ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

西荻窪 『ラヒ パンジャービーキッチン』にてビリヤニランチ 2012.9.3 

カレーネタ連投です。

私は以前から西荻窪という街が大好きで、行くたびにワクワクしてしまいます。
西荻窪は関東地方ではおそらく湘南と並んで、文化的に最もハイレベルな街だといえるのではないでしょうか!

ここには昔ながらの商店も数多くありますし、多くの古本屋もまだ廃業せずに残っています。
何よりもすべての建物が低くて、どこにいてもお天道様が拝めるのが素晴らしいですね!
真に文化的な人々は、高層マンションをどんどん建設して、手軽に稼ごうなどという、成金のような発想は持っていないようです(^^)

また西荻窪には、グルメなレストランもたくさんありまして(^o^)
つい先日、「こけし屋」という老舗フランス料理店にて、友人の結婚披露宴に参加しましたが、レベルの高い、素晴らしいご馳走の数々を堪能しました!!
美味しかった~・(*´▽`*)ウットリ

そして何と言ってもここには、パキスタン料理の至高の名店「ラヒ パンジャービーキッチン」が存在します!!!↓
1aラヒ パンジャービー・キ
ラヒ パンジャービーキッチン

当ブログで紹介したことは、これまでありませんでしたが、私はすでにこの店には4回ほど通っています。
おととい9月1日(土)も、ビリヤニランチを食べにここを訪れたばかりなので、今回はその報告をさせていただきます。

パキスタンはご承知の通り、厳格なイスラム教徒の国です。
池袋にあるパキスタン料理店「マルハバ」では、宗教上の理由から、お酒は一切飲むことは出来ません。
ですがこちら「ラヒ パンジャービーキッチン」では、世界各国のビールやワインがメニューにあり、堂々とアルコールを飲むことが出来ます!!
パキスタン料理店でお酒を飲むのは、何かいけない事をしているようで、毎回ドキドキしてしまいますが(^_^)
一昨日はまだ昼間だったので、背徳感を追求することはせずに、健康的に「マトンビリヤニセット」(1300円+ビリヤニ大盛り250円)のみを注文することにしました。

「マトンビリヤニセット」はランチタイムのたいへんお得なメニューで、マトンビリヤニと合わせてカレー(野菜カレーor豆カレーorチキンカレーorマトンカレー)、ライタ&アチャール、ラッシー(2杯までお替わり可)、ミニサラダがついてきます。
私は今回はカレーのなかから、「マトンカレー」(辛さは激辛とつけ加えて)を選択しました。

まず最初にラッシーと、ひよこ豆のアチャールが運ばれてきました↓
2aラッシー
ラッシー
3aひよこ豆のアチャ―ル_edit
ひよこ豆のアチャール

ここのラッシーはインド料理店で出てくるラッシーよりも素朴で、すごく美味しいです!!(#^.^#)
ラッシーは2杯目まで無料なので、当然私はお替わりを所望しました(^^)v

でひよこ豆のアチャ―ルをつまみました。
あれ!?メニューには「ミニサラダ」と表記してあるのですが…
店員さんも「アチャールです」と言って持ってきたので、これは間違いなくアチャールで、ミニサラダではありません。

実は前回ここにランチで来て、ビリヤニセットを頼んだ時も、ミニサラダの代わりに、違う種類のアチャールが出てきました(?_?)
まぁアチャールのほうが普通のサラダよりもエスニックな感じもするし、美味しいので、良しとしましょう!(^o^)

それで次にメインの「マトンビリヤニ」「マトンカレー」「ライタ&アチャール」が運ばれてきました↓
4aマトンビリヤニ
マトンビリヤニ(大盛り)
5aマトンカレー
マトンカレー(激辛)
6aライタアチャ―ル
ライタ&アチャール(ヨーグルトと漬物)

じつは初めてこの店に来て、ビリヤニセットを頼んだ時に、コックさんから「全部一緒に混ぜて食べるとおいしいよ」と教わりました。
そこで今回も教わった通りに、全部を混ぜ混ぜしてみましたヽ(^o^)丿
…ここはメイド喫茶ではないので、「おいしくなぁ~れ、萌え萌え、キュン!!」などという呪文は唱えませんでしたが…
するとあら不思議、魔法がかかったように単体で食べるのとはまったく別の味に様変わりして、数段美味しくなりました!!
まさに“三位一体”とは、このことですね!(#^.^#)
食後には、「デザートセット(500円)」というのを注文してみました↓

7aデザートセット
デザートセット(ソーンパプディ&チャイ)

実はこの店でデザートやチャイをオーダーしたのは、今回が初めてです。

「ソーンパプディ」という砂糖菓子は、繊維質で非常に甘く、辛いカレーを食した後ではホッとする味わいでした。
チャイは先日の「印度料理シタール」ほどではありませんでしたが(まぁ値段も随分違いますから)、充分美味でした。

いやぁ私は本当に、西荻のような真に文化的で、ハイソサエティな街に住んでみたいですね!
そうすれば「ラヒ パンジャービーキッチン」にもしょっちゅう通えるし。
でも私は、西荻に住まいを構えられるほどの財産は、全く持ち合わせておりません(~_~)
もうこうなったら西荻で、“逆玉の輿”を狙っていくしかありませんね!!(#^.^#)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2012/09/03 Mon. 23:45    TB: --    CM: 2

この記事に対するコメント

奥村さんはメイド喫茶に行かれるのですか?

URL | ぽちん #-

2012/09/05 23:45 * 編集 *

ぽちんさん

いえ、正直申し上げて行ったことはまったくありません。
私は現大阪市長と違って、コスプレには興味ないので。
もし仮に「天然黒髪少女喫茶」がどこかにあれば、ぜひ行きたいです(笑)

URL | Okumura #-

2012/09/07 00:55 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード