FC2ブログ

ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

3/17(日)“名曲喫茶ヴィオロン”でヌヴー録音満喫(^▽^)/ 2019.3.28 

え~今回は約3週間ぶりに!!(・。・)

音楽家らしく、真面目なクラシック音楽の話

をさせて致したく存じますが!(+_+)
今月第三日曜日(3月17日日)夕方、私はまたしても(^^ゞ

杉並区阿佐ヶ谷の、「名曲喫茶ヴィオロン」

に行きまして!!!ε = ((((o^ー^)o!
そこで一か月に一度だけ開かれている!(*^∀゚)ъ

SPレコードコンサート!(^_^)v

を聴いてきたんですね!!!v(^∀^*)↓
1ヴィオロン0317
名曲喫茶ヴィオロン

この日私は17時35分ごろに、店に到着したのですが! (o゚-゚o)ン?
あいにくその時点では、もうすでに!( ̄△ ̄;)エッ・・?

最前列の席は、すべて(3席とも)埋まってしまっていて!Σ(゚д゚ノ;)ノ

そのためやむなく!(ノД`)・゜・。
前から二列目の席に、座らざるを得ませんでしたが!!(★・´Д`・)σソンナー↓
2二列目の席0317
ヴィオロン店内 二列目の席からみた蓄音機「クレデンザ」

さてこの日の・・・
SPレコードコンサートのプログラムは!(*・∧・*)?
如何なる内容だったのか、と申しますと!(;・∀・)

この日は、なんと、なんと!w(゚0゚*)w オォー

生誕100年&没後70年
フランスの女流ヴァイオリニスト 
ジネット・ヌヴー[1919.08.11-1949.10.28]特集 (`・ω・´)ゝ


なるものが、組まれておりまして!!!( ‘ jjj’ )ジェジェジェ↓
3ジネット・ヌヴ―特集0317 (3)
3月17日(日)ジネット・ヌヴ―特集の、告知チラシ

いやぁ20世紀前半を代表する、ドイツの名ヴァイオリニストであった(^^♪

ゲオルグ・クーレンカンプ特集!(*^-^*)ゞ

なるプログラムが、ここのSPレコードコンサートで組まれたのは!( ・∀・)ノ
わずか3ヶ月前(2018年12月)
のことでありましたから!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

およそ3ヶ月間で、二回も・・・
ヴァイオリニスト特集のSPレコードコンサートを!(*´▽`*)
ヴィオロンの名機クレデンザで、心ゆくまで聴けた!!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*


というのは、非常に幸運でありましたし!ヽ(^o^)丿
これこそまさに・・・
“僥倖”
と、言えるのではないでしょうか!!o(*'▽'*)/☆゚’

ちなみにジネット・ヌヴーという、ヴァイオリニストにつきましては!!(о´∀`о)
――ご存知の方も、多いかとは思いますが――

私が知る限り、におきましては、彼女はまさしく!(^^)!

空前絶後で、史上最高の女流ヴァイオリニスト!!((^∀^*))

でありますし!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
また同時に、彼女は!(^^)/

女流ヴァイオリニストとしてはただひとり・・・
「巨匠」
と呼んでも差し支えないレベルにまで到達した、偉大な存在!ヽ(*´∀`)ノ オォ


でもありますが!ヽ(^。^)ノ

ただ惜しむらくは、彼女は! (・・?

ちょうど全盛期を迎えようとしていた、30歳という若さで!Σ(゚Д゚)

アメリカに演奏旅行に向かっていた際に!(」゚ロ゚)」オォ
その途中、飛行機事故で、この世を去ってしまいまして!!!Σ(T▽T;) グワワァァーン


また第2次世界大戦が、勃発して!(゚Ω゚;)ハッ!!
ナチス・ドイツがパリを占領していた間(1939-1944)は、ずっと!Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

彼女はナチス・ドイツの求めには応じず!(・。・;
一切、演奏会を開くことなく!=( ̄□ ̄;)⇒
ひたすら自宅に籠って、ヴァイオリンの練習に没頭していた!!∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!


というのも、勿体無いことだったんですよねぇ~!!( ̄へ ̄|||) ウーム

ただ視点を変えてみますと! ( ̄  ̄;)エッ
ヌヴ―はこの時期に、演奏会をたくさん開く代わりに!(; ̄  ̄)ナヌッ?↑

自宅で充分に、練習を積み重ねつつ!(;´∀`)
己を高めることが出来た、からこそ!!(ノ゚ρ゚)ノ

後世に語り継がれるほどの、偉大なヴァイオリニストになれた!\(◎o◎)/!


とも言えるでありましょうが!!ヾ(・Д・´ )ノワオ!


それでヌヴーのスタジオ録音、というものは!( ̄◇ ̄;)エッ
生涯を通しても、それ程数多くのこされたわけではなく!!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

オーケストラとの共演でのこされたスタジオ録音も、全部合わせても!Σ(´∀`;)!

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77
ショーソン:詩曲 作品25


の3曲、しか存在しないのですが!(@_@)
この日の前半のプログラムでは、そのなかから!(☆Д☆)キラリーン

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77

を聴くことが出来たんですね!!(*'▽')↓
4ブラームス協奏曲0317 (2)
ヌヴー独奏による、「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77」のSPレコード
イサイ・ドブローウェン[1891.02.27-1953.12.09]指揮
フィルハーモニア管弦楽団
英His Master’s Voice DB9126〜30
1946年8月16〜18日、ロンドン アビイ・ロード第1スタジオでの録音

いやぁヌヴー自身は、実際に(*^_^*)
ブラームスのヴァイオリン協奏曲には、たいへん強い思い入れがあったようですが!(*^-^*)

彼女の独奏による、ブラームス協奏曲の録音は!( ̄∇+ ̄)vキラーン
とてつもない集中力&気迫に、全曲が貫かれていて!!(* '∀'人) オォ

鬼気迫るほどの、ものすごい名演奏でしたね!!( ̄ー+ ̄)キラリ

そしてこの日の、プログラム後半は!(。´・ω・)?

小品(ピアノ伴奏)のSPレコードを、ヌヴーが録音した年代順に!!( ̄  ̄;)!!

聴くことが出来た、わけでしたが!!Σ(・ω・ノ)ノ!↓

クライスラー:W・F・バッハの様式によるグラーヴェ ハ短調
スーク:4つの小品 op.17〜第3曲「ウン・ポコ・トリステ」
ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー[1880.07.18-1960.10.19](ピアノ)
独Electrola DB4577
1938年4月13日、ベルリンでの録音

グルック:『オルフェオとエウリディーチェ』〜メロディー
パラディス/ドゥシキン編:シチリア舞曲
ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー(ピアノ)
独Electrola DA4453
1938年4月13日、ベルリンでの録音

ラヴェル : ハバネラ形式の小品
スカルラテスク : バガテル
ジャン・ヌヴー[1918.02.20-1949.10.28] (ピアノ)
独Electrola DA1871
1946年8月12日、ロンドン アビイ・ロード第3スタジオでの録音

ファリャ/クライスラー編 : スペイン舞曲
ディニーク/ハイフェッツ編 : ホラ・スタッカート
ジャン・ヌヴー (ピアノ)
独Electrola DA1865
1946年8月13日、ロンドンで アビイ・ロード第3スタジオの録音

スーク : 4つの小品 Op.17
ジャン・ヌヴー(ピアノ)
英His Master’s Voice DB6359〜60
1946年8月14日、ロンドン アビイ・ロード第3スタジオでの録音

5ターンテーブル0317 (2)
この日のターンテーブル
※目をこらして観察してみますと(?_?)↑
この日のターンテーブルには、鉄針に混じって(+_+)
竹針もチラホラ見受けられたのですが!(*≧∪≦)
残念ながらこの日のコンサートでは(;´Д`)
竹針が使われることは、最後まで一切ありませんでした!!(;≧Д≦)y─┛

6クライスラーグラーヴェ0317
後半最初にかけられた、
クライスラー:W・F・バッハの様式によるグラーヴェ ハ短調
のSPレコード
※第二次世界大戦開戦直前(1939年)であった、とはいえ(◎_◎;)
フランス人のヌヴーが、第三帝国の首都ベルリンで録音していた!Σ( ̄□ ̄|||)
のはすこぶる意外でしたが!(;゚Д゚)

これらの録音↑のなかでも、とくに!(*^。^*)
一番最後にかけられた・・・

スーク:4つの小品 作品17

は!(#^.^#)↓

音楽性&テクニックともに、ものすごく研ぎ澄まされていて!∑(`∀゚´*)オォ!!
曲の魅力が存分に引き出された!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪
圧巻の名演奏、でしたね!(人*´∀`)ウットリ↓
7スーク4つの小品0317
後半最後にかけられた、
スーク:4つの小品 作品17
のSPレコード

※ちなみに私自身は、「スーク:4つの小品作品17」につきましては!(;´▽`)y-~~
第4曲「ブルレスク」を除けば!(;^_^A
とくにレパートリーとしている、わけではなく!(;^ω^)

私がこの作品を、全曲聴き通したのは、なんとじつに!( ̄  ̄;)!!

2011年4月初旬、当時新中学一年生として入学してきたRさんが!!(@ ̄□ ̄@;)!!
私との最初のレッスンの際に、この曲を持ってきて以来!!(ノ ̄□ ̄)ノオオオ

でありましたが!!(*・0・*)ワォ


ところで私はこの日、ヴィオロンに行く直前に!( ̄∇ ̄)ニヤッ
阿佐ヶ谷駅から、徒歩10分ほど、と至近の場所にある!( ̄ー ̄*)ニヤリッ

馬橋稲荷神社

に行って、そちらで参拝していたんですね!!( ̄ー ̄)ニヤリッ↓
8馬橋稲荷神社0317
馬橋稲荷神社

9双竜の鳥居0317 (2)
双竜の鳥居
※この「双竜の鳥居」という様式は!( ´ー`)
全国的に見ても、たいへん珍しいのだそうですが!ヾ(・∀・)ノ

10小川のせせらぎ0317 (2)
昭和初期の「桃園川」が再現された、境内のせせらぎ!ε= (*^o^*)

11狛狐0317
狛狐

12拝殿0317 (2)
拝殿

いやぁここ↑は、参道を歩いているだけでも(*^^*)
清々しい気に、満ち溢れた!(*´∀`)b

素晴らしい稲荷神社、でありましたが!o(* ̄  ̄)ゝ

こちら↑でおみくじを、引いてみましたところ!(^_-)
なんとあろうことか!!(^_-)-☆

大吉!!!(∩´∀`)∩

を引き当てることが、出来たんですね!!(* ̄。 ̄*)ウットリ↓
13大吉のおみくじ0317 (2)
この日私が引いた、「大吉」のおみくじ!v(・∀・*)

いやぁぁあああここ4、5年ほどは!( ̄ロ ̄lll)エッ!!

私は神社でおみくじを、何度となく引いてみても!(≧≦*)キャー
大吉などは、一度たりとも出たためしがありませんでしたし!!(≧∇≦)キャー

自分の運気が、最悪だということも!(~_~)
重々自覚しておりましたから!!(~o~)

今回自分は、久々に大吉を引いて!ヽ(*´∀`)ノ オォ

これはまさしく、“奇跡”ではあるまいか! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!

と感極まってしまいましたし!! (* ̄ Д  ̄*)ポッ

そのおみくじに書かれていた、すばらしい内容の!(*^。^*)
一語一句を、幾度も読み返しつつ!!!(* ̄。 ̄*)ウットリ

喜びの舞い!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

を、踊りたくなってしまいましたし!!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

ヌヴーのレコードコンサートに行く前に!!(*^▽^*)
この日の私は、この時点でもうすでに!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

昇天してしまっていたヽ(≧▽≦)ノ"

次第でありました!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋
スポンサーサイト



カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2019/03/28 Thu. 18:47    TB: --    CM: 0

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード