ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

三たび東急百貨店ワインセール 2012.7.20 

ワインネタ連投第3弾をお届けします。

昨日(19日)も3日連続で渋谷の東急百貨店ワインセールに行って来ました。
そして平日昼間で客も少なかったので、店員さんも親切でいろいろ試飲させてもらえました\(^o^)/

まず試飲しておいしかったので、白一本とスパークリング白辛口一本を購入しました↓
ピノ・グリ
クラウドライン オレゴン ピノ・グリ 2010(税込1,680円)

プレステージ
ブルエット・プレステージ・ブラン・ド・ブラン ブリュット(税込1,428円)

アメリカ・オレゴン州で良質なワインが造られていることは、私がアメリカに在住していたときから知っていました。
私は標準的なカリフォルニアワインより、オレゴンのワインのほうがずっと好きですね。

・・・もちろん私はオーパスワンみたいな高級カリフォルニアワインは、一度も飲んだ経験がないので、まぁ何とも言えませんが・・・

ブルエット・プレステージはボルドーで「シャンパーニュ製法」で造られた、スパークリングワインです。
本場のシャンパーニュと比較しても、味はまったく遜色ないし、値段も安くてお得ですね!

それから一昨日は品切れだった、シャトー カマンサック 2001年を店頭で見つけたので、それも購入しました↓
カマンサック2001
シャトー カマンサック 2001(税込2,940円)

繰り返しになりますが、シャトー カマンサックはメドック格付け5級のワインです。
「腐っても鯛」ではありませんが、人気も知名度も無いとは言え、正真正銘のボルドー格付けワイン(しかも充分飲み頃!)が、3千円を切る価格で販売されていたのです!
このような格付けワインの価格は、私はこれまでに全く見たことがありませんし、この価格破壊にはただただ驚きましたね(@_@)

今回購入してみたカマンサック2001年と、一昨日購入したカマンサックのセカンドワイン「レ・コトー・ド・カマンサック2000年(税込2,520円)」を、近々同時に飲み比べてみたいと思います。
多分2000年セカンドのほうが、断然優れているのではと推測しますが。
・・・これはまさしく“貴族の遊び”ですね!(#^.^#)

それと一昨日にも購入した「レ・ジャルダン・ド・ス―タ―ル 2004年(税込2,520円)」を、今回またもう一本買い足して、それを昨晩開けて飲んでみました。
まぁ2,500円という値段では到底あり得ない、素晴らしいポテンシャルを秘めたワインなのは確かでしたが、飲み頃を迎えるにはもう2年くらい待たなければいけない、と思いましたね。

奥村智洋


スポンサーサイト

カテゴリ: 個人的なこと

[edit]

Posted on 2012/07/20 Fri. 23:54    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード