FC2ブログ

ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

イツァーク!(・。・) 2020.5.21 

え~一昨日5月18日(火)午後!( ̄◇ ̄;)エッ
日本国におきましては、BS国営テレビにて!(゜-゜)

イツァーク!(ノ゚ρ゚)ノ

なる、イスラエル出身の天才ヴァイオリニスト!(☆Д☆)キラリーン

イツァーク・パールマン氏(1945~)

のドキュメンタリー番組が!Σ(・ω・ノ)ノ!
全国放送されたんですね!!(*・0・*)ワォ↓
1イツァーク0519
BS国営テレビで一昨日に放送された番組、
「イツァーク~天才バイオリニストの歩み~」
(制作:Voyeur Films 米2017)

※正直に申しますと、そもそも私は!( ̄△ ̄;)エッ・・?
普段はテレビでクラシック音楽の番組を見ることなどは、ほとんどないし!(・∇・)ン?
ろくにチェックすらしていないのですが!(◎_◎;)

かような自分にとって大切な番組↑が、たま~に放映される際には!( ̄∇ ̄)ニヤッ
事前に“私の守護霊”が察知して!☆⌒(*^∇゜)v
それを私に“テレパシーで”伝えてくれるようでして!!(*´∀`)b


そのためこれまでも・・・
そのような自分にとっての、重要な番組は毎回必ず!( ̄ー ̄*)ニヤリッ
見過ごすようなヘマは、一切せずに\(^o^)/
ちゃんと鑑賞出来ていましたし!!( ̄ー ̄)ニヤリッ

録画保存のほうも、ちゃんと出来ているのですね!(*^-^*)ゞ

ちなみにイツァーク・パールマン氏につきましては! (o゚-゚o)ン?
ヴァイオリンに関わっている人でさえあれば(@_@)
知らない方はまずいないでしょうから!(ノ`・Д・)ノ

今更私が説明するようなことは、とくに何もありませんが!(*・∧・*)?

パールマン氏には、(私も含めて)いまだに(・o・)

若手ヴァイオリニスト!(#゚Д゚)

だった頃の印象を持たれている方は、多いのではないでしょうか?!Σ(゚Д゚)↓
2若き日のパールマン0519
若かりし頃のイツァーク・パールマン氏

ですがじつはパールマン氏は、今現在! !(; ̄  ̄)ナヌッ?

74歳!!( ̄  ̄;)!!

とすこぶる高齢、でありまして!=( ̄□ ̄;)⇒

このドキュメンタリー番組↑が撮られていた時期も(?_?)

彼がちょうど70歳を超えた頃\(◎o◎)/!

にあたるわけですね!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー↓
3現在のパールマン0519
70歳を過ぎた、現在のパールマン氏の姿('◇')ゞ
※こちらの老齢にさしかかったパールマン氏↑の雰囲気は、少しばかり!(^_-)

ヴィオリストK谷氏(^^ゞ

に似ているのではないか、と私は感じるのですが!(^_-)-☆

それで今回鑑賞した、パールマンのドキュメンタリー映像の感想ですが(。´・ω・)?

私がこれまで見たことがなかった、幼少期のパールマンの映像!( ´ー`)

とか!(。・о・。)ワオ

現在のパールマンの暮らしぶり&夫婦の仲睦まじさ!(*^。^*)

もたくさん伺い知ることが出来て、それもとても興味深かったのですが!ε= (*^o^*)

それ以上になんといいましても、私自身も一応!o(* ̄  ̄)ゝ
“ヴァイオリニストの端くれ”でありますから!!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

老齢にさしかかったパールマン氏が、いまだにキープし続けている!((^∀^*))

ボーイングの美しさ!(≧≦*)キャー
ビブラートの美しさ!(≧∇≦)キャー
彼が奏でる音質の輝かしさ! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!
見事なまでの完璧なる脱力!! (* ̄ Д  ̄*)ポッ


を映像を通して体感出来たことには、たいそう感銘を受けましたし!!(*´▽`*)

それ以上にパールマン氏は、いまだに!(∩´∀`)∩
彼が所持している、素晴らしいストラディバリウスを弾くとき、のみならず・・・

どのようなタイプの、安バイオリンを手にしたときでさえ!!ヽ(*´∀`)ノ オォ

楽器を弾き始めた瞬間から・・・
瞬時に彼独特の美しい音&音楽を!!(っ*´∀`*)っ
その安楽器からいとも簡単に紡ぎ出してしまう!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪


といったところが“真の天才”たる所以、だと思いましたね!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

――じつは私はニューヨークにいた頃には!(∩´∀`)∩
パールマン氏の演奏会やマスタークラスには、何度も立ち会って!( ´ー`)
彼の演奏を間近で聴いたことがありましたから!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
そのような彼の神業の数々は、何度となく実感してきましたし!(*^∀゚)ъ
私の耳&脳裏には、しっかり焼き付いていたわけでしたが!!(* ̄。 ̄*)ウットリ――

それからパールマン氏は、このドキュメンタリーを通して!!ヾ( ゚∀゚)ノ゙オォ

凡人にはとても考えつけないような、素晴らしい言葉の数々!ヽ(*´∀`)ノ オォ

をのこしていたんですね!!(ノ´∀`)ノ♪

そのパールマン氏の“名言”のいくつかを!!(っ*´∀`*)っ
ここでご紹介しますと!!(*^。^*)↓

高度なテクニックっていうのは
いかに速く弾けるかということじゃない
そのフレーズに表情を付けて
人の心を動かす演奏をすることが重要なんだ

なぜ奏者によって 感動的な音が出たり
そうでなかったりするのか?
私には説明が出来ない
でも説明不能なことがあるのは
いいことだ


また私が、今回のドキュメンタリーにおきまして!(゚∇゚ ;)エッ!?
最高に驚き、のけぞった瞬間は(@ ̄□ ̄@;)!!

パールマン氏の恩師で、私の恩師でもある!Σ( ̄□ ̄|||)

ドロシー・ディレイ女史(1917~2002)

のハイビジョン動画!!!(ノ ̄□ ̄)ノオオオ


を見たとき、でありまして!(| | |ノ`□´)ノオオオォォォー!! ↓
4ドロシーディレイ0519
ドロシー・ディレイ女史
※じつに私がディレイ先生の喋る姿を見たのは(;^_^A
およそ20年ぶりでしたが!(;^ω^)
――=前回は彼女がまだ生きていた時でして・・・
私はその時にはジュリアード音楽院の彼女のレッスン室にて、レッスンを直に受けていたわけでしたが――

それで今回私は、ディレイ先生には!(;・∀・)
かつてはソリストとして将来を大いに期待していただいていた、にもかかわらず!(゚Ω゚;)ハッ!!
惨めな姿に転落してしまった、今の自分の姿を見られたような気がして!d(゚Д゚*)

先生にはいたく失望させてしまったのではないか!!!Σ(T▽T;) グワワァァーン

などと大いに恐れおののきつつ!!(;≧Д≦)y─┛


目を伏せ、視線を合わせないようにして!!(*≧∪≦)
下を向いて、俯いてしまった次第、でしたが!ヽ(≧▽≦)ノ"

それにしても今回のドキュメンタリーでは、パールマン夫妻は(・・?
ミスディレイについては、よく話題にしていて!ヽ(^。^)ノ
楽しそうにたくさん喋っていたのですが!ヾ(*´∀`*)ノキャ---

反面ジュリアード音楽院においてΣ(゚Д゚)
彼らにとってもう一人の、重要な師であったΣ(´∀`;)

イヴァン・ガラミアン氏(1903-1981)( ゚д゚)

には一切触れていなかったのは、甚だ不思議でしたねぇ!!ヾ(・Д・´ )ノワオ!

――まぁ今回はたまたま、ガラミアンの話は時間的都合で!(ノ゜ο゜)ノオォ

カットされただけ!!w(゚0゚*)w オォー

だったのかも知れませんが(´・ω・`)――

ともあれ私自身も、パールマン氏とは一応同門ですし!!ヽ(^◇^*)/ ワーイ

若かりし頃は、パールマン氏に憧れて!!v(・∀・*)
彼のような超一流のソリストになることを夢見つつ!!(*^^)v
必死でがんばってきた人間でありますから!!v(^∀^*)

パールマン氏の今の姿を、今回映像で見れたことをきっかけに(*'▽')
私も大いに奮い立ちましたし!('∀`)

彼のように70歳になっても、テクニックをキープし続けて!(* '∀'人) オォ
人を感動させる演奏が出来るよう!ヾ( ゚∀゚)ノ゙オォ
人間的にも精進していかねばいけないな!!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*


と思いを新たにした次第、でありました!!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ


奥村智洋
スポンサーサイト



カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2020/05/21 Thu. 23:51    TB: --    CM: 0

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード