ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

9/27(土)銀座シェルマンSPコンサート→三越前クラフトビア 2014.9.30 

先週9月27日(土)は、銀座の蓄音器&SPレコード専門店「シェルマン」にて、毎月最終土曜日に開催されている・・・
午後2時から一時間ほどの、無料の「SPレコードコンサート」がありまして(^o^)

私はそれを聴きに、銀座まで足を運んできましたヽ(^。^)ノ↓
1シェルマン0927
蓄音器&SPレコード専門店 シェルマン

「シェルマン」の「SPレコードコンサート」ですが、通常は大体・・・
小品のSPレコードがかけられることが多いんですね。

ところが今回はなんと、この日(9/27)がちょうど誕生日であった(@_@)
ヴァイオリニストのジャック・ティボー氏にちなんで・・・

「ジャック・ティボー特集」として、プログラムが組まれておりまして↓
2プログラム0927
9月27日 第112回SPレコードコンサート ジャック・ティボー特集

ティボー(Vn)&コルトー(Pf)演奏による、ドビュッシー&フランクのヴァイオリンソナタという・・・
巨匠2人の演奏による“大曲の”SPレコードを、聴くことが出来たわけですね\(◎o◎)/!↓
3フランクジャケット0927
ティボー(Vn)&コルトー(Pf)の「フランク:ヴァイオリンソナタ」SPジャケット

4フランクレコード0927
ティボー(Vn)&コルトー(Pf)の「フランク:ヴァイオリンソナタ」SPレコード

いやぁ私は以前にも書きましたが、今年の6月19日に、或るお宅にて・・・

「史上最高とうたわれる蓄音器の名機『英HMV203』」+竹針でヾ(・∀・)ノ
ティボー&コルトーが演奏をする、「ショーソン:コンセール作品21」のSPレコードを、全4楽章聴かせてもらえるという・・・
この上ない機会を持つことが出来ました!ヽ(^o^)丿

そのSPレコードは「空前絶後」とでも表現出来るくらい・・・
ものすごい最高の演奏且つ、最高の録音だったわけです!!↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-368.html(6月22日付記事)

↑の記事でも書きました通り(^.^)
ディボーによる「ショーソン:コンセール」の演奏は、この世のものとは思えないほどの・・・
美しい音、美しいフレーズ、自由自在な歌い回し、情熱、作品に対する深い愛情で(^o^)
全曲が貫かれておりまして!\(^o^)/

私はこのSPレコードが再生されていた間、30分強ほどはずっと、
「すごいなぁ~うまいまぁ~」
と連発して、呻き続けてしまいましたし(^^ゞ

全曲を最後まで聴き終わった後では、あまりに感動し過ぎて・・・
椅子ごと後ろにひっくり返って、泡を吹いて気絶しそうにもなりました!(*´д`*)

それで今回も
「もしかしたら『ドビュッシー&フランク』のほうも、『ショーソン:コンセール』と同レベルの、ものすごい演奏を期待出来るのではあるまいか?!」
と私は思いまして・・・

「シェルマン」に今回のコンサートを聴かせて欲しいと、予約の電話を入れた次第です(*^_^*)

さて今回のSPレコードコンサートですが・・・
私はフランクに申しますと(ダジャレ)(^^ゞ
フランクよりもドビュッシーの演奏の方が、深く感動しましたね!

クラシック音楽ファンの方には、改めて言うまでもありませんが(^^ゞ

ドビュッシーのヴァイオリンソナタは、彼の最晩年、死の直前に書かれたものなんですね。
そしてこの作品は、(ドビュッシーの作品としては)和声も比較的単純で、古典的な様式が採用されているにもかかわらず・・・
人生や宇宙の摂理を、全てに渡って俯瞰しているかのような(*_*)
深いメッセージが、全曲に渡って込められているわけです( ´ー`)

(このコンサートに居合わせた、SPレコードのコレクターの話によると)
ティボー&コルトー演奏によるドビュッシーのSP盤は、それ自体が非常にレアで・・・

巷ではほとんど出回っていないのだそうですが(@_@。

幸い今回聴かせてもらえたのは、フランスでプレスされたものだそうでして(^.^)
そのフランス盤はノイズも少なめで、盤質も非常に良好だったんですね(*^_^*)

そしてティボー&コルトーの演奏も、非の打ちどころがないほど見事なものでしたし・・・
「死の淵に立たされた、ドビュッシーの心情」が、痛いほど良く伝わって来るような(^o^)
たいへんな名演でした!

一方フランクのヴァイオリンソナタの方ですが、確かにこちらも・・・
素晴らしい演奏には、間違いありませんでした。

ですが楽章のなかで、盤面をひっくり返す際の繋ぎ目については・・・
毎回テンポが急変したりしてかなり不自然で、違和感を持たざるを得ませんでしたし(~o~)

今回使用されたフランクのSP盤は、イギリスでプレスされたものでしたが、ノイズは多めで・・・
盤質もドビュッシーと比べると、大分劣るものだったのは、残念でしたね(~_~)

フランクのヴァイオリンソナタが、終楽章まで全て再生され終わった後、また3時10分前だったということもあって・・・
最後に「アンコール」として(^o^)
ドビュッシーソナタの第三楽章の裏面に収録されていた、ドビュッシーの「ミンストレル」も聴かせてもらえました!↓
5ミンストレル0927
ドビュッシー:前奏曲集より「ミンストレル」 ティボー(Vn) コルトー(Pf)

ちなみに今回のコンサートで使用された蓄音器は、「英HMV202」でして↓
6HMV2020927.jpg
今回のコンサートで使用された蓄音器 HMV202

この↑HMV202に竹針が装着されて(^o^)
今回のコンサートは進行して行ったわけですね。

ですがコンサート開始直前までは、「HMV」ではなく・・・
「米クレデンザ」が使用される可能性もあったようなんですね!

最終的にはこの演奏が録音されたのは、ロンドン(ドビュッシー)とパリ(フランク)ですし、SP盤も仏盤(ドビュッシー)&英盤(フランク)ということで・・・
結局HMVのほうが選ばれたようですが。

いやぁもし「クレデンザ」で今回のSP盤が再生されたとしたら、一体どんな音が醸し出されたのでしょうかねぇ。
「さわりの一瞬だけでも、『クレデンザ』で聴いてみたかったなぁ」
とは、私は心から思ってしまいました!

さて私は今回の「SPレコードコンサート」が終わると・・・
銀座から北へ向かって、日本橋方面に歩いて行きました↓
7日本橋0927
日本橋

ちなみに私は日本史が大好きな人間ですから(^.^)

江戸時代長らく東海道の起点であった、ここ日本橋には、強い憧れを抱いているわけですが・・・

ここの上を横切っている、グロテスクな物体、ガッカリさせる建造物orz
これは一体なんなんでしょうねぇΣ(゚д゚ノ;)ノ

「高度経済成長」の名のもと、このような歴史上由緒正しき場所に、芸術性のかけらも人間の尊厳も何もない・・・
「首都高」などというおぞましきものを、平然とつくってしまうとはd(゚Д゚*)

これを「許されざる行為」と言わずして、何と言ったらよいのでしょうか???

私はこういった建造物を、平気で造ってしまうような人たち、すなわち「資本主義の上では金儲けのため何をやっても良い」と信じている・・・
「エコノミック・アニマル」
「金の亡者」
といった人種は、はっきり言って大っ嫌いですねぇΣ(゚д゚|||)

さて私は日本橋を通り越し、更に三越前まで行き・・・
「三越デパート」の真向かいのビルのテナントに入っている・・・
「クラフトビア マーケット 三越前店」に入店しました(^.^)↓
8クラフトビア―マーケット0927
クラフトビア マーケット 三越前店

私はここ↑で、「遅めの昼食」を摂ろうとしたわけです(*^_^*)

それに加えて私は、
「巨匠2人による『世紀の名演』を聴いた直後にアクセク練習するのは、『野暮』というものだし、自分は『江戸っ子』としてカッコよく生きるべきではないか」
と考えまして(^^ゞ
(本当は練習をサボりたいための、ただの言い訳ですが(^_^;))
ここで「クラフトビール」も注文してみることにした次第です!(* ̄0 ̄*)ノ

この日私が呑んだ地ビールは、以下の2種類でした↓
9インキーパービターラガー0927
アウトサイダー インキーパー・ビター・ラガー アルコール分6% 1パイント(473ml)780円(税込)

10パラドキシカルIPA0927
COEDO パラドキシカルIPA アルコール分7% 1パイント(473ml)780円(税込)

この店では、「お通し代」が別途300円かかるとはいえ・・・
地ビールの価格が1パイント=780円(税込)というのは、リーズナブルと言えましょう!(^.^)

一杯目の「アウトサイダー(山梨)」のビールですが、こちらは先日9月17日に荻窪「ターコイズ」にて、呑み損なってしまったばかりでしたから・・・
(種類が違うとはいえ(^^ゞ)
今回ここで再会出来たのは、嬉しかったですねぇ(^u^)

「インキーパー・ビター・ラガー」は、ドイツ産のアロマホップが使われているようです。
これは炭酸は少なめで、フレッシュかつ自然な麦芽の味わいがして、たいそう美味しかったですね!

二杯目の「COEDOビール(川越)」の「パラドキシカルIPA」の方は、「逆説的な」という名前が付けられている通り・・・
IPAとしてはクリア且つドライな仕上がりで、かなりユニークなものでしたね。

こちらのほうも、ハイレベルなビールだと思いました!

料理の方は、お通しも含めて3種をいただきました(^.^)↓
11お通し0927
お通し 300円(税込)

12ナッツ0927
ナッツ 300円(税込)

13フィッシュ南蛮0927
フィッシュ南蛮 980円(税込)

「フィッシュ南蛮」はボリューム満点でしたし(^o^)
ピンク色のタルタルソースが、非常に美味でしたね(*^_^*)

この分量と味で、税込980円というのは・・・
世知辛い今の社会においては、たいへんお値打ちと言えるのではないでしょうか!ヽ(^ω^)ノ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2014/09/30 Tue. 22:17    TB: --    CM: 4

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード