ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

12/21徳島でコンサート(^o^) 2014.12.25 

つい最近まで、私は不勉強だったため(^^ゞ
全く知らなかった事でしたが・・・

今月(2014年12月)は徳島にとっては、第一次世界大戦の最中、ドイツ軍俘虜が徳島の収容所に連れて来られてから・・・
ちょうど100年目という、記念すべき節目だったわけですね\(◎o◎)/!

そのような事情で先週末12月21日(日)に、徳島エンゲル楽団による・・・
「ドイツ兵俘虜来徳100周年記念音楽会」
というコンサートが開かれたわけですが!(^^)!

なんと私もそのコンサートに、「ゲスト出演」をさせていただけることになりまして(^o^)
私はそのコンサートに出演するべく、徳島まで往復して来た次第です(*^_^*)

私は前回のブログ記事でも書きました通り、前日20日(土)夕方には・・・
目黒区柿の木坂のサロンコンサートで、演奏しなければならなかったんですね。

私はそのコンサートで演奏し終わるや否や、新横浜駅まで急いで向かいまして、新横浜発18時49分の「のぞみ123号」に飛び乗り・・・
その日は山陽新幹線の西明石駅まで移動して、そこの近くのホテルに宿泊しました。

そして翌朝西明石から約10キロほど東にある、「高速舞子バス停」から・・・
高速バスに乗って、徳島へと向かった次第ですヽ(´▽`)ノ↓
1明石大橋1221
高速舞子バス停から見た明石大橋

さて今回の「ドイツ兵俘虜来徳100周年記念音楽会」は、徳島大学内の・・・
「常三島けやきホール」という会場で開かれました↓
2けやきホール1221
徳島大学常三島けやきホール

3立て看板1221
会場入口の立て看板

この↑立て看板に記載されている、“世界的ヴァイオリニスト”というのが真実かどうかは・・・
私は全く定かではありませんが(*´A`*)

ところで私が今回コンサートで演奏させていただいたのは、以下の曲でした↓

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35より カンツォネッタ(キーボード伴奏:中村太)
バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番&第3番より アレマンダ・コレンテ・ガヴォット
南能衛:村祭り(奥村編曲無伴奏)
ベートーヴェン:ヴァイオリンとオーケストラのためのロマンス第1番ト長調 作品40(徳島エンゲル楽団伴奏/岡山茂幸指揮)

この↑曲目のなかで、「ベートーヴェンロマンス第1番」は、私は自分がソリストだった時代も含めて・・・
今までオケ伴で演奏したことは、一度も無かったわけですが(*_*;

今回初めてオーケストラ伴奏で、「ソリストとして」この作品を演奏出来たことは・・・
私はとても嬉しく思いましたしヽ(^。^)ノ
また光栄に思いましたヽ(^o^)丿

――但し「恋愛」などとはほとんど縁が無い、私のようなモテない人間が、「ロマンス」を演奏するというのも・・・
チャンチャラおかしな話と思われるかも知れませんが(ーдー;)――

また自分がヴァイオリン無伴奏用に、編曲をして演奏をした「村祭り」につきましてですが・・・
これは私が徳島に行く度に、毎回S先生からリクエストをされまして(^^ゞ
その結果「毎回恒例」で、演奏することになってしまったという事情があるんですね(・。・;

それで7、8年前に、初めてこの曲を「伴奏無しで」演奏して欲しいと・・・
S先生からコンサート直前に急遽リクエストをされた際は、
「おぉこれはなんという“ムチャ振り”であろうか」
と、困惑してしまった次第でした(+_+)

それで初期の頃は、私は原曲をただ単旋律でなぞっただけの(^^ゞ
ごく簡単且つ初歩的な形式で、この曲を演奏しておりましたが・・・

・・・まるで「酉の市」においては、熊手が年々より豪華なものに買い換えられてゆくのと同じように(^^ゞ・・・

私はこの曲を演奏する度に、毎回何らかの創意工夫をして・・・
重音奏法を取り入れたり、前奏を作曲したり、ヴァリエーションを増やしたりしましたため^^♪
毎回より豪華且つ、大規模な作品になりつつあるんですね!(#^.^#)

もしかしたら今後毎年徳島に呼ばれ続けて、「村祭り」を演奏し続けるとすると・・・

20年後にはこの曲は、演奏時間30分を越す大曲になっているかも知れませんね!( ゚∀゚)

ちなみに今回のコンサートの模様は、「徳島エンゲル楽団のブログ」に詳細が掲載されておりますので(^^)
興味ある方は是非、そちらのほうもご覧下さい(^o^)↓
http://ameblo.jp/engel-tokushima/entry-11967874992.html
さてコンサート終了後、今回のコンサート出演者&関係者による「打ち上げ」が行われました。

その打ち上げの二次会ですが・・・
今回のコンサートのプロデューサーで、徳島大学で教鞭をとっておられるM先生の発案で(^o^)

徳島県内唯一のクラフトビール醸造設備がある・・・
「Awa新町川ブリュワリー」に、皆で行くことになりました(* ̄0 ̄*)ノ
4Awa新町川ブリュワリー1221
Awa新町川ブリュワリー

徳島大学のM先生は、昔から日本のクラフトビールを、現地に出かけていろいろ呑み歩いておられる方でして・・・
日本のクラフトビールの事情には、非常に精通しておられるんですね!ヾ(・∀・)ノ

それで私はM先生からこの店につきましては、事前に詳しく教えていただいておりまして(^o^)
私は今回この店で地ビールを呑めることを、とても楽しみにしておりましたo(*'▽'*)/☆゚’


「Awa新町川ブリュワリー」は、昨年8月にオープンされたばかりのブリュワリーですが・・・
ビールの醸造免許が下りるまでの間は、ずっと岡山の「吉備土手下麦酒醸造所」のビールが、この店では提供されていたそうです。

そしてこの店オリジナルの、自家醸造ビールの提供は・・・
今年の7月下旬に、ようやく始まったばかりなのだそうですね(*´∀`)b

さてこの店でのビールのラインナップは、
――ラガービールは一切無く、エールビールばかりでしたが――
以下の通りでした↓
5ビールメニュー1221
Awa新町川ブリュワリー ビールラインナップ

ピッチャー(1250ml)が1,440円という価格設定は・・・
東京のクラフトビールの店と比較すると、たいそう良心的でしたねぇヽ(*´∀`*)ノ.+゚

ただしこの日は「ビター」が品切れでして(~_~)
このビールを呑む事が叶わなかったことだけは、残念でしたが(T_T)

私たちは以下の3種類の地ビール(正確には地発泡酒)を呑みましたが(* ̄0 ̄*)ノ↓
6ペールエール1221
ペールエール アルコール度数5.5% 1250ml 1,440円

7赤ぶどうのエール1221
赤ぶどうのエール(吉備土手下麦酒醸造所) アルコール度数5% 1250ml 1,740円

8スタウト1221
スタウト アルコール度数4.5% 1250ml 1,440円

今回呑んだ3種類のなかでは、「ペールエール」がダントツで美味しかったですし(*^_^*)

このビールは甘みがあって、フレッシュで味わい深くてo(・∀・)o
たいへんハイレベルだと思いました!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

料理のほうは、以下の品々をいただきましたが↓
9焼き枝豆1221
焼き枝豆 340円

10ハモンセラーノ1221
スペイン産ハモンセラーノ 580円

11フィッシュアンドチップス1221
フィッシュアンドチップス 600円

12ゴルゴンゾーラチーズピザ1221
ゴルゴンゾーラチーズピザ 780円

13カキフライ1221
カキフライ 580円

いやぁどの料理をとってみても、たいへんリーズナブルな価格でしたし(*^_^*)
非常に美味しかったですね!

とくにタラの身が使用された「フィッシュアンドチップス」と・・・
広島産カキが使用された「カキフライ」は、絶品だと思いました!ヽ(´▽`)ノ

最後に蛇足ではありますが(^^ゞ

私は貧乏人ですし(ノД`)
本来は新幹線や飛行機に乗れるような資金力は、全く持ち合わせておりませんから(>_<)

コンサート翌日22日(月)から2日間かけて、「青春18きっぷ」を利用しながら・・・

JRの鈍行列車を乗り継いで、東京まで戻ってきたわけですね(^_^;)

それで23日(火祝)には、JR身延線に乗車して、甲府経由で東京まで帰ったわけですが・・・
富士宮市の駅から見えた富士山は、この上なく美しかったですねぇ!ヽ(^。^)ノ↓
14富士山1223
12月23日 身延線富士根駅停車中の下り電車(3629G)から見た富士山

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: 演奏会のこと

[edit]

Posted on 2014/12/25 Thu. 23:42    TB: --    CM: 2

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード