ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

グランデュオ立川の京風とんかつ店「かつくら」 2014.4.30 

私は昔から、千年に渡って存続した、日本のいにしえの都・・・
京都には、非常に強い憧れを抱いているんですね。

それで一昨年&昨年には、「京の冬の旅」キャンペーンに合わせて・・・
京都を訪問し、何日もかけて寺院めぐりも行ったわけです。

ただ今年に限ってはあまりに深刻過ぎる金欠のため・・・
京都旅行は断念せざるを得ませんでしたが(-_-)

その京都に関連することですが、つい最近情報誌を見ていると・・・
京都三条に本店がある「かつくら」というとんかつの店が、立川にも出店して営業している、ということが分かりました。

立川といえば、私の職場からは隣町でして・・・
職場からは歩いて行くのも全く問題無いほど、至近距離なんですね!

「これは是非『かつくら』でとんかつを食しつつ、久々に京都らしさも満喫することにしよう」
と考えた私は、一昨日4月28日(月)夕方、職場での勤務を終えた後・・・
立川まで40分ほどかけて歩いて向かい、「かつくら」に入店しディナーを摂った次第です↓
1かつくら0428
かつくら グランデュオ立川店

「かつくら」は立川駅ビル「グランデュオ」の七階レストラン街に入っていました。

かつてここには、「立川中華街」といって・・・
(私にとっては)非常に魅力的な中華料理店が軒を連ねていたんですね。

3年前に「立川中華街」が無くなってしまったことは・・・
私にとっては非常に残念な出来事でしたが(;一_一)

それはさておき、「かつくら」は東京都内ではここ立川以外にも・・・
新宿、北千住、吉祥寺、成城と、さまざまな場所にも出店していて(@_@)
そこでも営業を行っていたんですね。

それが分かったときは、
「今日わざわざ職場から歩いて、ここに来る必要は無かったなぁ」
と少々ガッカリしてしまいましたが(^^ゞ

結論から言うと、この店は京都らしさを前面に押し出していて・・・
私は非常に好きな店でしたね!

さてここで私が注文したのは・・・
「三元豚ロースカツ(120g)」「豚汁」「ビール(プレミアムモルツ樽生)」の3品でした。

ここでは私は、ご飯は注文することはせず、全く食しませんでしたが・・・
その理由は、もしここでご飯を食べたい場合は、「膳セット(380円)」を注文しなければならなかったんですね。

「膳セット」には麦ご飯、味噌汁&キャベツがついていて、お替わり自由ということでしたが・・・
「ご飯を食べるために380円余計に出すのは、勿体無い」
と判断した私は、「膳セット」を注文するのは見送り(^^ゞ

代わりにそれより百円安い「豚汁(280円)」を、単品で注文した次第です。

まぁ要するに「お金をケチった」わけですね(^.^)

注文を終えるとすぐに、ビールが運ばれてきました↓
2サントリーモルツ0428
サントリー プレミアムモルツ樽生 650円

「かつくら」は京都らしさを前面に押し出すというコンセプトのもと・・・
「ビールもあえて京都に醸造所があるサントリーをチョイスしているのだろう」
と私は理解しましたが(^.^)

ビールとともに意外な物も、一緒に運ばれてきたんですね(・.・;)↓
3京漬物0428
京漬物の盛合わせ 0円

↑これを見た瞬間、私は
「あぁ、ビールを注文したので、『突き出し』も付いてきたんだな~また余計な出費が増えてしまって嫌だなぁ」
と一瞬思ってしまいましたが(>_<)

結果的にはこれは・・・
店がサービスとして、無料でお客さん全員に出していたものだったんですね(^o^)

このような立派な「漬物盛合わせ」が、無料で出てくるなんて・・・
「この店はなんと素晴らしいおもてなしをしてくれるんだろう」
と私は感心してしまいました(^.^)

京漬物は上品で瑞々しく、大変美味でしたが・・・
卓上にはその京漬物とは別に、「かつくら漬」という漬物も置かれていたんですね(@_@)↓
4かつくら漬0428
かつくら漬 0円

「かつくら漬」は壺に入っていて、こちらは“取り放題”でしたが・・・
ビールのつまみとして、最高に美味しい漬物でした(^o^)

その後とんかつと、豚汁が運ばれてきました↓
5三元豚ロースカツ0428
三元豚ロースカツ(120g) 1,520円

6豚汁0428
豚汁 280円

そして店員さんからソースやドレッシングについての説明があった後・・・
「キャベツはお替わり自由です。それから豚汁のお替わりとして、合わせ味噌の味噌汁をご用意してお持ちします」
と言われたんですね(@_@)

豚汁のお替わりとして、味噌汁をサービスで出してくれるなんて、全く想像していなかった私は、
「この店はなんと素晴らしいおもてなしをしてくれるんだろう」
とまたまた感心してしまいました(^.^)

今回私が注文した「三元豚ロースカツ」は・・・
この店のスタンダードな「ロースカツ(120g)」1,280円よりも、グレードがワンランク上のものでした。

「三元豚ロースカツ」は非常に柔らかく、美味で・・・
同時に京都らしい、上品さと雅やかさを感じさせるものでもありましたね。

「豚汁」も白味噌仕立てで、非常に上品さが際立った味わいで・・・
ごぼう、人参、大根と、良質な根菜がたくさん入っていました。

私は「豚汁」を食すだけで、もう十分満足しましたが・・・
「追加料金不要で味噌汁も味わえるというのであれば、そちらもいただこう」
と、味噌汁のお替わりも所望しました(^.^)↓
7みそ汁0428
お替わり味噌汁 0円

もちろんキャベツもお替わりをして・・・
ご飯の代用として(^.^)
モリモリと食したことは、言うまでもありません(^o^)

そして全部食べ終わって、最後にお茶を所望したのですが・・・
ここで出てきた「京番茶」のレベルの高さには、心底ビックリしてしまいました!

「京番茶」の写真は、ついウッカリして撮り忘れてしまいましたが<(_ _)>
「有料で出しても良さそうなくらい、グレードの高いお茶を無料で出すなんて、この店はなんと素晴らしいおもてなしをしてくれるんだろう」
と三たび感心してしまいました(^.^)

それと同時に
「これなら最初からビールなんぞ注文せず、お茶を頼んで飲み続けていれば良かったなぁ、そうすればもっと安上がりに済んだのに」
という、やましい考えも浮かびましたが(^^ゞ

いやぁ古都京都で厳しい競争のなか生き残ってきたとんかつ店は、本当に侮りがたいですねぇ。

お金が溜まったら、ここの「三元豚ロースかつ」よりも、もう一段高級で(^.^)
東京都内では新宿店&成城店の両店でしか出していないという・・・
「桃園豚ロースカツ(120g1,740円)」も、いつか食してみたいと思いました(^o^)

奥村智洋

スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2014/04/30 Wed. 23:31    TB: --    CM: 0

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード