ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

アフガニスタン料理「パオ キャラバン・サライ」 2012.5.5 

少し前の話になりますが、私はピアノのK先生とともに5月2日(水)に丸の内オアゾという所で演奏しました。
そのときの曲目に、リムスキー=コルサコフの「シェエラザード アラビアの歌」が入っていたという事情もあったので(^^)
この機会にアラブの世界を探索してみようと思い立ち、私はK先生をお誘いし、前日5月1日に東中野のアフガニスタン料理「パオ キャラバン・サライ」にて夕食を摂りました(^o^)

まず赤ワインをボトルで注文し、乾杯したのですが↓
1モンテプルチアーノ・ダブル
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(3,450円)

出てきたのはワイングラスではなく、なんとコップ2つでした!
ここでは上品で貴族的なワイングラスなど使わず、日常的なコップで呑めと・・・
これでいやが上にも、砂漠で生活している遊牧民の気分がしてきましたね!

料理のほうですが、最初の「鶏とアボガドのサラダ」以外は、羊、羊、羊のオンパレードでした。
まぁイスラム圏ではどこでもそうだと思いますが、まず肉といえば、「羊」以外あり得ないといっても過言ではありません。
1鶏とアボガドのサラダ780
鶏とアボガドのサラダ(780円)

写真だと鶏肉が入っていないように見えますが、一応少々入っていました。
まあ私はアボガドは大好物なので、このようなアボガドメインの配合でも全然OKです。

3カバブ300&コフタ300
カバブ&コフタ(一串300円)
写真手前の方が、カバブですね。
コフタというのは、羊肉団子を串焼きにしたものです。

4ラグマン(大)1000
ラグマン(大)(1,000円)
これはきしめんのような麺に、羊ひき肉のゴマだれソースとパクチーがかかっている料理です。
アフガンにこんなおいしい麺類があるというのは、正直驚きました。

5ラムスペアリブのカラヒィ12
ラムスペアリブのカラヒィ(1,200円)

6パシュトゥン・カラヒィ2900
パシュトゥン・カラヒィ(2,900円)

「カラヒィ」というのは、アフガニスタンやパキスタン地域での代表的な鉄鍋料理だそうです。
上の「ラムスペアリブ~」は一人前の小さな鍋、下の「パシュトゥン~」は二、三人前の大きな鍋で来ました。
ちなみに「パシュトゥン~」のほうも、「ラムスペアリブ~」とまったく同じような骨付きラム肉がごろごろ入っている料理でしたが、味はまったく異なりました。
7ナン350×2
ナン(一枚350円)

インドのナンよりもずっと素朴な味わいで、無数の小さな穴が空いていました。

いやぁどの料理をとっても羊肉の処理は素晴らしかったし、非常においしかったですね!
あと店の色調も、まるでアフガンの砂漠に連れて行かれたかのような雰囲気で、最高でした。

奥村智洋



スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2012/05/05 Sat. 23:20    TB: --    CM: 5

この記事に対するコメント

料理美味しそうですね
奥村さんはこの料理全部1人で食べるのですか?

URL | ベルトコンベアー #-

2012/05/07 22:58 * 編集 *

Re: タイトルなし

ベルトコンベアー様

いえいえ、ここに掲載した料理は二人前で、K先生と取り分けて食しました。
いくらなんでもこの量を全部一人で食べ切るのは、無理ですよ~(~_~)

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2012/05/09 01:55 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2012/05/12 09:07 * 編集 *

Re: 5月2日聞きに行きました

5月2日に丸の内オアゾにいらしていただき、またバッハCDもご購入いただき、どうも
有り難うございました。
5月2日はマイク付きで、どのように客席から聴こえているか、心配しながら演奏して
おりました。
バッハCDにつきましては良いご感想をいただき、とても嬉しいです。
先月CD発売以来、ネット上ではいまのところまったく話題になっておらず、本当に販
売されているか心配になり、渋谷のタワーレコードのクラシックフロアまで確認しに
行ったばかりでした(笑)
楽天サイトにレビューを書き込んでいただけましたら、非常に有難く思いますし、感
謝致します。

また私のブログも良く見て下さっているようで、有難うございます。
ブログの方にもぜひ今後コメントを書き込んでいただけましたら、嬉しく思います。
それではこれからもどうぞよろしくお願い致します。

奥村智洋

URL | Tomohiro OKUMURA #-

2012/05/18 02:49 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2012/05/20 08:06 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード