで貴族の如く、浮世離れされた方なのですが・・・
可能な限り交通費を節約して、歩いてでも目的地まで安く行きたいというベクトルだけは、庶民の私と波長がぴったり合うんですね!

K先生と私は北綾瀬駅から歩き続け、一時間ちょっとで東京都から越境し、無事パキスタン入国・・・
ではなく、埼玉県八潮市入りを果たしました\(^o^)/↓
1八潮入国1209

それから少しばかりつくばエクスプレス八潮駅隣接のモールでショッピングをした後、また20分程八潮市役所に向けて歩き、17時頃「カラチの空」に入店しました。

店に入ってみると、一昨日は休日だったため、「カラチの空」では平日には作らない、「パヤ」「ニハリ」「ハリーム」「マトンプラオ」という料理が、ずらりと「本日提供出来るメニュー」としてボードに書かれていました。
実は私は普段滅多にお目にかかれない、これらのスペシャルメニューをどうしても食べたくて、この日K先生をお誘いし、「カラチの空」まで出かけた、というのが今回の真相です。

私たちはこれらのメニューから、「ニハリ」「ハリーム」「マトンプラオ」を注文しました。
あとカレー本クーポンを店員さんに渡し、「マンゴーラッシー」も頼みました(^o^)

まず「サービスサラダ」「マンゴーラッシー」が来ました↓
2サービスサラダ1209
サービスサラダ 0円

3マンゴーラッシー1209
マンゴーラッシー 400円→クーポン利用0円

次に「ニハリ」「ハリーム」用の、薬味が来ました↓
4薬味1209
薬味
   左下 青トウガラシ
   左上 フライドオニオン
   右上 生姜
   右下 レモン

店員さんからは「フライドオニオンと生姜はカレーに混ぜて下さい。でも青唐辛子はすごく辛いです。」と言われましたが・・・
私は辛いのは大好きなので、大喜びしてしまいましたね\(^o^)/

そしてついに、週末ヒロインももクロ(祝紅白出場!!)・・・
ではなく、週末スペシャル料理が来ました↓
5ニハリ1209
ニハリ 900円

6ハリーム1209
ハリーム 900円

7マトンプラウ1209
マトンプラオ 900円

じつは「ニハリ」「ハリーム」に付随して「ロティ」も来たのですが、3つの料理の見事さに圧倒されて、写真を撮るのをつい忘れてしまいました(__)

「ニハリ」は私が11月12日に、「カラチの空」の隣「アルカラム」で昼に食べたのと全く同じで、羊のふくらはぎの部位を何時間も煮込んだ、トロッとしたカレーです。
「ハリーム」は牛肉と3種の豆を8時間煮込んだ、粘り気のあるカレーです。

もちろんこれらは青唐辛子を大量投入して、辛さを増強しながらいただきました(^o^)

両方とも非常に美味でしたが、今回一番感銘を受けたのは「マトンプラオ」でしたね!!
K先生も私も、「マトンプラオ」を一口食べた瞬間、「おぉ~」と思わず唸ってしまいました。

米の炊き込み具合も素晴らしくて、コメの旨みが直に伝わってきましたし、
ごろごろ入っていた骨付きマトンの炊き具合も絶妙で、肉のうまみがビシバシきましたね!

一見何の変哲も無いシンプルな料理ですが、これは物凄い料理でしたよ!

これぞパキスタン料理の真髄、“最後の晩餐”にふさわしい料理、音楽に例えると“バッハのシャコンヌ”、でしたね!!

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2012/12/11 Tue. 11:22    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード