ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

シャトー ポンテ・カネ2004購入 2012.7.19 

ワインネタ連投第2弾です。

私は数日前にネット通販で、「シャトー ポンネ・カネ 2004年(ポイヤック5級)」を購入したのですが、そのワインが昨日無事に自宅に届きました↓
シャトー2004
シャトー ポンテ・カネ 2004(8,730円)

先週この同じワイン(2004年ヴィンテージ)が新宿タカシマヤで売り出されているのを見つけて、試飲させてもらったのですが、感動するほど素晴らしい味がしたんですね. (´▽`)
まろやかで気品があって、「やんごとなき」というか只物ではない雰囲気が漂っていました。

ただそのとき値札に表示されていたお値段を見てみると、税込10,500円・・・
私は5ケタ以上するワインは買わない主義なので、そのときは泣く泣く購入を見送りました。

・・・とは言っても、最近私は5ケタのワインを2本も買ってしまっているのですが(-_-;)・・・

ですがそれ以来試飲した際の味を忘れることが出来ず、どうしても欲しくなって、インターネット検索でこのワインを安く出している店を必死で探しました。
そして「5ケタではなく4ケタなので、ま、いっか」という事で、とうとう購入してしまった次第です(^o^)

シャトー ポンテ・カネのワインは、2004年からビオディナミ(有機栽培)をしていることでも知られ、近年評価が急上昇しています。
ロバート・パーカーが2009年ヴィンテージに100点をつけたりした影響もあり、価格のほうも急騰しています。
ですがポンテ・カネのお隣の畑、ムートン・ロートシルト(ポイヤック一級)のワインは、どんなに悪いヴィンテージでも常に4万円以上という価格がついています。
ですのでポンテ・カネのほうはまだ全然お得感がある、とも言えるでしょう。

私は今回「ワインスティックヴァンヴァン」という、長野県飯田市にあるワインショップから購入しました。
そして店から出荷されてから私の自宅に届くまで、一泊ニ日かかりました。

私が自宅でこのワインを受け取るや否や、「この酷暑のなか長時間かけて長旅をして、さぞ辛かったろう、可哀そうに」ということで、早速冷蔵庫に入れて、クールダウンさせてあげました(笑)

いまは冷蔵庫から出して、ワインラックに入れて横にしてありますが(-_-)zzz

ちなみに私は、「ワインセラー」などというしゃれたものは、所有しておりません(^^ゞ

ついでに言いますと、私は1997年ヴィンテージのシャトー ポンテ・カネのセカンドワイン「レ・オー・ド・ポンテ」を、以前3,000円強で数本購入しました。
そしていまだに2本ストックしています\(^o^)/↓
レ・オー・ド・1997
レ・オー・ド・ポンテ 1997

奥村智洋



スポンサーサイト

カテゴリ: 個人的なこと

[edit]

Posted on 2012/07/19 Thu. 23:31    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード