ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

1/15発表会 2012.1.16 

昨日護国寺駅近くの同仁キリスト教会↓にて、門下生発表会をおこないました。

convert_20120117033118.jpg

聴きにいらして下さった皆様、裏方や雑用をこなして下さった方々、それからご自分の生徒たちを私の発表会に参加させて、経済的に助けて下さったチェロのM先生&フルートのW先生、どうも有り難うございました<(_ _)>

私はこれまで、自分の生徒は数少なかったし、面倒くさかったので(^^ゞ、自分で発表会をやったことは一度もなかったのです。
これまでは私がお世話になっている先生方に頭を下げて、自分の生徒を何人か、その先生の発表会に参加させてもらう、というのが常でした。

それがどういうわけか、今回初めて自分で発表会を開催する羽目になってしまいまして(^^ゞ

これまでに入金や確認のため、会場の同仁キリスト教会まで何度も足を運びました。
プログラム作成も(ただマイクロソフトワードで作成しただけのシンプルなものですが(^^ゞ)、自分でやったのですが、何回も失敗したりして大変手間取りました。
また発表会の進行を無事最後まで行なえるか心配で、ここ数日間は何も手につかず、おろおろしていました(~_~)
発表会をやるのがこれだけ大変と分かったのは、今回の収穫でしたね・・・

あと発表会の最後に、私も参加して、自分の高3と中1の生徒二人と「バッハ 3つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1064」を演奏しました。
この作品を自分で多少アレンジして、今回ピアノ伴奏で演奏出来たことはとても良かったです。
「3つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1064」は、3本のソロヴァイオリンと独奏チェロ、通奏低音が見事なまでに絶妙に絡み合っています。
対位法作曲家バッハの真価が、存分に発揮された傑作ではないでしょうか。
私個人的には、このBWV1064は、他のどのバッハのヴァイオリン協奏曲よりも断然優れた名作と思います。
・・・まぁ真に優れた芸術家や作品が、あまり世に出ていないというのは、良くあることでして・・・

奥村智洋



スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2012/01/16 Mon. 23:27    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード