ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

都営地下鉄「秋のワンデ―パス」でインド料理店めぐり 2012.11.17 

今年のSL運行シーズンも、そろそろ終盤を迎えようとしています。
ですが今週末は天候も悪そうだし、私もヘッドホン修理費用捻出をした直後でお金もないので・・・
今日明日は撮り鉄に出かけるのはパスすることにしました(^^ゞ

その代わり本日は、都営地下鉄「秋のワンデ―パス」を利用して、インド料理店めぐりをしてきました↓
1都営地下鉄秋のワンデーパ
都営地下鉄「秋のワンデ―パス」 都営地下鉄全線一日乗り放題 500円

もっとも撮り鉄ほどお金はかかりませんでしたが、インドカレー店めぐりをするのにも、それなりに出費がかさんてしまいました(^^;

まずランチは、西新宿五丁目の「コチンニヴァース」に行きました。

前にも一度書いたことがありますが、「コチンニヴァース」は私がこの世で一番愛しているインド料理店です。
ですがこの店は、カウンター4席、テーブル8席のみの非常に小さな店です。
ヴァイオリンケースを置けるスペースは、店内にはまったく無いので、ヴァイオリンを持ち歩いている時はまずこの店に行くことはありません。
またディナーの際は予約無しだと入店出来ない危険もあり、行くのを躊躇してしまいます。

ちなみにピアノのK先生は、最近コチンニヴァースに良く通われて、すっかりこの店の常連になっておられるそうです。
ピアニストは楽器を持って歩く必要がないので、身軽に行動出来て羨ましいですね(笑)

さて本日は11時35分にコチンニヴァースに到着したのですが・・・
開店5分後でも店はすでにほぼ満席状態でして(@_@)
カウンター席は全て埋まっていましたが、運良く2人用テーブル席が一つだけ空いていて、何とか入店出来ました(^.^)
雨の中外で待たされる羽目にならず、本当に良かったです。

今日は土曜日なので平日ランチメニューではなく、ディナーメニューからの選択でした。

今回私が注文したのは、インド産ビール「キングフィッシャー」、ラッサム、パンジャビ・チキンカリー、ブラックチャナプラオです。

まず「キングフィッシャー」が来ました↓
2キングフィッシャー620
キングフィッシャー 330ml 620円

私が普段インドレストランで飲むアルコールは、大体ワインです。
インド産のビール「キングフィッシャー」を飲むのは、恥ずかしながら今回が初体験でした。
午前中から飲むビールは、格別でしたね\(^o^)/

次いで「ラッサム」が来ました↓
3ラッサム400
ラッサム 400円

理由は良く分かりませんが、この店ではラッサムは土日祝限定のメニューで、平日はオーダー出来ません。
私はここでラッサムを飲むのは初めてでしたが、一口飲んでみて・・・
辛いけどすごく美味しい~(^o^)
他の店のラッサムとは全然違っていて、優しくほっとする味わいでした。

最後に「パンジャビ・チキンカリー」と、「ブラックチャナプラオ」が来ました↓
4パンジャビチキンカリー1100
パンジャビ・チキンカリー 1,100円

5ブラックチャナプラオ850
ブラックチャナプラオ 850円

「パンジャビ」はインド北西部、パキスタン国境あたりの地域です。
このカレーにはヨーグルトが入っているのが特徴です。
「ブラックチャナプラオ」は、ひよこ豆が入ったスパイシーライスです。
両方とも単独ではそれ程美味しいとは思いませんでしたが・・・
この2つが合わさると、絶妙で最高の美味しさになりましたね!!

前から思っていましたが、ここのチキンカレーのメニューと、バスマティライスのメニューのコンビネーションは、素晴らし過ぎます!

今日本では、美味しいインドカレーは至る所で食す事が出来ますが・・・
「コチンニヴァース」のように心底からホッとする、気持ちが安らぐ味に出会える店はなかなか無いですね。
なんだかバッハの音楽を、久し振りに聴いたような気持ちになりました。

ランチ終了後、「ワンデ―パス」利用で新宿の「カメラのキタムラ」に寄って、写真を現像したり、秋葉原に寄って買い物をしたりしました。
一応お断りしておきますと、私は今回もアキバで、メイド喫茶に入っていたわけではありません(^^ゞ

その後都営新宿線を終点本八幡まで乗り通し、そこで京成線に乗り換えました。
そして夕方5時前に検見川の「印度料理シタール」に入店しました。
検見川「シタール」は、夏にK先生と初めて行って以来(2012年9月1日付記事)、2回目の訪問です。

私はまず店員さんに、ムック本付録のクーポンを渡して、「ローストチキン」と「ラッシー」を注文しました。

そしてまず「ラッシー」が来ました↓
6ラッシー525
ラッシー 525円

前にここで「ダヒ」というデザートヨーグルトを食したのですが、それが素晴らしい味わいだったので・・・
ここのラッシーはどれほど美味しいのだろうかと、前から夢想していました。
想像通りラッシーは濃厚で新鮮で非常に美味しかったのですが・・・ちょっと値段高いですね(~o~)

次いでローストチキンが来ました↓
7ローストチキン
ローストチキン 462円相当→クーポン利用0円

巷のタンドリーチキンと比べて焼き色も薄めで、自然な味わいがして良かったです。

カレーは「南インドのマトンカレー」、パンは「バトラ」を注文しました↓
8マトンカレー1292
南インドのマトンカレー 1,292円

9バトラ473
バトラ 473円

「バトラ」というパンは、他の店ではこれまで見かけたことがまったく無く、今回初めて食べました。
「プーリ」と見た目はすごく似ているのですが、生地も分厚いし、食感も味もプーリとは大分違うと思いました。

今回ここでマトンカレーを頼んだのは、先月麹町の「純印度料理 アジャンタ」で食べたマトンカレーが感動するほど素晴らしかったので・・・
実質的な「アジャンタ」の“一番弟子”「検見川シタール」では、一体どのようなマトンカレーを出すのか、非常に興味があったというのが理由です。

今回まず一口カレーを食べてみまして・・・
ガツンとしたスパイスの強烈なインパクトには非常に驚きました。
ただインパクトが少し強すぎるように感じたので、サービスの「チャツネ」をカレーに投入して、“味調整”をしながらいただきました(^^ゞ

ここのマトンカレーは、非常に立派な一品とは思いましたが、私は前回注文して食べた「南インドのチキンカレー」の方が、より王道を歩んでいると思いましたし、より好きですね。

カレーを食べ終わった後、デザートとして「マンゴーアイスクリーム」と、「マサラチャイ」を注文しました↓
10マンゴーアイスクリーム557
マンゴーアイスクリーム 557円
11マサラチャイ525
マサラチャイ 525円

「マンゴーアイスクリーム」は予想を遥か超えたものすごい分量で、「マンゴーシャーベット」まで添えられていて・・・
アメリカのレストランでの食事の分量を思い出しましたね(+_+)

最後にこの店の「マサラチャイ」は、何度飲んでも絶品ですね!!
ただただ素晴らしいとしか言いようがありません!
正直ここのチャイを超える店には、未だ出会ったことがありませんね。
値段は高くとも、また検見川は非常に遠くとも、チャイを味わうためだけにでも、またここに通いたいです!

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2012/11/17 Sat. 23:48    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード