ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

茨城県内の大手ビール工場見学ツアーハシゴ旅 後編 2015.3.29 

前回からの続きです。

3月26日(木)午前中に「キリンビール 取手工場」を見学し終わった私は、次の目的地・・・
「アサヒビール 茨城工場」へと、向かって行きました(^.^)

それで「アサヒビール 茨城工場」は、取手市の西隣の・・・
守谷市にあるわけでして(^o^)

そのビール工場までは、関東鉄道&つくばエクスプレスの守谷駅から、無料のシャトルバスが出ていて・・・
それに乗って行くことが出来るわけですねヾ(・∀・)ノ

それで守谷駅まで手っ取り早く行くには、一旦取手駅まで戻って・・・
そこから関東鉄道常総線のディーゼルカーで向かうのが、当然一番分かりやすい方法ではありました。

ですがもし取手から守谷駅まで、関東鉄道に乗車すると、首都圏の鉄道にしては・・・

取手→守谷 9.6キロ 420円
とたいそう高額な運賃を、払わなければならないんですね(#゚Д゚)

「これ程短距離を移動するだけで、420円も支払うのは勿体無い」
と私は思案しまして( ̄∇+ ̄)vキラーン

今回は取手駅からひとつ隣の西取手駅から、関東鉄道常総線に乗車することにして・・・
同時に守谷駅のひとつ手前の南守谷駅で、ディーゼルカーから下車することにして ゚∀゚)
その南守谷駅から守谷駅までは、一駅分歩いて行くことにしました(・∀・)

こうすることにより、私が支払うべき関東鉄道の運賃は・・・
西取手→南守谷 5.8キロ 250円
となりまして、170円も出費を抑制することに、成功出来たわけです!
( ̄ー ̄)ニヤ

さて私は「キリンビール 取手工場」から、道を迷いつつも(^_^;)
何とか30分ほどかけて、関東鉄道西取手駅に辿り着きまして(ー。ー)フゥ

その西取手駅から、私にとっては久し振りに・・・
関東鉄道のディーゼルカーに乗車しましたヽ(^。^)ノ↓
1西取手駅0326
関東鉄道 西取手駅にて

関東鉄道常総線(取手~下館)の沿線ですが、取手側は宅地開発が進んだという事情もあって・・・
取手から途中の水海道駅までは、複線化がなされているんですね(@_@)

鉄道ファンであれば、良くご存じとは思いますが・・・
「非電化で複線の鉄道路線」
というのは、全国で探してみても、非常に数少ないため(@_@。

それで今回私は、運転席の後ろにかぶりつきつつ・・・
久し振りに、常総線の複線区間の車窓を、じっくりと観察した次第です(^v^)↓
2複線0326
上り線を走行するディーゼルカー

そして私は南守谷駅で下車をして、国道294号線を真っ直ぐ守谷駅方面に向かって、30分ほど歩いて行きましたところ・・・
なんと途中に私が大好きな、「イオンショッピングモール」がありまして\(◎o◎)/!↓
3イオンタウン0326
イオンタウン守谷

私はここ「イオンタウン守谷」↑にて、しばしの間休息を取りつつ・・・
次のビールの試飲に備えて、胃腸の調子の回復に努めることにした次第です(^^)v

さて私は午後2時30分守谷駅発の「シャトルバス」に、10分ほど乗車しまして・・・
無事「アサヒビール 茨城工場」に辿り着きましたヽ(´▽`)ノ↓
4シャトルバス0326

5茨城工場0326
アサヒビール 茨城工場

6アイムタワーから0326
試飲会場アイムタワーから見た、工場全景

この1991年に竣工したアサヒの工場↑は、1970年に竣工した「キリン 取手工場」と比べると・・・
20年以上も後に造られた、新しい工場ですから(。゚ω゚) 。

そのためこのアサヒの工場は、どこを取ってみても・・・
全ての設備が、すこぶる機能的且つ近代的でしたねぇ(@_@)

実際今まで私が他のビール工場に行った際には、常に感じていた・・・
「ビール工場特有のビール臭さ」
「温度・湿度の高さ」
といったものは、今回「茨城工場」にいた間は、一切感じませんでした\(◎o◎)/!

そして私が参加をしたのは、午後3時開始の回の・・・
この日最後の見学ツアーでした。

ただ今回残念だったのは、このアサヒのビール工場においては・・・
工場見学中の写真撮影は、一切不可だったことです('・_・`)ショボン

これまで実際に私が行ったことのある、サントリー&キリンのビール工場においては・・・
工場見学中はほとんどの場所において、写真撮影は可能でしたから(・.・;)

「いまの時代ビール工場見学では、どこでも写真撮影は出来るものだ」
と、私は勝手に思い込んでおりましたが(・。・;
――調べてみるとサッポロのビール工場でも、写真撮影は可能なようですが――

大手ビール4社のなかでは、アサヒのみは未だに・・・
工場見学中に写真撮影をするのは、不可能だったんですねぇ\(-o-)/

「折角撮影を楽しみに、カメラ持参でやってきたのに、見学中は写真が一切撮れないなんて」
と、私はすこぶるガッカリしてしまいましたが(*´д`)=3

ただ今回自分の人生で、初めて体験をした・・・
アサヒビールの工場見学自体は、非常に楽しいものでしたね(*´∀`)b

とくに私が見学していた際は、広大な敷地内にある・・・
瓶詰工場&缶詰工場は、双方ともにフル稼働をしていまして(@_@)

大量の瓶&缶がベルトコンベアーに乗って高速で流れつつ、それにビールが注ぎ込まれてゆく様は・・・
まさに圧巻の一言でしたね!\(◎o◎)/!

もちろんこちらの「茨城工場」でも、この「瓶詰&缶詰工場」が稼働しているのは、平日のみで・・・
土休日においては、ビールの生産ラインは、全てストップしておりますから(-_-;)

「あぁ工場見学をするのは、やっぱり平日に限るなぁ」
とは、今回改めて思いましたね!(・∀・)

それからこの工場では、「ビールの原料紹介」のコーナーにて、麦芽&ホップの紹介以外にも・・・
「米・コーンスターチ・コーングリッツ」
といった、「副原料紹介」が行われていたのも、とても興味深かったですね(@_@。

さてここで工場見学を終えた私たち見学者は、最後に・・・
高さ60メートルの、「アイムタワー」内にある試飲会場へと、案内されました(*^_^*)↓

――この試飲会場と1Fロビー内のみは、写真撮影は可能だったので・・・
ここから写真掲載を再開しますが(^^ゞ――
7試飲会場0326
試飲会場(アイムタワー)

私たちはここでまずは、一杯目として、
――もちろん未成年&ビールが飲めない人を除いてですが(^^ゞ――
アサヒの主力ビールである・・・
「アサヒスーパードライ」
が手渡されましたが↓
8スーパードライ0326
試飲一杯目 アサヒスーパードライ

いやぁ今回初めて呑んだ、ビール工場で醸造されたばかりの「スーパードライ」は・・・
本当にビックリするほどフレッシュ且つフルーティーで、喉越しも良くて(@_@。
めっちゃ旨かったですね!\(◎o◎)/!

実際出来たての「スーパードライ」が、これほど旨いとは・・・
これまで私は、全く想像しておりませんでした!

ちなみに私は今回試飲2杯目としては、「スーパードライ」のプレミアム版である・・・
「ドライプレミアム」を選択して、呑んでみましたが(* ̄0 ̄*)ノ↓
9ドライプレミアム0326
試飲二杯目 ドライプレミアム

「コスパを考慮したら、『ドライプレミアム』より通常の『スーパードライ』の方が、完成度は高いのではないか」
と正直私は思いましたね!v(・∀・*)

そして最後の試飲3杯目としては、黒ビールの「ドライブラック」をキンキンに冷やした(^_^;)
「エクストラコールド」を呑んでみました(* ̄0 ̄*)ノ↓
10エクストラコールド0326
試飲三杯目 ドライブラック エクストラコールド

この黒ビール↑もすこぶる上質で、美味しいとは思いましたが・・・
「ピルスナーならまだしも、黒ビールを2℃まで冷やしたら、折角の素晴らしい味が損なわれてしまうではないか」
と、少しだけ残念に思いましたね(・。・;

それから今回おつまみに出てきたのは、アサヒビール謹製の「オコゲスタ」というものでしたが・・・
このおつまみは、たいそう旨かったですねぇ('∀`)↓
11オコゲスタ0326
オコゲスタ

その上この日は、雲ひとつない晴天だったためヽ(^o^)丿
高さ60メートルの「アイムタワー」からは、関東平野を一望出来たわけですねヽ(´▽`)ノ

それで「筑波山」や「東京スカイツリー」なども・・・
「アイムタワー」からバッチリ眺めることが出来ましたが(^-^)V↓
12筑波山0326
アイムタワーから見た筑波山

13東京スカイツリー0326
アイムタワーから見た東京スカイツリー

これら↑の素晴らしい景色を目の当たりにした際の私は、まさに・・・
「王侯貴族」の気分でしたね!!((^∀^*))

いやぁこの日は合計6杯もの、美味しい「無料試飲ビール」を味わうことが出来て・・・
たいへん満足出来ました!(*´∀`)b

そしてこの日の2つの工場見学&試飲を終えた私は、ルンルン気分で・・・
守谷駅から、「つくばエクスプレス」の電車に乗車して↓
14守谷駅0326
つくばエクスプレス 守谷駅にて

「最高時速130キロの世界」
を満喫しながら、東京に帰った次第ですv(^∀^*)

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2015/03/29 Sun. 23:40    TB: --    CM: 2

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード