FC2ブログ

ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

青春18きっぷ残り一回 2013.9.12 

前回からの、「青春18きっぷ消化」についての続きです。

翌9月8日(日)は、仕事は何も入っていなかったので(^.^)早朝6時過ぎに自宅を出発して・・・
江古田駅から西武池袋線に乗って、池袋に出ました。
そしてJR池袋駅の改札で、「青春18きっぷ」に最後(5回目)の日付印を押してもらいました(^o^)↓
1青春180908

↑これで私の「青春18きっぷ」は、5回分の日付印で全て埋まりまして(^o^)
このきっぷを、無事成仏させることが出来ました\(^o^)/

そして池袋駅からは、埼京線、中央線、総武線を経由して、千葉駅に向かいまして・・・
千葉駅からは8時20分発成田線・鹿島線直通、鹿島神宮行きの電車(1529M)で、佐原まで向かいました↓
2成田線電車0908
鹿島神宮行き1529M 佐倉駅にて撮影

ちなみに千葉県内のJR路線では、数年前まではスカ色の国電車両(113系)が、まだ運行されていました。
私は主に小湊鉄道、銚子電鉄、JR久留里線などの撮影のため・・・
千葉県内のJRは、内房線、外房線、総武本線、東金線、成田線、鹿島線などなど、これまでに全ての路線を完乗しました(ちょっぴり自慢)。
私は毎回113系電車に乗車するたびに、嬉しさ、懐かしさがこみ上げてきましたし・・・
心をときめかせて、古き良き国電の乗り心地を満喫していました(^o^)

今では千葉県内の113系は、完全に淘汰され、新型のJR車両に置き換えられてしまったのは、残念ですね(~_~)
―ちなみに私はJRの車両自体、興味がまったく無く、形式番号さえもあまり把握していません(^^ゞ―

さて私は千葉駅から1529M電車に、1時間20分ほど乗り続け・・・
佐原駅には9時42分に到着しました。

ところで今回私は、「青春18きっぷ」消化を兼ねた小旅行で、なぜ佐原に行くことにしたかと言いますと・・・
それは佐原にある老舗鰻屋にて、ランチにうな重を食べるという目的があったんですね\(^o^)/

ただし今回私は、鰻屋の営業開始時間よりも大分前に、佐原に到着したので(^^ゞ
まずは腹ごなしも兼ねて、佐原の町並みを散策してみることにしました↓
3佐原町並み0908
佐原の古い町並み

4忠敬橋0908
忠敬橋から見た小野川

私は以前にも一度、佐原を訪れたことがありました。
佐原は「北総の小江戸」とも呼ばれていますが・・・
江戸時代からの名残をとどめる古き良き町並みが、良い状態で保存されていて、すばらしいですね!

ただ私は貧乏人なので(^^;)、今回はただ街中を歩き廻るだけで・・・
小野川の観光船に乗ったり、博物館に入ったりなどという、お金がかかることは、一切しませんでした。
5伊能忠敬銅像0908
伊能忠敬銅像

↑知らない方のために、一応説明をしますと・・・
伊能忠敬は佐原出身で、江戸時代末期に徒歩で日本全国を測量して周り、ほぼ正確無比な日本地図を完成させた偉人ですね!

伊能忠敬が成し遂げた、偉大な業績と比較してしまうと・・・
私のこれまでの人生は、ほとんど意味が無いものだったと言わざるを得ません(~_~)

今後は残された短い人生を、出来る限り有意義に過ごすべく・・・
日本人として何が出来るか、如何に生きるかを模索していきたいと思います(^_^;)

さてかなり時間をかけて散策をしたので、ランチタイムが近づいてきました(^.^)
そこで私は当初の予定通り、「うなぎ山田 別館」に向かいまして・・・
開店時間の10分程前、11時5分過ぎに店に到着しました↓
6うなぎ山田別館0908
うなぎ山田 別館

「うなぎ山田」は江戸時代に創業し、佐原でずっと営業し続けている、老舗の有名鰻屋です。

「うなぎ山田」の本店は、佐原駅や小野川にほど近い、観光客にとっては至極便利な場所に存在しているんですね。
それに対して「うなぎ山田 別館」のほうは、駅や町の中心部から1キロ以上も離れた、国道51号線沿いという、車でないと不便な場所にあります。

何故今回私は山田の本店ではなく、別館に行くことにしたかと言いますと・・・
本店の方は別館と比べて、席数が極端に少ないんですね。
この日は日曜日なので、本店には観光客が大挙して押し寄せ、順番が来るまで外で延々と待たされる羽目になるのではと、危惧したわけです。

そして私のもくろみ通り( ̄ー ̄)ニヤリッ
私が別館に到着した時点で、先客は10人以上いましたが・・・
11時15分に開店したと同時に、私は4人掛けテーブルに一人で着席することが出来ました。
そしてすぐに注文も済ますことも出来たんですね\(^o^)/

私はここでは、事前に食べログでチェックしておいた、「直鰻重(じかうなじゅう)の上(3,700円)」というものを注文しました。

ここの店では普通に「うな重」と注文すると・・・
ご飯とうなぎが別々に来るようなんですね(@_@)

ご飯の上にうなぎがのった、通常のうな重を食べたい際は、「直鰻重」と注文する必要があったわけです。

そしてこの店では、うなぎが焼きあがるまでに、相当時間がかかるだろうことも把握していたので・・・
「瓶ビール(570円)」も注文して、時間を繋ぐことにしました(^.^)

まずその瓶ビールと、お通しが来ました↓
7瓶ビール0908
瓶ビール キリン秋味 570円

8お通し0908
お通し(酢の物) 250円

↑秋の季節限定ビール「秋味」が出てくるというのは、予想外でしたが、しゃれていますね(^.^)

お通しの方は、エビが2尾も入っていてお得感もありましたし(*^_^*)
美味しい酢の物でした。

お通しをつまみにゆっくりビールを呑みつつ、40分程待った頃・・・
お待ちかねの「直鰻重」が、肝吸い、おかず一品、お新香とともに運ばれてきました↓
9直鰻重(上)0908
直鰻重 上

10肝吸い0908
肝吸い

11おかず一品0908
おかず一品(切干大根)

12お新香0908
お新香

鰻重についてですが↑・・・

どうですこのボリューム!!
重箱からうなぎが、まさにはみ出さんばかりの、すごい盛りではありませんか\(@_@)/!

ついでに肝吸いに入っていた、うなぎの肝も、今まで見たことがないくらい非常に巨大でした(@_@)

ここの鰻は見た目以上に、非常に肉厚で、食べ応えがありましたね(^o^)

それから東京の鰻屋では、通常大体どこでもうなぎは柔らかめに焼きあげられますが・・・
ここの焼き加減は、東京とは傾向が大分違っていて、固めに仕上げられていました。

正直私は、柔らかめの鰻よりも、固めに焼かれた鰻の方が、好みなんですね!

今回は私好みに固めに焼かれた鰻を、たらふく食べることが出来たことに、満足しましたし・・・
それまでだるかった体調の方も、うなぎのおかげで回復したように感じました\(^o^)/

千葉県では佐原以外にも、うなぎの名店がいくつもあるようですね。
機会があったらまた、千葉県に出向いて、うなぎを食べ歩いてみたいと思いました(^o^)

さて「うなぎ山田」でうな重を満喫した私は、佐原駅まで徒歩で戻りまして・・・
そして佐原駅からは、成田、千葉、蘇我駅で電車を乗り継ぎながら、海浜幕張駅まで行きました。

実はこの日千葉まで出かけたのには、佐原でうなぎを食べるのとは別に、もうひとつ目的がありました。
それは幕張のQVCマリンフィールドにて、プロ野球「千葉ロッテ×埼玉西武」の試合を観戦することだったんですね!

それに備えて、私は事前に金券ショップにて、この日の「内野自由席招待券」を、1,200円で購入してありました↓
13野球招待券0908
毎日新聞販売促進用 内野自由席招待券

この試合の開始時間は、午後5時でしたが・・・
私は午後4時過ぎに、無事球場に到着し、入場することが出来ました。

この日はずっと雨が降り続いていたので、果たして試合が行われるかどうかが心配でしたが(・.・;)
この時点では試合は中止にはならず、予定通り午後5時にプレーボールとなりました。

この試合は「千葉×埼玉 ライバルシリーズ」の一環として行われていたため・・・
両チームとも県名が書かれた、特別なユニフォームを着用して、試合に臨んでいたんですね↓
14千葉ユニ0908
マリーンズ 千葉ユニ

15埼玉ユニ0908
ライオンズ 埼玉ユニ

試合の方ですが、2回表にライオンズが4点先制したため・・・
マリーンズは序盤早々、敗色濃厚となってしまいました(^_^;)

ところが2回裏マリーンズの攻撃中、突如スコールが降り出して、試合続行が不可能になり・・・
結局そのまま降雨ノーゲームとなりました\(~o~)/↓
16降雨ノーゲーム0908

「あ~あ、もし普通にチケットを購入していたら、窓口に行ってチケット代を払い戻してもらうことも出来たのに、金券ショップで買った招待券ではどうしようもないじゃないか」
と私は少しでも得をしようとして、正規のチケットを購入しなかったことを、後悔しました(~_~)

まぁマリーンズファンとしては・・・
4点差つけられて、敗色濃厚だった試合が、ノ―ゲームでチャラになり(^o^)
翌日9日(月)に順延された試合のほうは(私は球場には行けませんでしたが)、マリーンズはライオンズに勝利したので、良しとしましょう!

それと今回球場に行ったことで、久々にビールの売り子たちに会うことも出来たわけですね(^o^)
それで目の保養にもなったのは、良かったです(*^_^*)

奥村智洋
スポンサーサイト



カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/09/12 Thu. 23:10    TB: --    CM: 0

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード