ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

徳島観光その② 2013.6.27 

前回は6月23日(日)に、徳島でベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏したことについて、記事を書きました。

その本番前日の6月22日(土)には、徳島大学にてオーケストラとリハーサルがありましたが・・・
そのリハーサルの前後に、6月8日(土)のときと同じく、M先生ご夫妻が車で私を観光に連れ出して下さいました。

まず私がリクエストをして、午前中に向かったのが、国鉄小松島線の廃線跡でした。

国鉄小松島線は昭和60年3月に廃線になるまで、中田-小松島港間を72年間にわたって運転されていた路線で、日本一短い国鉄の路線としても知られていました↓
1南小松島駅①0622

2南小松島駅②0622

牟岐線南小松島駅構内にて撮影

終点小松島港からは、和歌山港行きのフェリーが接続していましたが・・・
今では小松島港-和歌山港間のフェリーも無くなり、寂しいかぎりですね(T_T)

今回はまず小松島港駅跡地に行ってみました↓
3小松島港駅跡0622
小松島港駅 跡地

残念ながら現在ではここは駐車場になっていて、鉄道の痕跡は何も残っていませんでした。

ですがこの近くに「小松島ステーションパーク」という公園がありまして(^o^)
この公園内には、小松島駅の駅舎や、小松島線の線路跡が、保存されていたんですね\(^o^)/↓
4小松島駅舎0622
小松島駅 駅舎

5小松島線跡0622
国鉄小松島線 線路跡

私は国鉄小松島線がまだあった時代に、一度も乗車しなかったことを悔んでいますが・・・
今回廃線跡をまわることが出来たのは、良かったです!

そして午後に入って、オーケストラとのリハーサルがありまして・・・
それが終わるとM先生ご夫妻は、再び観光に私を連れ出して下さいました\(^o^)/
そして向かった先は、鳴門でした(^.^)

鳴門では、まず霊前寺(りょうぜんじ)に行きました↓
6霊前寺0622
四国第1番霊場 竺和山 霊前寺

この霊前寺は四国八十八箇所巡礼の、第1番目の礼所です。
ですのでここは、私のように四国遍路を始めようとする者にとっては、憧れの場所でしたね(^o^)
オーソドックスに順打ちをしていくのであれば、まずここ霊前寺から四国遍路はスタートするわけですから。

ですが私が霊前寺に到着したのは16時50分でして・・・
納経受付が終了する17時まで、僅か10分しかありませんでした(~o~)

私はその短い時間の中で、本堂と大師堂を廻り、納札を納めたほか・・・
売店でお遍路用品を買い揃えたりして、あわただしく過ごしました。

なので巡拝し終わっても、心が落ち着くどころか、むしろ煩悩が増したような気がしましたね(^^ゞ

まぁここは巡礼の最初の場所ですし・・・
これから87か所を廻っていくうちに、徐々に悟りを開いていけると信じましょう(^.^)

次いで私たちは渦潮を見に、鳴門公園に向かいました。
ですが到着した時間が悪かったせいか、渦はほとんど形が崩れてしまっていたのは残念でした(~_~)
ですが鳴門大橋と瀬戸内海、そして淡路島の夕景は、本当に美しかったですね!↓
7鳴門公園0622
↑この風景を見ている間、私の頭の中では、ドビュッシー「小舟にて」の音楽が流れていました(^.^)

そしてその後鳴門と香川県引田の中間の、海沿いにある「びんび屋」にて、M先生ご夫妻に夕食をご馳走いただきました↓
8びんび家0622
びんび屋

M先生のご説明によると、この「びんび屋」は刺身など瀬戸内海の幸が味わえるのは勿論ですが・・・
何といっても「鳴門わかめ」がふんだんに入った味噌汁が美味しいお店なのだそうです。

私はここで、香川県の美味しい日本酒「金陵」をいただきまして(*^_^*)↓
9金陵0622
金陵 吟醸

それからシマアジ刺身定食(1,800円)、タコ刺身、天ぷら盛合せをご馳走になりました↓
10シマアジ刺身0622
シマアジ刺身

11タコ刺身0622
タコ刺身

12天ぷら盛合せ0622
天ぷら盛合せ

13ワカメ味噌汁0622
ワカメ味噌汁

シマアジもタコも新鮮で、非常に美味しかったのですが・・・
やはり本場の「鳴門わかめ」は、別格の素晴らしさでしたね\(^o^)/

今回はワカメは刺身、酢の物、天ぷら、味噌汁と、様々な調理でいただきましたが(@_@)
これほどワカメを摂取したのは、生まれて初めてというくらい、大量に食べました!

それにしても、これから四国八十八箇所を巡礼しようというからには、精進料理のような質素な食事をすべきところ・・・
これ程豪華な海の幸をたらふく食べてしまったら、天から罰が下りますね(^^ゞ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

Posted on 2013/06/27 Thu. 23:37    TB: --    CM: 0

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード