ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

セルフうどん やま 2012.5.28 

順番が前後して済みませんが(^^ゞ、再び先週徳島に出かけた話に戻りたいと思います。

私は5、6年前に本場香川県にて讃岐うどんを食して以来の、讃岐うどんの大ファンです。

初めて本格的な讃岐うどんを食した時には、そのあまりの美味しさにびっくりしてしまいました(@_@)
ものすごい強いコシのあるうどん、独特の出汁、盛りつけ自由のセルフサービススタイルなどなど、讃岐うどんは日本の他の地方では類を見ない、香川県が誇る一大文化と言って良いでしょう!

讃岐うどんの勢力は香川県にとどまらず、越境し徳島県や愛媛県においても、“讃岐うどんスタイル”のうどんの名店は、いくつか存在しています。
そこで今回の徳島滞在中に、何としても一度は本場のうどんを食さなければということで、先週月曜日(21日)昼に、徳島市役所近くにある「セルフうどん やま 幸町店」に行って来ました↓
セルフうどんやま
セルフうどん やま 幸町店

どうですこの四国らしい、風情ある店のたたずまい(^.^)
この店は地元の人気店らしく、お昼時は行列が絶えませんでした。

店に到着したときには、私はお腹があまり空いていなかったので、トッピングは無しにして、「ぶっかけうどん小(240円)」のみを注文しました↓
ぶっかけうどん小
ぶっかけうどん(小)

店の名前の通り、ここの店は讃岐うどんスタイルのセルフサービス方式を採用していて、ネギや天かす、大根おろし、おろししょうが、ごまなどの薬味は自分で好きなだけ盛りつけることが出来ます。
↑の写真は、私が薬味を自分で盛りつけた後のものです。
讃岐うどんの一押しメニューやトッピングは、店によって千差万別とは思いますが、私の讃岐うどんでの一押しは、濃いめの出汁が少量だけかかった「ぶっかけ」ですね!
生卵が欲しい時は、「釜玉」を選択したくなったりもしますが。
あと今回はトッピングは注文しませんでしたが、私の一押しトッピングは、「ちくわ天」ですね。

いやぁ、今回久し振りに食べた本場のうどんは、めちゃくちゃ美味しくて感激しましたね(#^.^#)
うどんにしろ、出汁にしろ、本場のうどんは東京の讃岐うどんチェーン店とはレベルがまったく違うと実感しました!
しかも僅か240円の出費で、こんなに満足のゆく食事が出来るなんて、東京ではちょっと考えられません\(^o^)/

うどんがあまりに美味しかったので、徳島駅の駅ビルの本屋に立ち寄って、“讃岐うどん指南本”を2冊も購入しまして↓
讃岐うどん本
この本を携えて、いつか香川県全域を“うどん巡り”してみたいですね!

奥村智洋


スポンサーサイト

カテゴリ: 演奏会のこと

[edit]

Posted on 2012/05/28 Mon. 23:34    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード